(23.2.22) 木の移植は大変だ おゆみ野の森

20110220_105037
最初は台車で運んだが壊れてしまったのでバンで運ぶことに変更した

 こんなに木の移植作業が大変だとは思わなかった。先日の日曜日(20日)に、おゆみ野の森マテバシイを移植することにした。
きっかけはUR都市機構の担当者から、「京成学園前駅のURの事務所を閉鎖して、新しい建物を建設するので、そこにある植栽で気に入ったものがあれば、おゆみ野の森に移植してもいい」といわれたからである。

 相談した結果「おゆみ野の森にはドングリの木が少ないので、マテバシイを移植しよう」と言うことになった。前もって園芸のコンサルタントSさんと私で、丈夫そうな移植対象のマテバシイ8本選択しておいたが、UR都市機構がそれを重機で掘り出してUR都市機構の事務所の中庭においておいてくれた。
掘り出しはUR都市機構でしますが、移動はそっちでやってください」との約束だ。

 日曜日、このマテバシイをおゆみ野の森まで運ぶだんになって頭を抱えた。
高さはせいぜい3M程度で、たいしたことがないと思ったが、木は上部に伸びたと、下に伸びた根がほとんど同じくらいあることを忘れていた。
しかも土がたっぷりとついていて、重さは小錦並だ。
本当にこんな重たいものを持って行けるのだろうか・・・・」事務所からおゆみ野の森までは約200m、しかも坂道が有る。

 森のクラフトマンのOさん、草刈隊の仲間Tさん、明徳短大の男子学生、それと私の4名で運ぶことにしたのだが、うんともすんとも言わないほどの重さだ。
用意したスーパーなどで荷物を運んでいる台車に乗せては見たものの、動き出すまでに4人で気合を入れなければならなかった。
かんばれ、死んでも運べ!!」

 4人で坂道をかろうじて運び上げたが、台車の車がすべてパンクしてしまい、磨り減って車そのものがなくなってしまった。
台車の車が摩擦でなくなってしまった!!!」驚きだ。

 サラリーマンになってからパソコンより重いものを持ったことがなかったのがたたって、へとへとになって座り込んでしまった。見ると他の3人もグロッキーだ。
いくらなんでも、台車じゃ無理だ。1本運ぶのにエネルギーをすべて消耗してしまう

 Oさんが自身のバンに乗せて運ぶことを提案した。
後ろを空けて根の部分をバンに載せ、枝の部分は人が持って移動しよう
この案は正解で、徹底的に根の土を落とし軽くし、バンに載せるまでは苦労したが何とか運べるめどがついた。

 ところが3本運んで4本目になったとき思わぬ事態が持ち上がった。
目の前に10階建て程度のアパートがあるのだが、そこの住民からクレームをつけられた。
あんたら、一体何をしているんだ」カメラで証拠写真を撮っている。
どうやら日曜日に変な男が4人来て、木を盗んでいるのではないかと疑われたらしい。

UR都市機構から許可を得ている」と言うと、今度は「それなら日曜日に作業することは住民との協定で禁止されているはずだ」とさらに怖い顔で睨まれててしまった。

こりゃ、だめだ。今日は3本の移植だけで止めよう
5本を余して撤退したが、実はそれが正解だった。
今度はマテバシイを植える穴を掘るのに悪戦苦闘することになったからだ。地面をシャベルで掘ってみるとわかるが山の土といえどもなかなか掘れない。
上部は草の根がはびこっており、土の部分になると木の根が縦横に走っている。

 ほぼ直系1m、深さ70cm程度の穴を3つ掘るだけで、1日のすべてのエネルギーを放出してしまったようだ。
よく映画で死体を穴に埋めるシーンがあるが、実際は人を埋めるほどの穴を掘るのは大変なことなのだ」と認識した。

