(23.2.2) 異常気象と国家の崩壊   アラブ穏健派の黄昏

23126_015

 「風が吹けば桶屋が儲かる」のだろうか、世界的な異常気象がとうとう国家の崩壊をもたらし始めた。
アラブ穏健派と言われていたチュニジアでは大統領が亡命し、アラブの盟主エジプトでは約30年間続いたムバラク独裁政権が黄昏を迎えている。

注)過去最大規模のラニーニャにより、オーストラリア、東南アジア、ブラジルの豪雨、インドの低温、パキスタンの洪水、ロシアの旱魃、そして北半球の豪雪が発生している。

 しばらく前までは異常気象が発生しようがすまいがさして政治・経済現象と関係しなかったが、ここに来て一気にその結びつきがあらわになってきた。
異常気象→穀物生産量の減少→穀物価格の上昇→アラブ穏健派政権の崩壊と流れがつながった。

 従来アラブ穏健派諸国は国内のアラブ急進派を押さえる見返りにアメリカとEUから軍事援助と経済援助を得て国家を運営していた。
国民の多くは貧しかったがそれでも飢えることはなく、「ムバラクはひどいヤツだが、生きてはいける」と一定の支持はされていた。

 それがここに来て食料価格の暴騰が始まり、チュニジアでは無許可の青年が野菜を売っていたことをとがめられ焼身自殺したことから一気に政権崩壊につながってしまった。

 今はエジプトやアルジェリアやイエメンがいつ食料価格暴騰に怒った民衆につぶされるか分からなくなっている。
異状気象による大雨や旱魃で穀物生産が減少し、これが一気に食料品価格の高騰につながったのは投機資金が流れたからである。

 農産物は工業製品と異なり収穫が年1回だからその年の旱魃や大雨被害で価格上昇をしやすい。しかし当然のことに穀物の備蓄は相当量なされているから、すぐには価格上昇にはつながらない。少なくとも過去はそうだった。

 しかしリーマン・ショック後のアメリカ・EU・日本が行った超金融緩和策によって世界中に資金が有余ってしまった(リーマンショック前の高騰は日本の金融緩和策が原因)。
何か儲けはないか、子猫ちゃん」と言う状況で、少しでも品薄が予想されると一気に投機資金が流れ込み瞬く間に価格が上昇する。

 コーヒー、食用油、砂糖、綿製品、小麦と何でもいいから投機資金の餌食にされ、昨年後半だけで食料品価格は平均30%の上昇に見舞われている。
いくらおとなしい国民でも飢えが近づけば立ち上がる。
インテリは自由を求めて、そして多くの民衆はパンを求めて立ち上がった。
自由とパンをよこせ、ムバラク

 こうした場合かつてはアメリカやEUが独裁政権に資金提供し食料品価格引き下げに協力したのだが、アメリカもEUも自国の経済に手一杯で今はそのような余裕はない。
ムバラク、君を助けることができない。民衆の要望を入れて民主化を図るポーズをとれクリントンサルコジもつれない。

 異常気象だけならまだしも、金融の超緩和策と言う人災を触媒にして食料価格の高騰を引き起こし、アラブ穏健派政権の崩壊が始まった。
風が吹けば桶屋が儲かった」のだ。

| | コメント (0)

(22.12.30) 地球はどこも大荒れだ 異常気象様のお通りだ

22122_049

 NHKのBS世界のニュースを見ていると、北半球の世界各地で大寒波が襲来し、大雪に見舞われている映像が写しだされている。

 アメリカの東部も西部も大雪か、雪にならないところは大雨でアメリカ中が大騒ぎしているし、欧州ではロンドンもパリもフランクフルトも飛行場が閉鎖されたり、大幅な遅れが出ている。
ロシア中国の北西部も大雪で、新疆ウイグル自治区では家畜が寒さのために死に絶えてしまったと放送していた。

 このところの異常気象は粗暴さを増しており、日本でも夏は亜熱帯と思われるような暑さで、雨はスコールのような降り方になっているし、一方冬になると大風が吹きまくって竜巻の餌食になったりしている。

 気象学者はこうした異常気象を熱帯太平洋上の海水面の温度上昇エルニーニョ)や温度下降ラニーニャ)で説明しているが、本当に知りたいのはなぜエルニーニョやラニーニャのような現象がしばしば発生するかで、その説明になると歯切れが悪い。

22122_050

 一般的にはCO2の排出量増加が地球を温暖化させて、それによって異常な海水温の上昇が発生しているといわれている。
エルニーニョはそれで分かるのだが、ではなぜ海水温が低下するラニーニャのような現象が現れるかよく分からない。
海水温は気温と同じように上昇の一途をたどっているのではないか?」私などはそう思ってしまう。

 特に今年は北半球は大寒波だが、ラニーニャのせいだという。
地球温暖化と大寒波の関係はどうなんだ!!!」思わず聞いてしまいそうだ。

 しかし経験的に見て地球の環境が荒々しくなっていることだけは確かだ。
台風は大型化しているし、旱魃になると徹底的に旱魃になり、一方大雨になるとこれも徹底的だ。

 パキスタンや中国南部は7~8月にかけて大雨が降り、特にパキスタンのデルタ地帯は完全に水没していた。
アフリカは夏場に熱波に襲われ、難民が例年以上に出ているらしい。

