(20.9.3) 自民党幕府の幕末

 ついに自民党幕府幕末を迎えた。最後の将軍福田康夫は政権をほうり投げた。臨時国会という鳥羽伏見の闘いの前に徳川慶喜と同様敵前逃亡をした。
安倍政権が崩壊してからちょうど1年目だ。
政権末期になると首相の任期が極端に短くなるのはどこでも同じだ。

 臨時国会はこの12日から開催される予定だったが、08年度補正予算案以外は全く成立の目処が立っていない。

 公明党新テロ対策特別措置法を再可決するための国会日程に難色を示し、明らかに福田政権を見捨てたからだ

福田では選挙に負ける。福田政権を支える理由は何もない。このままではわが党はジリ貧だ公明党は自党の生き残りに必死だ。

 福田政権は参議院を民主党に握られ、いままた公明党に逃げられ、もはやなすすべがなくなってしまった。

新テロ対策特別措置法が延期できなければ、アメリカとの関係が終わっちゃうじゃないか。公明党はなぜそこを分かってくれない

定額減税だと・・・、 財政再建ができなくなりもっと日本が困るのに公明党は選挙目当てでごり押しだ

大田のヤツ、農相にしてやったのに、事務所費でこすいまねをするから、民主党からまたねちねち突っつかれるじゃないか

「もうヤダ首相なんてやってられねー



 自民党幕府の命綱はアメリカとの日米安全保障条約と、成長路線でのばら撒き政治だ。

 新テロ対策法案が通過できなければ、日米安全保障条約は実質的に終焉する。それでもオバマが大統領になればブッシュの戦争が終わるから一縷の望みがあるが、マケインが勝てば万事休すだ。

 一方経済は原油、農産物、鉱物資源等の高騰で戦後最長の経済成長も終わってしまった。
税収は上がらず、ばら撒くものなんてはるか昔からなくなった。それでも赤字国債を発行してしのいできたが、財務省はこれ以上首を立てに振らない。
国家が破綻します

 福田首相のつらい1年は終わった。後は麻生幹事長が首相に指名されると、新聞やテレビでは報じている。しかし麻生政権は選挙管理内閣で実質的な政策の立案は何もできないだろう。

 今選挙を行なえば、たとえ麻生氏でも小沢民主党に大敗する。衆院も参院も民主党に抑えられ、自民党が下野するのは確実だ。

 思えば福田首相悲劇の宰相だ。自ら「貧乏くじを引いてしまいましたかね」と言っていたがそのとおりになった。
小沢民主党からは日銀総裁の人事で最後までごねられ、「誰と話せば信用できるのですか。かわいそうなくらい苦労しているんですよ」とぼやいていたのを思い出す。

 テロ対策特別法租税特別措置法は再可決で強行突破したが、公明党が協力しなければこんどは再可決もままならない。
再可決ができなければ通るのは予算案だけだ。

 万策尽きたとはこのことだ。安倍前首相福田首相と誰がやってもねじれ国会では有効な政策が打てない。

 この後麻生選挙管理内閣のあと、小沢政権が誕生するだろう。しかし小沢氏は壊し屋であっても、政権担当能力はない。西郷隆盛と同じだ。
なにしろ「国連という最も弱小の国際組織に国運を託す」と言うほど政治センスがない。

 日本の政治は完全に幕末だ。どこにたどり着くのかはしばらく様子を見ないと分からない。


本件と関連する記事は以下の通り。
最後の将軍 福田康夫

 

 

 

 

| | コメント (0)

(20.4.7)財務省敗れたり

おゆみ野四季の道」のテーマソング。以下のファイルをダウンロードすると曲が始まります。
 「pianotokurarinetto.mid」をダウンロード



 日銀総裁人事財務省はついに敗北した。日銀出身の白川方明(まさあき)副総裁を、日銀総裁に昇格させる人事案を政府が決めたからだ。
これで財務省は3代続いて、日銀総裁のポストを逃したことになる。

 財務省としては歯ぎしりをする思いだろう。何しろ武藤敏郎前日銀副総裁財務省のエースであり、ノーパンしゃぶしゃぶ事件による財務省に対する世間の風当たりが強くなければ、確実に日銀総裁になる予定の人だったからである。

武藤君、今財務省に対する風当たりは強い。つらいだろうが(日銀出身の)福井君の下で副総裁を務めてくれ。福井君の後は必ず君を日銀総裁にする政府武藤氏との密約があったはずだ。
そのため、武藤氏としては財務省事務次官から日銀副総裁への降格人事を飲んだ。官僚の世界では異例の人事だ。

 しかし世の中とは分からないものだ。昨年の参議院選挙で自民党が大敗したため、このシナリオがまったく狂ってしまった。
民主党小沢氏は政権奪取に的を絞っている。
政府案を徹底的につぶせ。財政と金融の分離だ。武藤では駄目だ」激を飛ばした。

