(22.9.6) BAHA(骨伝導補聴器)は救世主になるだろうか?

003_2

 最近の難聴の進み具合にはほとほと困惑している。
以前はNHKのアナウンサーの声だけは明瞭に理解できたのに、最近はそれも危うくなってきた。

 幸いNHKでは日本語字幕をニュースやドラマで採用してくれているので、最近は音声を消音にして、もっぱら日本語字幕で見ることにしている。
聞こえない耳で無理に聞こうとすると、精神的に疲れるからだ。

 私の耳は感音声難聴で、音声を大きくするだけでは騒音と同じで意味がない。特に子音が聞こえないのでこれを補強する補聴器が必要なのだが、正直言って満足する補聴器に出会ったことがない。
最近は諦めて、補聴器をせずに想像力を駆使して会話をしている。
その人の思考パターンを理解して、どのような話をしているか予想するのである(ただしこれは面識のない人には効果がない)。

012

 もし効果的な補聴器があれば是非使用したいと思っていたら、先日の毎日新聞に「小耳症対策としてBAHA(バハ)という骨伝導補聴器が有効」だとの記事が目に入った。

 小耳症とは耳の穴がふさがれている病気で、したがって鼓膜を経由して音声が入ってこない。
そのため骨を経由して音声を補足しようとして開発されたのが、骨伝導補聴器だが、従来のものはバンド方式と言って、補聴器をバンドで骨に固定して音声を伝える。

 この方式の弱点は補聴器を骨に強く接触させる必要があるため、バンドがやたらときついということで、こうしたバンドをしていると頭がガンガン痛くなってくる。
こんなに痛いのなら補聴器などしないほうがましだ」と思えるほどである。

注)バンドを緩めると今度は音声が聞こえなくなるので、はなはだ扱いづらい。

 それに対して小耳症対策として日本に紹介されたこの骨伝導補聴器BAHA(バハは、骨と結合する性質を持つチタンを側頭骨に埋め込み、そこに集音機能を持つ機器を植え込んで、骨に直接振動を伝える方式だという。
直接埋め込まれていて骨と一体化するので、慣れれば明瞭な音声が聞こえるという。

016

 問題はチタンを埋め込むために手術が必要なことと、現在は保険対象外のため実費を支払わなくてはならない。
技術そのものは1970年代スウェーデンで開発されたもので、日本では小耳症対策として大学病院の治験を終え、医薬品医療機器総合機構の審査を待っているところだ。
承認されれば保険対象になる。

 私の場合は中耳に問題があって音が聞こえないのだが、骨からの伝導はそれほど衰えているわけでないことが検査で分かっている。
保険対象になったら埋め込んでみたいものだ

 そう思っているが、この手術を実施できるのが信州大学のような一部の大学病院だけで、しかもかなりの入院期間が必要らしい。
チタンと骨が一体化するまで時間がかかるという。

 だが、この方法が本当に有効であれば実に喜ばしいことだ。日本には多くの難聴者がいるが、かなりの人にとって福音になる可能性がある。

 それと言うのも現在一般に普及している耳穴式補聴器はかなり問題があり、デジタル式はやたらと価格が高く(片耳で20万円前後)、その割には補聴機能が十分でない。
眼鏡のようにかければ明瞭に見えるというわけには行かず、騒音の方が大きくなり実に不愉快だ。

 馬鹿馬鹿しいので私は補聴器を使用していないが、一方で会議などに参加すると、ほとんど話されていることが分からないことが多く、実に精神的に苦痛だ。
最近は会議と聞くとなるべく避けるようにしている。

 このBAHAという骨伝導補聴器はもしかしたら私の苦痛を取り除いてくれるかもしれない。今後の推移を十分注意して情報をトレースすることにした。

 

 

| | コメント (1)

(22.7.4) 難聴生活

Dscf00051

 私が難聴なのはこのブログで何回も記しているので読者の方はご存知のはずだが、その難聴がまた一段と進んできた。
右の耳はほとんどかすかにしか聞こえず、左の耳は子音が極端に聞きづらい。

