(22.12.23) 年賀状の季節 グリーティングカードで済ませよう

221210_029_2

 毎年この時期になると悶々と悩んでしまう。年賀状の季節がやってきたからだ。私のような定年退職者は基本的に社会とのしがらみがないのだから、年賀状なんて書かなくてもよさそうなものだが、完全に割り切れないところがつらい。

 思い余っていたら娘からグリーティングカードを教えてもらったので4年前からこれを使用している。
最も条件があってメールアドレスがないか分からない人にはこの手が使えない。

 一般に年配者はこうしたカードになれていないので仕方なしに年賀状を書くのだが、年賀状ソフトの操作をすっかり忘れているので思い出すまで大苦戦だ。

 この年賀状の歴史は古く万葉の昔から行われていたらしいが、庶民が年賀状をやり取りするようになったのは明治の郵便事業が発足してからだという(それ以前はそれなりの文書を書ける人は知識人階級だけだった)。

221210_030  

 明治時期、日本人は年賀の挨拶を実際にで出向いて行っておこうのが普通だったが、これを年賀状で代替できたのが日本に年賀状が根付いた原因だそうだ。

じゃ、俺みたいに年賀の挨拶をしないものは年賀状なんて出さなくてもいいじゃないか」と言ってはみたが書かざるえないだろう。

 今日からグリーティングカード作成を開始した。ありがたいことにグリーティングカードは日付指定ができる。正月元旦は回線が混雑するといわれていたが、今までの経験では元旦に届いている。

 引退してからの私の生活はまったく地域に根ずいてしまって、知り合いといえばこの周辺に住んでいる人がほとんどになっている。
おゆみ野クリーンクラブおゆみ野の森のメンバーやちはら台走友会四季の道駅伝の関係者、読書会の関係者と言ったところで、こうした人たちとは日常的に合っている。

 わざわざ年賀のやり取りをするまでもないのだが、幸いにこうしたグループ間はグループメールのシステムが確立しているのでそれを使用して年賀の挨拶をすることにした。

注)ただし時間指定ができないので元旦の当日メールを発送する

221210_031_2  

 しかしこうしてみると郵便事業の先行きは心もとない。私のようにインターネットを利用して年賀のやり取りをする人が増えると、それでなくても赤字経営の郵便事業は年賀の稼ぎ時にも稼げなくなってしまう。
私などはがきや封書を書くことが少なかったのだが、最近はまったくといっていいほど利用しなくなっている。

 なにしろE-メール郵便ではスピードがまったく違い、また料金が50円(あるいは90円)とゼロ円の対決だから、郵便事業が生き残るのは至難の業だ。
おそらく現在の電報が結婚式のような一部の利用に限られているように、将来は郵便も特殊な用途だけの事業になるだろう。

 果たして私が生きている間に、年賀状のやり取りも実質的になくなってしまうのではなかろうかと思ってしまうほどこの事業のビジネスモデルは展望がない。

 

| | コメント (0)

(21.12.28) 年賀状の季節 グリーティングカードで済ませよう


Dscf0129

 いつもこの時期になると憂鬱になるのは年賀状を書かなければならないからだ。
定年退職して3年以上たったのだから、世間様との形式的なお付き合いはしないで済みそうなものなのだが、そう割り切れないところが苦しい。

 こちらが書かなくても相応の年賀状が来てしまうし、来たら返事を書かないわけにはいかないので、「それくらいなら最初から書いてしまおう」ということになる。

Dscf0112

 もっとも最近はパソコンで住所録さえ登録しておけばあて先の印刷は可能なのだが、悲しいことに我が家のインクジェットプリンターの印刷速度は遅い。
住所録の印刷だけで半日仕事になってしまう。
何とかならないものだろうか

 悩んだ結果2年前からメールアドレスが分かっている先は、グリーティングカードを送ることにしている。
このグリーティングカードは無料の場合がほとんどで、元旦の適切な時間帯に配信してくれるし、メッセージも十分書けるだけの容量がある。