 福田総理密約があるからなんとしても武藤氏を押さざるを得ない。
武藤副総裁以外適任者はいない。経歴が大蔵省というだけでだめだというのはおかしなはなしだ
本音は武藤氏日銀総裁にしないと、今後の政権運営で財務省の協力が得られないということだ。

 武藤氏を蹴られ、セカンドベストの案としてこれも財務省元事務次官田波耕治氏を押したが、再び民主党小沢氏に一蹴された。
倒閣だ。福田首相の嫌がることは何でもやれ

 最後は福田首相が折れた。
先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議で日銀総裁が空席では格好がつかない。日銀の白川君を総裁にしよう
これで財務省の面目は丸つぶれだ。ノーパンしゃぶしゃぶの影響はここまで響いている。

 実は日銀総裁は、あるルールによって選ばれてきた。
通常、日銀総裁は識見や能力によって適切な人が選ばれていると思われているが、実際は順番だ。日銀と財務省(旧大蔵省)のエースが順番に日銀総裁になることが決められている。

 この場合のエースとはその組織を守っていくのに最もふさわしい人という意味で、必ずしも識見や能力が高いことを意味しない。
かえって能力などあると組織より自分のことを考えるから厄介だ。
個性が強すぎる。組織人として向かない
日銀総裁からグリーンスパン前FRB議長のようなカリスマが出ない理由だ。

 識見や能力がないと日銀総裁が務まらないのではないかと思われるが、実際はそうした能力は必要としない。
日銀総裁が能力を発揮しようにもそれを発揮する場所がないのだ

 教科書では「日銀は通貨と為替の番人」といわれ、① 金利政策、② 通貨量の調整、③ ささやきによる市場の誘導、を行なうことになっているが、教科書に書かれているだけで実際は違う。

 金利政策については、10年以上にわたって超低金利政策が取られ現在の政策金利0.5%のままだ。これでもようやく0.1%から0.5%まであげたのだ。
金利政策が有効に機能するには最低でも2%程度の金利水準になければならない。上げ下げで効果が発揮できないからだ。

 たとえばアメリカのように政策金利5.25%から2.25%に、3%も下げれば市場も反応する。しかし日本では下げても最大0.5%でお終いだ。
この0.5%日銀の虎の子だから、おいそれと下げたら次の手がない。
現行水準を維持します」それだけなのだ。これなら私でも言える。

 日銀総裁の「ささやき」についても市場はまったく無視している。
グリーンスパン前FRB議長と大違いだが、日本の経済規模がますます縮小しており、世界経済の中の位置づけが低いのだから、「聞いても無駄」というのが市場の評価だ。

 唯一の日銀の役割は、金融機関や証券会社が取り付け騒ぎになりそうな場合に、適切に資金を供給することだが、これは緊急性を要するプロの仕事で、日銀総裁は事後に了承することしかできない。
一分一秒を争う仕事に、日銀総裁が口をだしていたら、金融機関がばたばた倒産してしまう。

 だから残された日銀総裁の唯一の仕事は、主要国財務相・中央銀行総裁会議に出席して、いかにも風格があるところを見せることだけになってしまう。
どうやら、日本は大丈夫そうだ。なにしろ日銀総裁がこうして会議に出席して、席にすわっているのだから

 だから日銀総裁の人事では、日銀財務省のエースを順番に選んでも、また少々空白期間があっても、なんとか国際会議までに間に合えばまったく問題がないのだ。

 

 

 

| | コメント (0)

(20.4.4)最後の将軍 福田康夫

おゆみ野四季の道」のテーマソング。以下のファイルをダウンロードすると曲が始まります。
 「pianotokurarinetto.mid」をダウンロード



 自民党幕府が地鳴りをあげて崩壊し始めた。現首相福田康夫氏自民党幕府の最後の首相になる可能性が高い。徳川幕府の最後の将軍徳川慶喜と同じ立場だ。

 ここに来て政治は完全にダッチロールをしている。日銀総裁人事では財務省の元次官2名がいづれも参議院で同意をえられなかった。

 道路特定財源の暫定税率の延長は福田首相の「道路特定財源を来年度より一般財源化する」という懸命な妥協案の提示にもかかわらず、民主党小沢氏に一蹴された。
小沢氏はさらに年金問題で国民的人気の高い、舛添厚生大臣の首までとろうとしている。

 昨年末の大連合構想で首相と小沢氏は互いに握手をした仲だが、小沢氏は民主党原理主義者の反対にあって、大連合をつぶされた。
頭にきて「俺はこんなガキのような民主党の党首なんかやだ」とだだをこねていたが、ここにきてすっかり気持ちを切り替えたらしい。
倒幕だ。一切妥協するな。福田慶喜の首をとれ小沢氏西郷隆盛になったらしい。