 今まではNHKのアナウンサーの声は聞き分けられたのに、それもかなり難しくなってきた。声は聞こえるが内容の判別が難しい。
ドラマはささやくような場面になると何も聞こえないので、見る気もしない。

 ただしNHKは難聴対策として日本語字幕をテロップで出してくれているのでとても助かる。この日本語字幕がなかったらもうニュースも分からないだろう。
最近は聞くことはすっかり諦めて、テレビは消音にしている。無理に聞こうとするととても疲れる。

 消音にしてみてよく分かったのだが、スポーツ番組は消音でまったく支障がない。サッカーなんかはかえって消音の方がアナウンサーのつまらない解説を聞かないだけでも楽しめる。
私が良く見る自然物も見ていれば内容が分かるので言葉はほとんど要らない。

 人間の情報は8割が視覚で、後の2割が聴覚だと聞いたことがあるが、納得してしまった。
困るのは会議や私が参加している読書会のような場面で、各人が勝手にしゃべりだすと何を話されているのか分からなくなる。

 先日の読書会では主催者の河村さんが私に対し、私が以前に河村さんに紹介した本について感想を求めていたのだが、当初は何で私に向かって話をしているのか分からなかった。
申し訳ありませんが、聞こえなかったのでもう一度言ってください
こうしたことが多い。

 かみさんとの会話も、話の前後が分からない場合は、何の話か分からないことがしばしば起こる。
もう一度言って」しばしば聞き返す。

Dscf00141

 補聴器を買ってみようと思ったが、機能のいい補聴器はやたらと高い。片耳で20万円は覚悟しなければならない。
先日障害者には市が補聴器の補助してくれる場合があると聞いたので、民生委員のKさんに「私も障害者認定が可能だろうか」と聞いてみた。
山崎さんは無理ね、普通に私と会話をしているし、こんなに健康に走り回っているのだから」と一笑に付されてしまった。

 私の身体は非常にアンバランスだ。毎月のように100kmマラソンに出たり、日常的に筋トレをしているので外形は健康そのものだ。電車でシルバーシートに座っていると非難のまなざしにあう。
友達からは山崎さんは年をとってますます若返ってますね」といわれてしまう。
耳がかなり聞こえないのと頭がはげているくらいでは障害者にはならないらしい。

 仕方なくテレビは消音で見ているが、なれればこれでも我慢できる。
かえって想像力をたくましくしてみているので、言葉の洪水で何を言っているのかさっぱりわからなくなるよりは、理解が進む。

 耳が聞こえないとか頭がはげているくらいはヘレンケラーよりはるかに条件はいいのだから、愚痴を言わずに生きることにした。

 
 

 

| | コメント (3)

(22.3.8) 難聴が進んでいる

2233_007_2

 悲しくなってきた。又一段と難聴が進んでしまった。右の耳はほとんど聞こえないのだが、今度はかろうじて聞こえていた左の耳の具合が悪い。

 先日録画をしておいた八代亜紀の歌を聞こうとしてびっくりした。八代亜紀の「かもめの街」という歌を聞こうとしたのだが、ほとんど聞こえないのだ。
あれ、ボリュームが小さいのかな?」
確認してみたらボリュームレベルはいつもと同じだ。
もしかしたら、テレビか俺の耳か、どちらかが壊れている・・・・・・・・」不安感がよぎった。

 いつも聞いているNHKのニュースで確認してみたら、ボリュームレベル18で聞こえていた音声が20にしないと聞こえない。
まずいな、これは難聴が進んでしまったようだ・・・・。そう言えば昨日かみさんが『2階の電話の子機で呼び出ししたのにパパさんが出なかった』と言っていたけ
何かこの世から音声が消えてしまったような感覚だ。

2233_029

 音声が聞こえないというのは実に厄介なものだ。会議などで誰かが発言していても、こちらはほとんど聞こえないので反応のしようがない。
最近、会議というと参加する気が起こらないのは、この難聴のせいでもある。