22122_053

 何か自然が人間に対して天罰を与えているのではないかというような気がする。
この地球上に最もはびっている種は人類だが、この人類は経済成長のためにはCO2の排出や汚物の排出をいっこうに気にしない。
石油や天然ガスや鉄鉱石やレアアースを地中から掘り出しては好き勝手に利用しているのだが、これだけ自然をいじめれば自然だって反逆したくなるのは当然だ。

 特に中国とアメリカは温室排気ガスの放出についてまったく反省をせず今年もCOP16の会議を取りつぶした。
そこまで自然をないがしろにすれば大洪水や旱魃に見舞われるのも自業自得としか言いようがない。
経済発展の為には何でも許される」と言うのは中国とアメリカの姿勢だが、自然の反逆を受けない限りこの2国は反省しないだろう。

 今年の大寒波や大洪水の反逆を見ると人類中国人だけ、アメリカ人だけ)だけが傲慢に振舞う時代は終わりに近づいていることが分かるが、残念ながらこの2国がそれを悟るまでにはまだ時間がかかりそうだ。

 

 

 

| | コメント (1)

(22.1.13) 地球の寒冷化が始まったのか?

2023_012

 世の中にこれほど皮肉というものはない。昨年12月すったもんだの挙句にCOP15が決裂し、温暖化防止に失敗し失意のうちにアメリカに帰国したオバマ大統領を迎えたのは大恐慌以来といわれる大寒波だった。

 12月18日から20日にかけて米国東部とヨーロッパ全域を襲った寒波は記録的なもので、軒並み50~60cmの積雪に襲われ、空港や学校は閉鎖があいつぎ、交通が麻痺して軍隊が出動していた。

 オバマ大統領は積雪のため、空港からヘリコプターでホワイトハウスに帰ることができず自動車で帰ったという。
こんなにアメリカは寒いのに、地球は温暖化しているのだろうかオバマ大統領でなくとも疑問に思っただろう。

 またヨーロッパでは東部を中心に路上生活者の死亡が相次ぎ、ポーランドでは18日から20日の間に42人が凍死したという。
気温は氷点下20度になっていたそうだ。
ドイツでも氷点下33度を記録するし、イギリスでは全国的に雪で覆われ、ユーロスターはドーバー海峡のトンネルの途中で故障して止まってしまった。

2023_031

 一体何が起こっているのだろうか。通常こうした大寒波は異常気象と位置づけられ、地球温暖化現象の一つの現れと説明されるが本当だろうか。

 寒波はアメリカ東部ヨーロッパだけかと思っていたら、1月に入り隣の韓国では4日26cmの積雪があり、これは100年ぶりだという。
北京では5日に大雪が降り、これも59年ぶりだそうだ。

 当初気象専門家は「赤道付近の東太平洋に海水の温度を高めるエルニーニョが残っているため、今年の冬は寒くない」といっていたが、まったく予想が外れてしまった。
仕方なく「今年の冬の寒波は極地方を中心に回るジェット気流が弱まったため、南に押し出され寒気が南下した」と説明を変えたが、「なぜジェット気流が弱まった」のかの説明はなかった。

 私などは「もしかしたら温暖化にストップがかかったのではないか」と思ってしまうが、「(決して温暖化が終わったのではなく今年だけの一時的な現象」と発表している。

 COP15で盛んに議論されたことは経済活動の活発化によって二酸化炭素の排出量が増加し、これが温暖化の原因なので二酸化炭素の削減を世界的な規模でしようというものだった。

 二酸化炭素排出量と温暖化の関係はほぼ確実なものと説明されており、一部の人を除いては異議を唱える人はいない。
だとすれば経済活動が後退すれば、当然二酸化炭素の排出量が減るので、地球は今度は寒冷化しなければおかしい。
実際09年度の全世界のGDP1~2%減少すると予測されている。

2023_028

 もっとも二酸化炭素の排出量と気温の変化にはタイムラグがあるようなので、若干遅れてその影響が出てくる。
09年の1月から11月までの世界の平均気温は+0.311971年から2000年までの平均気温対比)だったから、温暖化は進んでいたのだが、12月になって急激に冷え込み始めた

 なにしろワシントンの積雪は前世紀の大恐慌以来というのだから、気象のリーマン・ショックと言える。
10年度も先進国の経済は前年並みか二番底が予想されており、全世界のGDPの伸びは期待できない。
二酸化炭素排出量と温暖化に相関関係が有るならば、経済活動が弱まれば寒冷化が始まらないとつじつまがあわない。

 皮肉なことだ。COP15であんなに大騒ぎをした温暖化対策が、全世界のGDPが減少したことで寒冷化が始まってしまい、対応が不必要になるのだろうか。

注)一方で温暖化と二酸化炭素排出量は無関係であり、地球のサイクルに過ぎないという説もある。どちらが正しいかとても興味があり、気象変動の推移に注目しておくことにした。