 実は自民党幕府の金づるは道路特定財源約6兆円の上がりにある。
一般会計約80兆円は実質的に財務省が裁いており、自民党の議員と言えどもおいそれと手をつけることはできない。
なにしろ財務省はしばらく前までは大蔵省とよばれて、実質的な国家そのものだったのだから、議員が好き勝手にできる相手ではない。

 しかし道路特定財源を所管する国土交通省は違う。ここは政策官庁ではなく、技術官庁だから金の使い道にとやかく言わない。
決められたらそのとおりに道路をつくります」いたって物分りがいい。
それに道路特定財源田中角栄元首相が日本を土建国家にするために作った聖域財源であり、小泉元首相ですらこの聖域を犯すことができなかった。

 そのためこの道路特定財源自民党道路族の使い勝手のいい財布になってしまった。
自民党道路族年間6兆円の資金を地方に配ることによって、自身の選挙基盤を固めてきた。自民党の強さは、ひとえにこの金の力だ。

だから道路特定財源がなくなったら、佐渡の金山を失うようなものだ
道路族のドン、古賀誠氏の本音である。

 小沢西郷はそのことを何より知っている一人だ。何しろしばらく前までは彼自身が田中角栄の直径の自民党道路族だったのだから手の内が読める。
ここを落とせば倒幕がなる。暫定税率で妥協はするな」激を飛ばした。

 おかげで国民は思わぬ減税に大喜びだ。4月から食料品の価格が大幅にアップしていたのにうんざりしていたが、総額で2兆6千億円の減税が実現するかもしれない。
一方苦りきっているのは地方の知事土建屋だ。
何てことだ。これでは不必要な道路が作れないじゃないか。選挙で応援しないぞ

 勝負憲法の60日ルールで、衆議院が租税特別措置法を3分の2の多数で再可決ができる4月末にずれ込んだ。

 ここで福田慶喜選択肢は2つある
一つは自民党道路族の意向どおり、暫定税率を復活する案だが、国民からは完全にそっぽを向かれそうだ。

 減税の味を知った国民が増税に賛成するはずがない。
しかも道路特定財源の使用については国土省が旅行代金やタクシー券に利用していることがばれており、天下り先に大盤振る舞いしていることも分かっている。

 3分の2で暫定税率を復活しても、民主党から参議院で首相問責決議案を出されたり、国会で道路特定財源や、年金問題をねちねちつかれて、首相は政権維持に嫌気がさすはずだ。

 何しろ福田総理は首相に指名された時「貧乏くじを引いたかもしれませんね」といった人だ。自ら望んで総理になったのではないと思っている。
こうした意識の人が次に出す言葉は決まっている。
私は権力にしがみつくような人間ではない。総選挙を行なって民意を聞く

 暫定税率を復活して選挙をしては自民党が勝てる確率はほぼ0%に近い。民主党の地すべり的勝利は確実で、前回の小泉郵政選挙の逆バージョンになり、民主党3分の2の多数を取ることも可能だ。

 自民党幕府としては最悪のシナリオになりそうだから、自民党道路族が懸命に解散選挙を押しとどめようとするだろうが、嫌気をさした首相は、徳川慶喜になるはずだ。
自民党道路族と小沢西郷とで勝手に喧嘩しろ。俺は知らん。選挙結果を尊重する
鳥羽伏見の戦いの最中に江戸に逃げた徳川慶喜と同様、政権を放り出すだろう。こうして自民党幕府の江戸城は開城される。

 もう一つの選択肢は、再可決をあきらめ赤字国債で歳入欠陥を埋める手だ。
これだと民主党は攻め口が見つからず悩みそうだから、しばらく福田慶喜の幕府は命脈を保ちそうだ。しかし今度は財務省がふくれるだろう。
首相、これでは日本国家が持ちません

 はたしてどっちになるだろうか。私の予想は前者で、再可決をしたものの政局が一気に緊迫して福田総理が最後の自民党幕府の総裁になると言う見方だがどうだろうか。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