 また電車や自動車の中での会話も苦手だ。騒音と音声を識別する機能が衰えているので、まともな会話ができない。仕方がないので適当に「そうですね」とか、「はは」なんていっているが本当は何を話されているのか分からない。

 テレビを聞くのも厄介で、私がレベル20位で聞いていると、かみさんが「うるさすぎる」と言って16位に下げてしまう。かみさんがいなくなれば又20にあげるのだが、私が席を離れているとまたレベルを下げられている。
いたちごっこだ。

 私が見る番組はほとんどがNHKなので、NHKは難聴者のために日本語字幕を入れてくれることが多いので助かる。日本語字幕があるときは消音にして見ているのだが、音楽番組だけは消音にすると面白みがまったくない。
八代亜紀長山洋子が出てくると、音声を目いっぱいに上げるので、かみさんがまたいやな顔をする。

 電話も実に苦労だ。常に聞きづらい感じがしてボリュームはいっぱいにあげて設定してあるが、音声が割れて何を言っているのか分からないことが多い。
私がほとんど電話を使用しないのはそのためで、携帯などはまず携帯したことがなく、私の書斎に固定電話のように置いてある。

 留守電を聞くこともまずないので、私に電話をしても無駄というものだ。一方で電子メールは必ずチェックしているので、私とコンタクトを取りたいと思われる方は(こうした実情を理解の上)、電子メールを使用していただきたい。

2233_064

 こんなにも苦労しているのだから、補聴器を使用したほうがいいのだが、過去何回か使用した経験ではまことに扱いづらく、かつすぐに落としてしまう。
デジタル補聴器は1個20万前後するので、落とすと馬鹿馬鹿しくなって再度購入する気も起こらない。

 今日鎌取駅前の双葉耳鼻咽喉科に行ってみてもらった。前回の検査時よりは進んでいたが、補聴器をしたほうがいいか、しないで過ごすかの限界値程度の状況だそうだ。
うぅーん、どうしたもんだろう」悩みが尽きない。

 はたしてどうなるのだろうか。このままベートーベンが難聴になっても作曲し続けていたように、私はブログを一生書き続けるのだろうか。 

 

| | コメント (4)

(21.8.17) 耳がますます聞こえなくなってきた

21512_003

 どうしたらいいのだろうか、ますます耳が聞こえなくなってきた。テレビなどを見ていてもまともに聞こえるのはNHKのアナウンサーの声だけで、ドラマや大好きな笑点のようなバラエティー番組になると何を言っているのかさっぱり分からない。同時通訳などはひばりのさえずりだ。

 思い余ってかなり前からテレビでは日本語字幕を出すようにしているが、ドラマはともかくニュースなどは字幕がかなり遅れて出てくるので今度は画面と字幕のアンバランスに悩んでしまう。
実際、日本語を日本語字幕で読むというのはかなり奇異なものだ。

 また先週から母親の看病を週2日始めたのだが、母親はひどい難聴で補聴器がないとまったく会話が成り立たない。先日まで補聴器を修理に出していたのでその間は筆談で会話をしていたが、私も母親の蚊の鳴くような声は聞こえないので、これも筆談になってしまった。
あんた、耳が遠いね」難聴の母親から言われてしまった。

 会議などでも聞き取れないことが多く、また騒がしい宴会場での話なども相手が何を言っているのかさっぱり分からない。適当に相槌を打っているだが、ときどき変な対応をして相手にいぶかられる。

 補聴器をすればいいと思われるが、自分の耳に補聴器を合わせるのは、実は至難の業なのだ。過去何回かトライしたがうまくいったためしがない。
引出にはそうした悪戦苦闘したあとの補聴器が転がっている。

21512_019

 耳になんら傷害のない人には理解不能と思われるが、難聴といっても色々なレベルがある。

 一般的に難聴のレベルは以下のように進行する。

① 小さな声が聞こえなくなる。この場合は音を大きくすれば良いので、増幅器を購入すればよい。よく雑誌広告に出ている一つ2~3万円程度の補聴器がこれにあたる。

② 高い音か低い音が聞こえなくなる。通常は高い音の方が聞きづらい。この場合は聞こえない音域の音だけを増幅する補聴器が必要で、よくデジタル補聴器といわれているのがこれにあたる。
値段の幅は大きく、一つ10万~20万円のものが多い。