 定年退職者にとって一番の魅力は無料ということで、はがき代も印刷代もかからず、それでいてなかなかこった年賀状ができるので嬉しくなってしまう。
だがこの年賀状をグリーティングカードで済ます人が増えると郵便事業会社は大ピンチになるらしい。

Dscf0127

 もともと郵便事業は赤字体質なのだが、唯一この年賀はがきで黒字を稼ぎ出してなんとか収支トントンまでもっていくのが、郵便事業のビジネスモデルになっている。
ところが通常の郵便が電子メールに代替され、年賀はがきまでグリーティングカードに代替されてしまえば、郵便事業の生き残るすべがなくなってしまう。

 亀井金融・郵政担当相が「地方の郵便局を行政の窓口にしよう」といっているのは、郵便事業が21世紀のネットワークの時代から完全に取り残され、地方の郵便局にとって行政のサービスぐらいしか仕事が残らないからだ。

 今日一日はグリーティングカードの作成に費やし、どうしてもはがきでないと困る先だけ年賀はがきにするのだが、できるだけはがきは作成しないつもりだ。
ネットワークの時代とは、あらゆる通信手段が無料になっていく時代なのにわざわざ金をかける気持ちにならない。

 おそらく私が神様のお迎えを迎える頃には、「かつて郵便事業があって、毎年正月には年賀はがきの交換をしていたんだ」なんて話をしているのではなかろうか。

注)ただしグリーティングカードの作成にも問題がある。今回は楽天の無料サービスを使用しているが、電子メールでは自由にやり取りしているメールアドレスを、なぜか受け付けない場合がある。
なぜ、このアドレスではダメなのだろうか」分からないことが多い。

 

 

| | コメント (0)

(20.12.29) 今年も年賀状の季節が来た

 この時期になるといつも心が忙しなくなる。年賀状を書かなければならないからだ。もう引退をして世間とのしがらみをたったのだから本当は年賀状を出さなくてもよさそうなものだが、日本のこよなき慣習を無視できるほど気持ちが強くない。
しょうがないな、書かざるえないだろうな」ぐずぐずしているうちに今日(28日)になってしまった。

「もうだめだ。日にちがない。がんばれ」叱咤激励する。
もっとも昨年からはグリーティングカードと併用している。グリーティングカードを使用してみて色々なことが分かった。

 メールアドレスがあれば問題ないと最初思っていたが、実際はメールをほとんど見ない人がいる。こうした人にグリーティングカードを送っても、1月15日頃になってようやく見てくれたことが分かる返信メールが送られてきたりする。
これでは年賀状にならない。

 今年はメールをかなり頻繁に開く人宛に限ってグリーティングカードを送ることにした。今回使用したのはイーストビーンズ社の無料サービスだが、昨年使用したヤフーはサービスを停止していた。

 年賀状に比べてグリーティングカード無料でしかもかなりのメッセージも書けるので、私のような年金生活者にとってはお年玉のようなものだが、年長者に送るのは向かない。残念なことに年長者はメールを開くことをほとんどしないのと、こうした文化になれていないので違和感を持つらしい。
私の同年輩からそれ以上の年齢の会社関連の人はほとんどそうだ。

 仕方ないので年賀状をパソコンで印刷するのだが、年に1回の操作を思い出すのにしばらく時間がかかってしまう。
えーと、えーとこうだったけ」なんてしているうちに年賀状を二三枚無駄にしてしまう。毎度のことだ。
しかも今回は昨年作成した住所録がどうしても見つからない。どうやら保存するのを間違えたらしい。
住所録を再作成か」がっくりした。
印刷するのにも時間がかかり結局一日仕事になってしまった。だが、どうにか今年も直前までに間に合った。やれやれだ。

 だが私のように年賀状をほとんどグリーティングカードで済ませる人が増えると郵便局は大変だろう。年1回のかきいれ時なのに年賀状は毎年減少しているらしい。
世の中には便利な無料のサービスがいくらでもあるから、昔ながらのシステムはだんだんと廃れてしまうのだろう。

| | コメント (1)