NHK クローズアップ現代 | NHK 世界のドキュメンタリー | NHK 花のあとさき | NHK プロジェクト ウィズダム | NHK 追跡 A to Z | NHKスペシャル 日本列島 | NHKスペシャル 灼熱アジア | おゆみ野 守り人 | おゆみ野 恐喝事件 | おゆみ野の森 | システム | システム ウィキリークス | システム パソコン | システム パソコン Dell | システム パソコン ウィニー | システム パソコン グリーティングカード | システム 携帯電話・スマートファン | シナリオ ぼくが生きた時 | シナリオ 忠助 | スポーツ | スポーツ サッカー | スポーツ 大相撲 | スポーツ 柔道 | テレビ | ビデオ | ブログ | ブログ 光回線 | ボランティア | ボランティア おゆみ野の森 | ボランティア おゆみ野守り人 | ボランティア つつじの再生(小谷小学校) | ボランティア クリーンクラブ | ボランティア クリーンクラブ ペンキ塗り | ボランティア ケヤキ剪定問題 | ボランティア ムクドリの研究 | ボランティア 剪定・植栽 | ボランティア 地域の行事 | ボランティア 地域の行事 蛍 | マラソン | マラソン ちはら台走友会 | マラソン 四季の道駅伝大会 | マラソン 御園生さん | リメイク版 | 個人生活 ワンちゃん | 個人生活 会社 | 個人生活 住民運動 | 個人生活 健康 | 個人生活 健康 坐骨神経痛 | 個人生活 健康 難聴 | 個人生活 写真の編集 | 個人生活 写真集 | 個人生活 友達 | 個人生活 友達 ヨット | 個人生活 失敗記 | 個人生活 学校 | 個人生活 家庭 | 個人生活 散策 | 個人生活 散策 村田川 | 個人生活 数学 | 個人生活 文学 企画のたまご屋さん | 個人生活 文学入門 | 個人生活 朗読 | 地域活動 有吉中学校 | 地域活動 有吉日枝神社 | 旅行 サンチャゴ巡礼 | 旅行 勝浦ビッグ雛祭り | 旅行 蝦夷地探訪記 | 歌詞 | 歴史 | 歴史 世界史 | 歴史 古代史 | 泉谷中学 | 物語 | 登山 | 盗難自転車情報 | 目標 | 自分史 | 自転車 | 花牟礼祐一さん | 苅田郷 | 評論 | 評論 Google | 評論 アフリカ | 評論 アフリカ アラブの春 | 評論 アメリカ政治 | 評論 アメリカ経済 | 評論 アメリカ経済 自動車 | 評論 イオンおゆみ野SC | 評論 インド | 評論 オーストラリア経済 | 評論 タイの政治・経済 | 評論 マルチ商法 | 評論 ユニクロ | 評論 ヨーロッパ経済 | 評論 ヨーロッパ経済 アイルランド | 評論 ヨーロッパ経済 イギリス | 評論 ヨーロッパ経済 ギリシャ | 評論 ヨーロッパ経済 フランス | 評論 ヨーロッパ経済 ポルトガル | 評論 ロシア関連 | 評論 世界経済 | 評論 世界経済 TPP | 評論 世界経済 インフレ | 評論 世界経済 石油問題 | 評論 中国問題 | 評論 中国問題 尖閣諸島問題 | 評論 中国問題 毒入り餃子事件 | 評論 中国問題 経済 | 評論 予想 | 評論 京都大学不正入試事件 | 評論 北朝鮮問題 | 評論 反捕鯨運動について | 評論 口蹄疫 | 評論 地方自治 | 評論 地方自治 千葉市 | 評論 地方自治 千葉県 | 評論 地方自治 名古屋市 | 評論 地球温暖化対策 | 評論 大前研一 | 評論 教員採用試験汚職問題 | 評論 新銀行東京 | 評論 日本の政治・経済  八ツ場ダム | 評論 日本の政治・経済 JAL問題 | 評論 日本の政治・経済 トヨタ自動車 | 評論 日本の政治・経済 ネガティブキャンペーン | 評論 日本の政治・経済 円高・デフレ | 評論 日本の政治・経済 国債 | 評論 日本の政治・経済 国家破綻 | 評論 日本の政治・経済 地方空港 | 評論 日本の政治・経済 密約文書 | 評論 日本の政治・経済 日本の金融危機 | 評論 日本の政治・経済 普天間基地 | 評論 日本の政治・経済 村木厚子氏事件 | 評論 日本の政治・経済 消費者金融 | 評論 日本の政治・経済 福田内閣 | 評論 日本の政治・経済 菅内閣 | 評論 日本の政治・経済 農業 | 評論 日本の政治・経済 郵政民営化 | 評論 日本の政治・経済 鉄鋼業界 | 評論 日本の政治・経済 鳩山内閣 | 評論 日本の政治・経済 | 評論 日本の科学技術 | 評論 映画 | 評論 東京オリンピック | 評論 水問題 | 評論 異常気象 | 評論 石油・ガス | 評論 確定申告 | 評論 金融恐慌 | 評論 防犯 | 評論 電池自動車 | 評論 韓国経済 | 評論 食料問題 | 評論 高齢者問題 | 趣味その他 | 趣味その他 演歌 | 里山 | 陸ガメ | NHK たった一人の反乱 | NHKスペシャル