③ ある特定の音、特に子音が聞こえなくなる。それもすべてというより最初の子音が特に聞きづらい。
たとえば、「
たてもの  tatemono」が「あてもの atemono」と聞こえてしまう。


 この場合、会話を継続すれば何を話しているか分かってくるので「あてもの」でなく「たてもの」の話だということが分かるが、つねに頭の中で修正作業をしないと会話が成り立たなくなる。

 現在、私の難聴の度合いはこの子音が聞こえないレベルになってしまい、このままで行くと母音しか聞こえなくなるのではなかろうかと危惧してしまう。
しかも困ったことに私の経験ではこの子音を強調して聞きやすくする補聴器で効果的なものはない。

 子音が聞こえないと、状況は次のようになってしまう。

「私は山崎次郎です watasiha yamazaki jirou desu」

第一段階
「あたしは あまざき いろう えす atasiha amazaki irou esu」
第二段階  
「ああいあ あああいいおう  えう aaia aaaiiou eu


 これでは相手が何を言っているのか、さっぱり分からない。

21512_018_2

 子音はともかく、音を増幅したり高音を聞きやすくする補聴器はあるのだから、それだけでも補聴器を使用する価値があるのだけれど、私の実生活と補聴器がどうしてもなじまない理由が一つある。

 それは私が年がら年中スポーツをしていることで、スポーツと補聴器の相性は決定的といっていいほど悪い。
補聴器は体が動かないか、緩慢な動作しかしない人向きで、マラソンなどの運動をしていると汗で補聴器が滑りやすくなり、いつの間にかなくなってしまう。

 前にカナル式という耳にすっぽり入る補聴器を使用していて落としてしまったときは愕然とした。一つ20万円弱していたので、探しまわったが見つけることができなかった。
落とすくらいなら、もう使用しない」すっかり補聴器の使用を諦めた。

 だがしかし、最近の難聴の度合いは限界を越しそうだ。そういえば森進一補聴器をして歌っていた。森進一がそうしてがんばっているのだから、私も嘆いてばかりいないで、もう一度補聴器にトライする必要がありそうだ。

主よ、これは主が私に課せられた試練なのでしょうか、ロドリゴは主の試練に耐えねばならぬのでしょうか
ロドリゴよ、心の声を聞くのじゃ、神の声のみ聞くようにせよ。笑点が聞こえないくらいで子供のように嘆き悲しむのではないぞ。
おおそうじゃ、良いことがある。森進一の『おふくろさん』を歌って元気を出すのじゃ!!!

 

 

 

| | コメント (0)

(21.4.13) 聴力の衰えが限界を越えつつある

214_019

 困ったものだ。私の聴力の衰えが、とうとう限界を越えつつある。最近は会話をしていてもまともに話を理解することが難しくなり、返事もヤマ勘でせざる得ない。
はは、そうですね」なんて答えているが本当は何のことだか分からないことが多い。

 それでもよく知った人との会話ではその人のバックボーンを理解しているし、話の筋が読めるからあまり問題はないのだが、始めての人や会議での席の聞き取りには全神経を集中しても難しくなってきた

 たとえば会議でレジュメやレポートがあれば、それを読めばいいから問題ないのだが、そうした準備がされず、口頭だけで説明されると途方にくれる。
君は何か言っているが、私は聞こえないのだから何も言ってないのと同じだ」居直りたくなる。
よく会議の議長が、「次の会議は○○日の××時にします」なんて口頭だけで言うことがあるが、そうした日時のメモはほとんどできない。

 最も私は引退した年金生活者で、重要人物でないから日常生活では余り問題は発生しなかったし、せいぜい天候の話をしていれば済んでいた。
ところが信じられないことに最近は会議に呼ばれることが多くなり、私が質問を受ける立場になってきた。大ピンチだ。