(20.1.6)グリーティングカード始末記

おゆみ野四季の道」のテーマソング。以下のファイルをダウンロードすると曲が始まります。
 「pianotokurarinetto.mid」をダウンロード

 今年の年賀状としてグリーティングカードを作成してみて、色々なことが分かった。

 葉書の年賀状と違って、まだグリーティングカード十分な市民権を得ていないみたいだ
なにしろ今回カードを32通送ったのだが、現在までカードを開いてくれた人は13名であり、まだ6割の人が受け取ってくれない。
この中にはメールアドレスが古かったり、あるいは会社宛アドレスでまだ出勤していない人もいるかも知れないが、それにしても低い開封率だ。
少しがっかりした。

 その他、今回のテスト利用で分かったことを列挙すると以下の通り。

 グループメール未対応
私はこのカードがグループメールにも対応していると思って、みやこ会おゆみ野クリーンクラブちはら台走友会に送ってみたが、届かなかった。これはどうもシステムの制約で、個人宛にしか送付できないみたいだ。
個人対個人のメールシステムといえる

② パスワード設定は任意
もう一つ私が誤解していたのはパスコードというパスワードについてだが、これはオプションでありつけてもつけなくてもよいことを知らなかった。
通常もらった人はパスワードの入力のような面倒なことはしないので、これはつけないほうがよさそうだ。

③ 配達証明は必須
一方配達証明という機能があって、受け取った人がグリーティングカードを見てくれると、配達証明メールカが送られてくる。
これもオプションなのだが、これは必須機能だ。
というのも普通のメールと違って、グリーティングカードシステムには失敗メールを通知してくれる機能がない。
だから成功したメールを確認する以外、失敗メールを確認できる方法はない。

④ 
メールチェックは幅がある 
いつこのグリーティングカードをあけてくれるのかということだが、開けた日によってその人のメールチェック具合が分かった。
どうもこの人はメールを余りチェックしていないな」とか
この人はメールチェック能力は高い」とかが分かって、メールを送る場合の参考になった。

⑤ 女性のほうがグリーティングカードになれている
またグリーティングカード返信機能があって、送ってもらった相手にカードを返信できるのだが、この機能を使用して返信してくれた方は女性が4名で、男性は1名しかいなかった。
どうやら男性はグリーティングカードそのものに慣れていないみたいだ。

以上が今回年賀状をグリーティングカードに変更してみて分かったことだ。
Wikipediaを見てみたら、グリーティングカードは主としてクリスマスカードとして使用され、キリスト教国では文化として根付いているようだが、日本ではこの習慣がないので、一般化していないと書いてあった。

 来年は本年の結果を踏まえて、年賀状の出し方の工夫が要りそうだ。



「別件」 おゆみ野 火遊び、破壊行動情報 NO6

 
昨日の清掃活動のおり、そばら公園で火遊びをした跡と、落書きを発見しました。火遊びは下のあずま屋で行なわれており、ベンチが焼け焦げておりました。
また、周りの柱は一面に落書きがあり、特定の人物を誹謗する内容でした。
本件については緑公園緑地事務所に連絡しました。
なお、落書きについては近日中に消去しておきます。


 
現場の状況は以下の通りです
http://picasaweb.google.co.jp/yamazakijirou/2015?authkey=I7FVXOlig5s



グリーティングカードに興味をお持ちの方に伺います。今回のレポートは参考になりましたか。

 

 

 

| | コメント (1)

(19.12.27)年賀状に悩んでいる

おゆみ野四季の道」のテーマソング。以下のファイルをダウンロードすると曲が始まります。
「guitar.mid」をダウンロード 

 この時期になるといつも年賀状に悩んでしまう。いま一つ作成する気力がわかない。会社に勤めていた時は、最低限の社会的礼節があっていやでも出状せざる得なかったが、引退してからはそうした縛りがなくなった。

 それでも昨年はまだ、社会人としての余韻が残っていたのでせっせと年賀状を出したが、今年はすっかり定年退職者の精神構造になってしまった。
出さないからと言って上司がいるわけではない
もちろん人生の先輩はいるのだから、完全に止めるわけには行かないのだが、ぐずぐずと先延ばしをして今日になってしまった。