 この移植でほぼ2時間半程度かかったが、これほど木を植えなおす作業が大変なことだとは知らなかった。
作業が終わるとその日は一日中寝ていた。
さらに今日(21日)は足の裏に奇妙な痛さが残っている。台車に乗せて木を引っ張った時に足の裏側で踏ん張ったせいだが、いつもとは異なる筋肉痛に戸惑っている。

 

 

 

| | コメント (2)

(22.6.19) オオムラサキがおゆみ野の森に羽ばたく

250pxsasakia_charonda1
オスのオオムラサキ Wikipedia より。2枚目の写真はメス

 この20日おゆみ野の森の定期活動は「オオムラサキをおゆみ野の森」に放つ活動だ。
この取り組みを進めているのは森のメンバーのTさんと緑土木事務所の所長鈴木さんだが、鈴木さんは色々な森にオオムラサキを復活させようとの取り組みをしている。

 私はオオムラサキという蝶は名前こそ知っていたものの、どのような蝶かまったく知らなかった。
オスのオオムラサキはアゲハ蝶を一回り大きくした、青紫色の羽を持った美しい蝶で国蝶だという。
国蝶だったのか・・・・・」

 日本全国の雑木林に生息し、主としてえのきの葉を食べて幼虫は成長し、一方成虫はクヌギ等の樹液をすって生息していると言う。
しかし、このオオムラサキを見た記憶がないな・・・・・

 私の知っている蝶はアゲハ蝶もんしろ蝶もんき蝶で、これは子どもの頃故郷の八王子のあちこちで見かけた。
今でも覚えているが、小学生の時、京王線の廃止されていた線路跡をかけ抜けると、無数の蝶が一斉に私の周りを飛び交い、蝶の中に自分ひとりがいると言うような光景にであった。
ぼくと蝶が友達になって踊っている」そんな感覚にとらわれたものだ。。

注)当時は京王線が北野~高尾間が廃線になっていて、子どもたちの格好の遊び場になっていた

250pxsasakia_charonda1_3   しかしオオムラサキという蝶は知らない。Wikipediaで調べてみると、日本では最大の蝶でとても気が強く樹液を吸うときはスズメバチやカブトムシにも負けないで相手を蹴散らすと書いてあった。

 このオオムラサキを千葉で実際に育てている方は秋葉さんと言う方で、それをコーディネートしているのが緑土木事務所の所長の鈴木さんだと言う。

しかし、放てばおゆみ野の森にオオムラサキが生息できるのですかTさんに聞いてみた。
放つ蝶は交尾を終えて子どもを生んだ後の蝶だから、実際はその時だけに終わってしまうでしょう

そうするとじいさんとばあさんを放つと言うことか・・・
まあ、そんなものです。でも子どもたちに国蝶がどういうもので、どのような生息の仕方をするのか教えるのはとても有意義なことだと思います

 20日(日)の10時から鈴木さんと秋葉さんの話を聞いた後、オオムラサキをおゆみ野の森に放つ予定です。
お子さんの教育にはとってもいい試みですので、子どもを誘って是非おいでください。

地図等は以下のURLを参照してください。http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4c/40/fe68fc96542d0b4e08ae0fdbe0da556b.jpg

 

| | コメント (2)

(22.4.24) おゆみ野の森の船出

22419_002

 この4月18日の日曜日に、おゆみ野の森春祭りが行われた。例年だと地区のクチコミ紙などに開催の情報等を載せて、大々的に行ってきたのだが今回はそうした宣伝活動を一切しなかった。

 理由は従来と異なり、このおゆみ野の森の管理運営をすべて市民の手で行うことになったからである。
従来はUR都市機構とその子会社の新都市ライフに、人的にも、資材の提供でも、また資金援助についても相当部分を支援してもらっていた。

 昨年の春祭りに約300名の人員を集められたのもそのバックアップのおかげで、第一今回は無料でフランクフルトソーセージやピザを振舞う金にも不自由している。
市民の森になったんだ、身の丈にあったお祭りにしよう