 隣に誰かいれば「あの人は何と言ったのですか」と聞くことができるが、そうでない場合は何回も聞きなおしたりしてわずらわしいことこの上ない。

 思えば私が36歳の若さで右の耳の聴力を失ったのは、真珠腫性中耳炎のためだった。
元々は大学の水泳部に所属していた時に中耳炎にかかったのだが、その後の手当てを放って置いたために、通常の中耳炎が慢性中耳炎になり、そして最後は悪性の真珠腫性中耳炎にまでなってしまった。

 真珠腫はそのまま放って置くと、脳の一部を圧迫して死に至る大変危険な病気である。幸いに手術は成功したが、右の耳の聴力は極端に低下し、しかも年をとるに従ってほとんど聞こえなくなってきた。

 残った左の耳でもっぱら聞くことになったが、こちらも軽い中耳炎を患っており、最近は左の耳の聴力も極端に悪くなってきた。
まずい、両方聞こえなくなったらどうしよう

 現状はテレビでもNHKのアナウンサーの声以外はまともに聞くことができず、特にドラマなんかは、ささやく場面は何を言っているのかさっぱり分からない。

 思い余って日本語のテロップを出すようにしたが、映画のように話とテロップが合っている場合はいいが、ニュースの場合はテロップが遅れて出てくるので、なんとも話がしまらない。
次の画面の時に前の画面の説明を見ているのは思いのほかいやなものだ。

 62歳でこんなに聴力が衰えるとは思わなかった。そのうちベートーベンのようになってしまいそうだ。
私だけがひどい状態なのかと思っていたら、先日歌謡番組を見ていたら、歌手の五木ひろし森進一補聴器をつけていることに気付いた。
そうか、耳が聞こえなくなるのは私だけじゃないんだ」
なんとなく慰められたが、だからといって状況が改善するわけでもない。

注)私は補聴器だと思ってみていましたが、Yさんからこれはモニターでほとんどの歌手が何らかの方法で使用しているとの指摘を受けました。
この記事のコメントに詳しく載っていますので参照してください。


 人間こうして一つ一つ機能を失い、最後は神様のお迎えを受け容れることになるのだろうと達観してみたが、日常生活の不自由さはそろそろ限界を越えそうだ。

| | コメント (7)