うぅーんどうしょう」だんだんと追い詰められてきた。
友人でおなじく退職者の  I さんなんかは「完全に割り切って返事を出さなかったら、昨年度は10通で、そのうち数通は自動車ディーラーからの年賀だった」と言って笑っていたが、そこまで割り切れないところが辛い。

 何とか作成の意欲がわく方法がないかと悩んでいたら、娘が「グリーティングカード」を教えてくれた。電子メールによる年賀状だと思えばよい。

どうやって作るの
yahooにグリーティングカードのシステムがあるから見てみたら

 見たらなかなか面白そうだ。技術的挑戦の要素もあり、ようやく年賀状を作る気になった。
私はいくつかのグループサイトに参加しているが、おゆみ野クリーンクラブみやこ会のメンバーにはこのグリーティングカードを出すことにした。

メールアドレスがない人だけに葉書の年賀にすることにしよう

 
やってみるとグリーティングカードは、文章はかなりの内容まで書き込めるし、自分の写真を貼り付けることができる。
かえって葉書の年賀状よりは内容が濃いものができそうだ。
しかも無料だ。

よし、今年はただの年賀状を作ってしまおう」うれしくなってしまった。

 唯一の心配は、メールが正月の元旦に本当に着くのかどうかだ。混雑していて着けないのではなかろうかとの心配がふと浮かんだ。
テスト的に自分宛に当日メールでカードを送ってみた。時間測定のつもりだったが、午前中に送ったのに、夕方になってもまだ着いていない。
うぅーん、どうしたのだろう

 よくよく調べてみたら、yahooのグリーティング電文を「受取拒否」の扱いにしていた。以前どなたかのグリーティングカードをもらった時、迷惑メールと思って「受取拒否」にしたのだ。

実際このグリーティングカードを始めてもらった人は、「これ、なーに」という気持ちになるような代物だ。
誰から来たのかは分かるのだが、長々とyahooの操作説明があって、さらにパスワードの入力まで要求される。

このパスワードは、yahooの操作説明の中に記載されていて、それをコピーして張り付ければいいのだが、初めての人には何がなんだか分からない操作だ。

これは初めての人は当惑しそうだな
どうやらグリーティングカードにも一つの文化があって、慣れていない人は「生まれて初めてマクドナルドのハンバーガー店に入った時」のような違和感を覚えそうだ。

 でもまあ、トライだ。無料のシステムは定年退職者の江戸むらさきだ。
強えい 味方があったのよ

 最後になりますがこのブログの読者で、実際にグリーティングカードを年賀として利用したかたがおられれば、正月元旦にメールが届いたかどうか教えていただけると幸いです。


年賀状をグリーティングカードで作成した経験を教えてください。

 

 

 