 集まったのはこのおゆみ野の森を管理する常連のメンバーと何組かの家族連れで、総勢30名を少し上回る程度だった。
私も昨年やった「縄文式マラニック」をしないで済んで、ほっとしたりやや寂しさがあったりしたが、これが市民の森の実態なのだと思う。

22419_005

 こうした市民活動は意欲のある人があまり肩肘を張らずに楽しく行うのがコツで、一方決まりや規則でがんじがらめにして、「なんでお前は約束を守らない」なんて言い出すとすぐにその組織は崩壊してしまう。
もともとボランティアなのだから強制や指示命令や特別な思想で会を運営するのはご法度だ。

 会議などを頻繁に行うのも最悪で、会議の主催者は自分の流れに人を引き込もうとしてそれを行うので、参加してても馬鹿馬鹿しくなる。
自分ひとりでやってくれ

 私はもっぱらこの場所の草刈の責任を負っているのだが、草刈が楽しいからしているので、一方草刈について「この草は有用なので決して刈ってはいけない。ここは自然保護のメッカにする」なんていわれるとすっかり白けてしまう。

 各人が楽しくこの場所に集まって、それぞれの趣向で畑を作ったり、菜の花を植えたり、ウサギの糞を見つけたりしていればいいので、ゆるい規則の連帯こそが一番だ

22419_004

 幸いにこの会には個性豊かだがコモンセンスをわきまえた人が多く、シー・シェパードの闘士のような人がいないので助かる。
私は楽しく参加しているが、市民の森のように市民が一人一人の責任で管理運営するという試みは、これからの社会の一つの形態になる可能性が高い。

注)市町村に全面的におんぶする形態は資金的にも人的にも行き詰まりがあり、一方私のように定年退職者で時間的余裕がある人がますます増えボランティア要員は増えてくる

 さあ、そろそろ草木も伸びてきた。これからが本格的な草刈のシーズンだ。

なお、本件についてはこの森のインストラクターをして支えてくれていた斉藤さんが以下のブログで記載しています。
http://midorinochiba.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-bca9.html

 

| | コメント (0)

(22.3.25) おゆみ野の森が変わった

22322_008

 おゆみ野の森は一般の公園と異なり、市民が自主的に管理する公園なのだが、実際はUR都市機構の子会社、新都市ライフの担当者の方に多くの負担をかけて、ここ3年余り管理してきた。

 事務所も新都市ライフが借りていたプラットおゆみ野を使用し、草刈機等の資材もここでほとんどを管理していた。
資金についてもUR都市機構からの助成金でまかなってきていたので、市民として参加してきたメンバーが資金負担を依頼されたことはない。
この団体の催し物はなぜ参加費用が要らないのですか?」とよく聞かれたものだ。

 しかしこうした状況がこの4月1日より変わる。
新都市ライフおゆみ野の森の管理事業から撤退し、完全に市民が管理する森の公園に生まれ変わる。
プラットおゆみ野からも撤退するので事務所もなくなってしまう。

 昨年の12月から総会を開催したりして、規約の制定や資金計画等の作成、新役員の選定を行ってきた。
私も長い間このおゆみ野の森の活動に参画していたので、副会長として選任されて、今後1年間は副会長としてこの森の管理に携わることになっている。

22322_011
おゆみ野の森のよもぎ団子

 今までは私は草刈隊長と呼ばれ、もっぱら草刈だけをしてきたのだが、今後はそれだけで済みそうもない。
会員リストの管理や、メイリングリストの管理ブログの更新メンバーへのメール送信を担当することになった。

 実は私はココログの環境の中でブログを作成してきたのでココログであれば右から左の操作でできるのだが、おゆみ野の森のブログはgooを使用している。

 ココログgooでは同じブログでも操作方法がかなり異なり、戸惑うことが多いが新都市ライフFさん等に操作方法をならって、ようやく作成する手順が分かった。
ブログならなんとかなりそうだ」確信が持てた。