その他のカテゴリー

NHK クローズアップ現代 | NHK 世界のドキュメンタリー | NHK 花のあとさき | NHK プロジェクト ウィズダム | NHK 追跡 A to Z | NHKスペシャル 日本列島 | NHKスペシャル 灼熱アジア | おゆみ野 守り人 | おゆみ野 恐喝事件 | システム | システム ウィキリークス | システム パソコン | システム パソコン Dell | システム パソコン ウィニー | システム パソコン グリーティングカード | システム 携帯電話・スマートファン | シナリオ ぼくが生きた時 | シナリオ 忠助 | スポーツ | スポーツ サッカー | スポーツ 大相撲 | スポーツ 柔道 | ブログ | ブログ 光回線 | ボランティア | ボランティア おゆみ野の森 | ボランティア おゆみ野守り人 | ボランティア つつじの再生(小谷小学校) | ボランティア クリーンクラブ | ボランティア クリーンクラブ ペンキ塗り | ボランティア ケヤキ剪定問題 | ボランティア ムクドリの研究 | ボランティア 剪定・植栽 | ボランティア 地域の行事 | ボランティア 地域の行事 蛍 | ボランティア 里山 | マラソン | マラソン ちはら台走友会 | マラソン 四季の道駅伝大会 | マラソン 御園生さん | リメイク版 | 個人生活 テレビ | 個人生活 ビデオ | 個人生活 ワンちゃん | 個人生活 会社 | 個人生活 住民運動 | 個人生活 健康 | 個人生活 健康 坐骨神経痛 | 個人生活 健康 難聴 | 個人生活 写真の編集 | 個人生活 写真集 | 個人生活 友達 | 個人生活 友達 ヨット | 個人生活 失敗記 | 個人生活 学校 | 個人生活 家庭 | 個人生活 散策 | 個人生活 散策 村田川 | 個人生活 数学 | 個人生活 文学 企画のたまご屋さん | 個人生活 文学入門 | 個人生活 朗読 | 個人生活 歌詞 | 個人生活 物語 | 個人生活 登山 | 個人生活 目標 | 個人生活 自分史 | 個人生活 自転車 | 個人生活 趣味その他 | 個人生活 趣味その他 演歌 | 個人生活 陸ガメ | 地域活動 おゆみ野の森 | 地域活動 有吉中学校 | 地域活動 有吉日枝神社 | 地域活動 泉谷中学 | 地域活動 盗難自転車情報 | 地域活動 花牟礼祐一さん | 地域活動 苅田郷 | 旅行 サンチャゴ巡礼 | 旅行 勝浦ビッグ雛祭り | 旅行 蝦夷地探訪記 | 歴史 | 歴史 世界史 | 歴史 古代史 | 評論 | 評論 Google | 評論 世界 アフリカ アラブの春 | 評論 世界 アフリカ政治・経済 | 評論 世界 アメリカ政治 | 評論 世界 アメリカ経済 | 評論 世界 アメリカ経済 自動車 | 評論 世界 インド政治・経済 | 評論 世界 オーストラリア政治・経済 | 評論 世界 タイの政治・経済 | 評論 世界 ヨーロッパ経済 | 評論 世界 ヨーロッパ経済 アイルランド | 評論 世界 ヨーロッパ経済 イギリス | 評論 世界 ヨーロッパ経済 ギリシャ | 評論 世界 ヨーロッパ経済 フランス | 評論 世界 ヨーロッパ経済 ポルトガル | 評論 世界 ロシア政治・経済 | 評論 世界 北朝鮮問題 | 評論 世界経済 | 評論 世界経済 TPP | 評論 世界経済 インフレ | 評論 世界経済 石油・ガス | 評論 世界経済 石油問題 | 評論 世界経済 金融恐慌 | 評論 中国問題 | 評論 中国問題 尖閣諸島問題 | 評論 中国問題 毒入り餃子事件 | 評論 中国問題 経済 | 評論 予想 | 評論 地域 イオンおゆみ野SC | 評論 地方自治 | 評論 地方自治 千葉市 | 評論 地方自治 千葉県 | 評論 地方自治 名古屋市 | 評論 地球温暖化対策 | 評論 大前研一 | 評論 新銀行東京 | 評論 日本 マルチ商法 | 評論 日本 ユニクロ | 評論 日本 京都大学不正入試事件 | 評論 日本 反捕鯨運動について | 評論 日本 口蹄疫 | 評論 日本 教員採用試験汚職問題 | 評論 日本 東京オリンピック | 評論 日本 水問題 | 評論 日本 異常気象 | 評論 日本 確定申告 | 評論 日本 防犯 | 評論 日本 電池自動車 | 評論 日本 高齢者問題 | 評論 日本の政治・経済  八ツ場ダム | 評論 日本の政治・経済 JAL問題 | 評論 日本の政治・経済 トヨタ自動車 | 評論 日本の政治・経済 ネガティブキャンペーン | 評論 日本の政治・経済 円高・デフレ | 評論 日本の政治・経済 国債 | 評論 日本の政治・経済 国家破綻 | 評論 日本の政治・経済 地方空港 | 評論 日本の政治・経済 密約文書 | 評論 日本の政治・経済 日本の金融危機 | 評論 日本の政治・経済 普天間基地 | 評論 日本の政治・経済 村木厚子氏事件 | 評論 日本の政治・経済 消費者金融 | 評論 日本の政治・経済 福田内閣 | 評論 日本の政治・経済 菅内閣 | 評論 日本の政治・経済 農業 | 評論 日本の政治・経済 郵政民営化 | 評論 日本の政治・経済 鉄鋼業界 | 評論 日本の政治・経済 鳩山内閣 | 評論 日本の政治・経済 | 評論 日本の科学技術 | 評論 映画 | 評論 韓国政治・経済 | 評論 食料問題 | NHK たった一人の反乱