 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

NHK クローズアップ現代 | NHK 世界のドキュメンタリー | NHK 花のあとさき | NHK プロジェクト ウィズダム | NHK 追跡 A to Z | NHKスペシャル 日本列島 | NHKスペシャル 灼熱アジア | おゆみ野 守り人 | おゆみ野 恐喝事件 | おゆみ野の森 | システム | システム ウィキリークス | システム パソコン | システム パソコン Dell | システム パソコン ウィニー | システム パソコン グリーティングカード | システム 携帯電話・スマートファン | シナリオ ぼくが生きた時 | シナリオ 忠助 | スポーツ | スポーツ サッカー | スポーツ 大相撲 | スポーツ 柔道 | テレビ | ビデオ | ブログ | ブログ 光回線 | ボランティア | ボランティア おゆみ野の森 | ボランティア おゆみ野守り人 | ボランティア つつじの再生(小谷小学校) | ボランティア クリーンクラブ | ボランティア クリーンクラブ ペンキ塗り | ボランティア ケヤキ剪定問題 | ボランティア ムクドリの研究 | ボランティア 剪定・植栽 | ボランティア 地域の行事 | ボランティア 地域の行事 蛍 | マラソン | マラソン ちはら台走友会 | マラソン 四季の道駅伝大会 | マラソン 御園生さん | リメイク版 | 個人生活 ワンちゃん | 個人生活 会社 | 個人生活 住民運動 | 個人生活 健康 | 個人生活 健康 坐骨神経痛 | 個人生活 健康 難聴 | 個人生活 写真の編集 | 個人生活 写真集 | 個人生活 友達 | 個人生活 友達 ヨット | 個人生活 失敗記 | 個人生活 学校 | 個人生活 家庭 | 個人生活 散策 | 個人生活 散策 村田川 | 個人生活 数学 | 個人生活 文学 企画のたまご屋さん | 個人生活 文学入門 | 個人生活 朗読 | 地域活動 有吉中学校 | 地域活動 有吉日枝神社 | 旅行 サンチャゴ巡礼 | 旅行 勝浦ビッグ雛祭り | 旅行 蝦夷地探訪記 | 歌詞 | 歴史 | 歴史 世界史 | 歴史 古代史 | 泉谷中学 | 物語 | 登山 | 盗難自転車情報 | 目標 | 自分史 | 自転車 | 花牟礼祐一さん | 苅田郷 | 評論 | 評論 Google | 評論 アフリカ | 評論 アフリカ アラブの春 | 評論 アメリカ政治 | 評論 アメリカ経済 | 評論 アメリカ経済 自動車 | 評論 イオンおゆみ野SC | 評論 インド | 評論 オーストラリア経済 | 評論 タイの政治・経済 | 評論 マルチ商法 | 評論 ユニクロ | 評論 ヨーロッパ経済 | 評論 ヨーロッパ経済 アイルランド | 評論 ヨーロッパ経済 イギリス | 評論 ヨーロッパ経済 ギリシャ | 評論 ヨーロッパ経済 フランス | 評論 ヨーロッパ経済 ポルトガル | 評論 ロシア関連 | 評論 世界経済 | 評論 世界経済 TPP | 評論 世界経済 インフレ | 評論 世界経済 石油問題 | 評論 中国問題 | 評論 中国問題 尖閣諸島問題 | 評論 中国問題 毒入り餃子事件 | 評論 中国問題 経済 | 評論 予想 | 評論 京都大学不正入試事件 | 評論 北朝鮮問題 | 評論 反捕鯨運動について | 評論 口蹄疫 | 評論 地方自治 | 評論 地方自治 千葉市 | 評論 地方自治 千葉県 | 評論 地方自治 名古屋市 | 評論 地球温暖化対策 | 評論 大前研一 | 評論 教員採用試験汚職問題 | 評論 新銀行東京 | 評論 日本の政治・経済  八ツ場ダム | 評論 日本の政治・経済 JAL問題 | 評論 日本の政治・経済 トヨタ自動車 | 評論 日本の政治・経済 ネガティブキャンペーン | 評論 日本の政治・経済 円高・デフレ | 評論 日本の政治・経済 国債 | 評論 日本の政治・経済 国家破綻 | 評論 日本の政治・経済 地方空港 | 評論 日本の政治・経済 密約文書 | 評論 日本の政治・経済 日本の金融危機 | 評論 日本の政治・経済 普天間基地 | 評論 日本の政治・経済 村木厚子氏事件 | 評論 日本の政治・経済 消費者金融 | 評論 日本の政治・経済 福田内閣 | 評論 日本の政治・経済 菅内閣 | 評論 日本の政治・経済 農業 | 評論 日本の政治・経済 郵政民営化 | 評論 日本の政治・経済 鉄鋼業界 | 評論 日本の政治・経済 鳩山内閣 | 評論 日本の政治・経済 | 評論 日本の科学技術 | 評論 映画 | 評論 東京オリンピック | 評論 水問題 | 評論 異常気象 | 評論 石油・ガス | 評論 確定申告 | 評論 金融恐慌 | 評論 防犯 | 評論 電池自動車 | 評論 韓国経済 | 評論 食料問題 | 評論 高齢者問題 | 趣味その他 | 趣味その他 演歌 | 里山 | 陸ガメ | NHK たった一人の反乱 | NHKスペシャル