 次に問題になったのはgooによるメール送信だ。私はマイクロソフトのアウトルック・エクスプレスYahooメールしか使用したことがないので、またまた頭を抱えた。何か細部で微妙に違っており、間違って一斉送信すると大変なことになりそうだ。
ちょっとした相違なのだが、不安がよぎる。
メールは厄介だな」愚痴が出てきた。
今日(24日)、プラットおゆみ野に出かけて再度確認をとって、ようやくgooメールの特色も分かった。
よし、これで問題解決だ

22322_014

 今日は新都市ライフFさんと、Yさんがここおゆみの森の窓口になっているの担当者とUR都市機構の担当者に引継ぎの挨拶に連れて行ってくれた。会って見ると前に森で見知った人たちだったが、今までどのような立場の人か知らなかったのは不覚だ。

 今日はかなり強い雨が降っていたが会長をはじめ役員4人での挨拶回りを済ませたので、これからは責任を持って我々がこの森を管理することになる。

 

 

 

| | コメント (1)

(22.1.27) 草刈隊長奮闘記 おゆみ野の森

22126_009_2

 私が活動に参加している「おゆみ野の森」では、私は草刈隊長と呼ばれている。なにしろ草刈が好きでここおゆみ野の森の活動に参加したのだから、この名前は名誉だ。


 実はここは
市民緑地といって市民が管理運営する公園で、市町村が管理をする一般の公園と異なる。
今まではUR都市機構の子会社新都市ライフがこのおゆみ野の森をほとんど管理してくれていたのだが、この4月から完全に市民の手に委ねられることになっている。

 そのための準備としてほぼ1年間をかけて、管理の主体を新都市ライフから主としておゆみ野地区の住民に移してきた。
山崎さん、山崎さんは草刈隊長だから、草刈機作業者研修を受けてきてくれませんか。誰か一人は正式な草刈機の操作研修を受けた人がほしいのです新都市ライフUさんから頼まれてしまった。

22126_014_2 

 私はここおゆみ野の森草刈機(正式には刈払機という)の操作を覚えたのだが、見よう見まねで行っているだけで、何が安全で何が安全でないかまったく知らない。
それでも草を刈るには支障なかったのでちょっと面倒な気持ちもした。
どうしても行かなくてはいけませんか
市民が管理しているといっても、安全教育を受けた人がしているということが望ましいのです
仕方なく大網からさらにタクシーで15分程度行った、千葉県材木振興協会の研修を受けることにした。26日のことである。

 しかし結論から言うと研修を受けてよかったと思う。
私の操作方法はかなり危うく、一歩間違うと事故につながる可能性があることをはじめて知った。

 私は草刈機を操作するとき左右に約180度回転させて草を刈っていたが、これは特に問題があり危険だという。
実は草を刈る歯の場所は時計の針で9時から12時の間で刈り、しかも右利きならば12時から9時の方向一方通行で刈るのが正式な刈り方なのだそうだ。

もしそれを、12時から3時の歯まで使用すると、木の根っこや硬いものにあたった時に、キックバックが発生するのです」という。
このキックバックというのは草刈機を操作した人が一様に驚く草刈機の跳ね返りで、草刈機が真後ろの方向に非常なスピードで飛んでいくので危険なことこの上ない。
うわー」思わず声が出るほどだ。

注)肩掛けでとめているので、完全に飛んでいくわけではないが、イメージはそんな感じだ。

 そばに人が居れば確実に事故につながるような草刈機の突発的な動きだ
そうか、私は草刈機を往復運動で操作し、12時から3時の間の歯を使用していたため、キックバックが起こっていたのか」はじめて納得した。

22126_020

 午前中は「刈払機取扱作業者必携」という教科書での講習、午後は草刈機のメンテナンスの実習だった。
昔自動車教習所に通ったときに運転以外に整備の基礎を学んだが、メンテナンスはそれと同じような講習だった。

 空気吸入口のフィルターのゴミの清掃と、燃料吸入口のフィルターの清掃、それに歯を回す部分にグリースを塗る方法を習得した。
私は今まで草刈機の操作はしていたものの、整備などまったく知らなかったのでこれは勉強になった。
よし、これで俺も草刈隊長として自信を持っていい