 

 

 

| | コメント (1)

その他のカテゴリー

NHK クローズアップ現代 NHK 世界のドキュメンタリー NHK 花のあとさき NHK プロジェクト ウィズダム NHK 追跡 A to Z NHKスペシャル 日本列島 NHKスペシャル 灼熱アジア おゆみ野 守り人 おゆみ野 恐喝事件 システム システム ウィキリークス システム パソコン システム パソコン Dell システム パソコン ウィニー システム パソコン グリーティングカード システム 携帯電話・スマートファン シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ 忠助 スポーツ スポーツ サッカー スポーツ 大相撲 スポーツ 柔道 ブログ ブログ 光回線 ボランティア ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野守り人 ボランティア つつじの再生(小谷小学校) ボランティア ひたちなか公園 ボランティア クリーンクラブ ボランティア クリーンクラブ ペンキ塗り ボランティア ケヤキ剪定問題 ボランティア ムクドリの研究 ボランティア 剪定・植栽 ボランティア 地域の行事 ボランティア 地域の行事 蛍 ボランティア 里山 マラソン マラソン ちはら台走友会 マラソン 四季の道駅伝大会 マラソン 御園生さん リメイク版 個人生活 テレビ 個人生活 ビデオ 個人生活 ワンちゃん 個人生活 会社 個人生活 住民運動 個人生活 健康 個人生活 健康 坐骨神経痛 個人生活 健康 難聴 個人生活 写真の編集 個人生活 写真集 個人生活 友達 個人生活 友達 ヨット 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家庭 個人生活 散策 個人生活 散策 村田川 個人生活 数学 個人生活 文学 企画のたまご屋さん 個人生活 文学入門 個人生活 朗読 個人生活 歌詞 個人生活 物語 個人生活 登山 個人生活 目標 個人生活 自分史 個人生活 自転車 個人生活 趣味その他 個人生活 趣味その他 演歌 個人生活 陸ガメ 地域活動 おゆみ野の森 地域活動 有吉中学校 地域活動 有吉日枝神社 地域活動 泉谷中学 地域活動 盗難自転車情報 地域活動 花牟礼祐一さん 地域活動 苅田郷 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 蝦夷地探訪記 歴史 歴史 世界史 歴史 古代史 評論 評論 Google 評論 世界 アフリカ アラブの春 評論 世界 アフリカ政治・経済 評論 世界 アメリカ政治 評論 世界 アメリカ経済 評論 世界 アメリカ経済 自動車 評論 世界 インド政治・経済 評論 世界 オーストラリア政治・経済 評論 世界 タイの政治・経済 評論 世界 ヨーロッパ経済 評論 世界 ヨーロッパ経済 アイルランド 評論 世界 ヨーロッパ経済 イギリス 評論 世界 ヨーロッパ経済 ギリシャ 評論 世界 ヨーロッパ経済 フランス 評論 世界 ヨーロッパ経済 ポルトガル 評論 世界 ロシア政治・経済 評論 世界 北朝鮮問題 評論 世界経済 評論 世界経済 TPP 評論 世界経済 インフレ 評論 世界経済 石油・ガス 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 金融恐慌 評論 中国問題 評論 中国問題 尖閣諸島問題 評論 中国問題 毒入り餃子事件 評論 中国問題 経済 評論 予想 評論 地域 イオンおゆみ野SC 評論 地方自治 評論 地方自治 千葉市 評論 地方自治 千葉県 評論 地方自治 名古屋市 評論 地球温暖化対策 評論 大前研一 評論 新銀行東京 評論 日本 マルチ商法 評論 日本 ユニクロ 評論 日本 京都大学不正入試事件 評論 日本 反捕鯨運動について 評論 日本 口蹄疫 評論 日本 教員採用試験汚職問題 評論 日本 東京オリンピック 評論 日本 水問題 評論 日本 異常気象 評論 日本 確定申告 評論 日本 防犯 評論 日本 電池自動車 評論 日本 高齢者問題 評論 日本の政治・経済  八ツ場ダム 評論 日本の政治・経済 JAL問題 評論 日本の政治・経済 トヨタ自動車 評論 日本の政治・経済 ネガティブキャンペーン 評論 日本の政治・経済 円高・デフレ 評論 日本の政治・経済 国債 評論 日本の政治・経済 国家破綻 評論 日本の政治・経済 地方空港 評論 日本の政治・経済 密約文書 評論 日本の政治・経済 日本の金融危機 評論 日本の政治・経済 普天間基地 評論 日本の政治・経済 村木厚子氏事件 評論 日本の政治・経済 消費者金融 評論 日本の政治・経済 福田内閣 評論 日本の政治・経済 菅内閣 評論 日本の政治・経済 農業 評論 日本の政治・経済 郵政民営化 評論 日本の政治・経済 鉄鋼業界 評論 日本の政治・経済 鳩山内閣 評論 日本の政治・経済 評論 日本の科学技術 評論 映画 評論 韓国政治・経済 評論 食料問題 NHK たった一人の反乱