注)整備さえしっかりと行っていればスタータは一発でかかるが、そうでないと何回スタータの紐を引っ張ってもかからない。

 一日がかりではあったが、振りかえって見れば有意義な研修だったといえる。

 

| | コメント (1)

(22.1.19) おゆみ野の森の餅つき大会

22118_020

 昨日(17日おゆみ野の森餅つき大会が開かれた。おゆみ野の森では毎月1回定例活動があるのだが、今回はその34回目の活動日だった。
定例活動ではジュンジュン姉さんがいつも張り切り、今回は餅つき大会ということもあって、餅つき用の臼と杵の確保に奔走していた。

 現在では農家でも餅つきは行われておらず、臼も杵も倉庫に放って置かれることが多い。昨年はおゆみ野の森のメンバー、オータム兄さんの実家から借りてきたが、実家は養老渓谷なので遠い。
何とか近場で臼と杵を調達できないだろうか
幸いにここおゆみ野周辺には昔ながらの農家が点在し、古民家苅田郷から大型の臼と杵を借りることができた。

 とても大きな臼で運ぶのに大人数人でようやくおゆみ野の森まで持ってくることができた。
しばらく使用していなかったので、表面が汚れておりまた乾燥していたりしていたので、これも数日前から水洗いをしたり、もちをつく場所に水を張ったりして準備に余念がなかったようだ。

 今回は持ちつき大会がメーンだったが、正月明けと言うこともあってベーゴマやコマ回しなどのイベントも行ない、子供たちはずいぶん楽しんでくれたみたいだ。
もっともベーゴマなどはそれなりの訓練がいるので、実際に回していた人はかつて子供だった人ばかりだった。

22118_012

 この森の活動ではインストラクターの斎藤さんがなにかと自然観察の指導をしてくれる。事前に森にやってきては定期活動のためのネタ探しに余念がない。この様子は斎藤さんのブログちば公園のベンチから(リンクが張ってあります)に詳しい。

 ここおゆみ野の森は市民緑地といって、市民が管理運営する公園で、一般の公園と異なる。
実際はUR都市機構の子会社新都市ライフがこのおゆみ野の森をほとんど管理してくれていたのだが、この4月から完全に市民の手に委ねられることになっている。

 そのための第1回総会が定例活動の後に開催された。私も実行委員の一人に選出されたのだが、この森の草刈と会員へのイベントの通知等が私の役割になった。

 今までは会員への通知は郵送で、かつ色刷りの立派なパンフレットを作っていたが、これも新都市ライフの職員やバイトの方がいたからできた作業で、市民ボランティアだけになればかなり手抜きが必要だ。

 できるだけ合理化した中での活動になるが、実際どのようにして運営していくかはこれからの試行錯誤になりそうだ。

22118_001

 市民緑地とはあまり聴きなれない言葉だが、実際はここ千葉市にも数箇所ある。公園といえばかつては市町村が自ら管理運営していたのだが、予算的にも人員的にも対応が難しくなっている。

 そのためボランティアで市民が率先して公園管理をすることが期待されており、ここおゆみ野の森にもそうした人たちが約50名登録されている。
市民参加の一形態で、街も公園も自分たちで守り育てる時代が来たと言うことだ。
こうした市民の取り組みは今後の日本社会の大きな動きの一つになるのだろう。

 市民も行政に対する文句ばかり言っていても始まらないので、自分で行政サービスの一環を担うことが必要になってきており、ボランティアの時代と呼ばれる社会に変わってきたのだと思う。

注)一般に「税金を払っているから行政サービスは当然だ」と言う人がいるがそれは間違いだ。現在国家予算の税金割合は50%を切っており、残りは国債で財政がまかなわれている(市町村も同じようなもの)。
だからボランティアでの市民参加は、この借金割合を少しでも縮小するのに役立つことになる。

 

| | コメント (0)

(21.11.17) おゆみ野の森の秋祭り

211116_017_2

 おゆみ野の森秋祭りが昨日(15日)開催された。毎年春と秋の2回大きなイベントをここおゆみ野の森で開催していて、私も実行委員の一人としてそのうちのマラニックを担当している。

 マラニックとはマラソンとピクニックの合成語で、楽しく森を走ろうという趣旨で、せっかくの森だから森の中を駆け巡ってもらおうという意味だ。

 一周約500mのコースをこの森に作ることができるので、大人の男性は3周1500m、大人の女性には1000m、子供たちは年齢に応じて適度に走ってもらっている。
しかし実際やってみると小学校の上級生クラス3周をらくらくと走ってしまい、大人顔負けだ。

211116_040_2

211116_033

 森の中を走ってもらうため、先週の土曜日に草刈隊のメンバーでコースの下草刈りをしておいた。それでも10cm程度の絨毯のような草が残っているので、走ってみるとふわふわする。

 今回もちはら台走友会四季の道ランナーズのメンバーに手伝ってもらった。ここおゆみ野の森は縄文時代の貝塚が残されているので、メンバーは全員縄文時代人の服装をして走ることになっている。
だんだんとこの服装がこのおゆみ野の森に定着したみたいだ。

211116_002_3

 マラニック以外に森のインストラクター斎藤さんの森の説明や、斎藤さんが懸命に手作りした輪投げや森のパチンコも用意された。
この輪投げ用の輪やパチンコは斎藤さんが自分のヨットの作業場で手作りしたもので、以下のブログを読むと苦労のあとがしのばれる。
http://midorinochiba.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-4136.html
http://midorinochiba.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-bf83.html

211116_073_2

 森では毎回森の演奏会が開催される。今回はハッピーベルというベルの演奏会だった。一つのベルが1つの音を出すので、演奏者はすばやくベルを持ち替えなければならず、なかなかスピードがいる。
感心してみてしまった。

211116_054_2

 今回の参集者は約200名で、前回の春祭りのときよりは少なかったが、実行委員は懸命におゆみ野の森でとれたひらたけでスープを作ったり、フランクフルトソーセージピザを作ったものだ。

211116_066_2

 みんなには楽しんでもらったものの、大きなお祭りは今回が最後になるかもしれない。今までは新都市ライフのメンバーが資金的にも人材的にも全面的にバックアップしてくれていたが、来年からは市民だけの催し物になる。

 実行委員のジュンジュン姉さんが、「来年からはできる範囲内ですることになるのね」としみじみと言っていたが、規模を縮小して開催することになるのだろう。

| | コメント (1)

その他のカテゴリー

NHK クローズアップ現代 | NHK 世界のドキュメンタリー | NHK 花のあとさき | NHK プロジェクト ウィズダム | NHK 追跡 A to Z | NHKスペシャル 日本列島 | NHKスペシャル 灼熱アジア | おゆみ野 守り人 | おゆみ野 恐喝事件 | おゆみ野の森 | システム | システム ウィキリークス | システム パソコン | システム パソコン Dell | システム パソコン ウィニー | システム パソコン グリーティングカード | システム 携帯電話・スマートファン | シナリオ ぼくが生きた時 | シナリオ 忠助 | スポーツ | スポーツ サッカー | スポーツ 大相撲 | スポーツ 柔道 | テレビ | ビデオ | ブログ | ブログ 光回線 | ボランティア | ボランティア おゆみ野の森 | ボランティア おゆみ野守り人 | ボランティア つつじの再生(小谷小学校) | ボランティア クリーンクラブ | ボランティア クリーンクラブ ペンキ塗り | ボランティア ケヤキ剪定問題 | ボランティア ムクドリの研究 | ボランティア 剪定・植栽 | ボランティア 地域の行事 | ボランティア 地域の行事 蛍 | マラソン | マラソン ちはら台走友会 | マラソン 四季の道駅伝大会 | マラソン 御園生さん | リメイク版 | 個人生活 ワンちゃん | 個人生活 会社 | 個人生活 住民運動 | 個人生活 健康 | 個人生活 健康 坐骨神経痛 | 個人生活 健康 難聴 | 個人生活 写真の編集 | 個人生活 写真集 | 個人生活 友達 | 個人生活 友達 ヨット | 個人生活 失敗記 | 個人生活 学校 | 個人生活 家庭 | 個人生活 散策 | 個人生活 散策 村田川 | 個人生活 数学 | 個人生活 文学 企画のたまご屋さん | 個人生活 文学入門 | 個人生活 朗読 | 地域活動 有吉中学校 | 地域活動 有吉日枝神社 | 旅行 サンチャゴ巡礼 | 旅行 勝浦ビッグ雛祭り | 旅行 蝦夷地探訪記 | 歌詞 | 歴史 | 歴史 世界史 | 歴史 古代史 | 泉谷中学 | 物語 | 登山 | 盗難自転車情報 | 目標 | 自分史 | 自転車 | 花牟礼祐一さん | 苅田郷 | 評論 | 評論 Google | 評論 アフリカ | 評論 アフリカ アラブの春 | 評論 アメリカ政治 | 評論 アメリカ経済 | 評論 アメリカ経済 自動車 | 評論 イオンおゆみ野SC | 評論 インド | 評論 オーストラリア経済 | 評論 タイの政治・経済 | 評論 マルチ商法 | 評論 ユニクロ | 評論 ヨーロッパ経済 | 評論 ヨーロッパ経済 アイルランド | 評論 ヨーロッパ経済 イギリス | 評論 ヨーロッパ経済 ギリシャ | 評論 ヨーロッパ経済 フランス | 評論 ヨーロッパ経済 ポルトガル | 評論 ロシア関連 | 評論 世界経済 | 評論 世界経済 TPP | 評論 世界経済 インフレ | 評論 世界経済 石油問題 | 評論 中国問題 | 評論 中国問題 尖閣諸島問題 | 評論 中国問題 毒入り餃子事件 | 評論 中国問題 経済 | 評論 予想 | 評論 京都大学不正入試事件 | 評論 北朝鮮問題 | 評論 反捕鯨運動について | 評論 口蹄疫 | 評論 地方自治 | 評論 地方自治 千葉市 | 評論 地方自治 千葉県 | 評論 地方自治 名古屋市 | 評論 地球温暖化対策 | 評論 大前研一 | 評論 教員採用試験汚職問題 | 評論 新銀行東京 | 評論 日本の政治・経済  八ツ場ダム | 評論 日本の政治・経済 JAL問題 | 評論 日本の政治・経済 トヨタ自動車 | 評論 日本の政治・経済 ネガティブキャンペーン | 評論 日本の政治・経済 円高・デフレ | 評論 日本の政治・経済 国債 | 評論 日本の政治・経済 国家破綻 | 評論 日本の政治・経済 地方空港 | 評論 日本の政治・経済 密約文書 | 評論 日本の政治・経済 日本の金融危機 | 評論 日本の政治・経済 普天間基地 | 評論 日本の政治・経済 村木厚子氏事件 | 評論 日本の政治・経済 消費者金融 | 評論 日本の政治・経済 福田内閣 | 評論 日本の政治・経済 菅内閣 | 評論 日本の政治・経済 農業 | 評論 日本の政治・経済 郵政民営化 | 評論 日本の政治・経済 鉄鋼業界 | 評論 日本の政治・経済 鳩山内閣 | 評論 日本の政治・経済 | 評論 日本の科学技術 | 評論 映画 | 評論 東京オリンピック | 評論 水問題 | 評論 異常気象 | 評論 石油・ガス | 評論 確定申告 | 評論 金融恐慌 | 評論 防犯 | 評論 電池自動車 | 評論 韓国経済 | 評論 食料問題 | 評論 高齢者問題 | 趣味その他 | 趣味その他 演歌 | 里山 | 陸ガメ | NHK たった一人の反乱 | NHKスペシャル