« (22.12.2) ウィキリークス情報漏洩の波紋 | トップページ | (22.12.4) 独裁国家はなぜ永続するのか? 北朝鮮の事例 »

(22.12.3)  NHKスペシャル 灼熱アジア 中東 砂漠の富の争奪戦

22122_002

 しばらく前にビデオに撮っておいたNHKスペシャル 「灼熱アジア 中東 砂漠の富の争奪戦」を見直してみた。
今回のシリーズは中東、UAE首長国の一つアブダビと同じく中東のカタールにスポットを当てて、脱石油戦略をどのように行っているか放映していた。

 UAEのアブダビはUAEの石油生産のほぼ90%を占め、毎年10兆円規模の石油収入が入ってくる金持ち国で、昨年のドバイUAE首長国の一つ)の金融危機の時に資金援助をしてドバイを救ったり、シティ・グループが倒産寸前に追い込まれた時に救済に乗り出した国である。

 金は有余るほどあり、ここのアブダビ投資庁約90兆円の資金を運用しているといわれている。
今までは中東の石油諸国といえば石油代金が湯水のように入っていたので、ただただ浪費に金を費やして、挙句の果てはドバイショックのように需要に見合わない建設ばかりしていると思っていた。

 しかしこの番組はそうした中東諸国の常識を覆す内容であり、特にアブダビのエネルギー特使、スルタン・ジャベル氏の動きには注目すべきものがあった。

22122_006
(
アスダールシティの将来像

 ジャベル氏は近い将来石油の時代が終わり、次はクリーンエネルギーの時代が来ると予見し、そのための実験都市アスダールシティ約2兆円をかけて建設し、ここに世界中のクリーンエネルギー産業を誘致する計画を立てていた。

 かつてのシリコンバレーのクリーンエネルギー版のイメージで、この都市では風力や太陽光のクリーンエネルギー以外は使用せず、自動車はすべてドイツ製の電機自動車を使用する計画になっていた。
すでにフランスのトタル社と組んで世界最大級100メガワット太陽光発電装置が稼動しつつあった。

 ドイツはヨーロッパの誇る環境先進国だが、近年ヨーロッパは経済が失速したため、有余る環境企業の生産力をもっぱらアブダビのような新興国に振り向けている。
映像ではメルケル首相がじきじきにここマスダールシティに訪問してトップセールスをしていた。

 ジャベル氏の思惑は環境大国ドイツ等の技術導入をはかり、マスダールを世界最先端の環境都市にしてそこで技術を磨き、ゆくゆくは世界最先端の環境技術輸出立国にすることだという。

 ジャベル氏の行動は非常に積極的で、IRENAアイリーナ)というクリーンエネルギー国際組織の本部をアブダビに誘致したり、クリーンエネルギー閣僚級会議ではその世界標準をめぐってアメリカと火花を散らしていた。
かつて石油メジャーに牛耳られた中東の苦い経験から、今度はクリーンエネルギーの分野でキープレーヤーになるとの意気込み感じられた。

22122_013
カタールのLNGプラント

 もう一つの事例のカタールの事例は日本と直接にかかわりがある。
かつてカタールのLNGは日本企業とカタール政府の共同開発で推し進めた経緯がある。
当時は日本企業の意向がすべてを決していたほど企業の地位は高かったが、それが現在は逆転してカタール政府の意向が強く反映するようになっていた。

注)LNGとは天然ガスをマイナス162度で冷やし、体積を600分の1の液体に変えたもの。

 このカタールで世界最大規模のLNGプラントの建設がされており、その建設の設計・建設・監督を千代田化工が請け負っていたものの、水と電気を供給するユーティリティーと呼ばれる施設はフランスのテクニップ社が請け負っていた。
かつては日本企業がすべてを受注していたが、今はジョイント・ベンチャー方式を採られている。

 映像では本体のトレインという部分は千代田化工がスケジュール通り建設を進めたのに、フランスが建設しているユーティリティー部分のスケジュールが大幅に遅れ、それの調整に千代田化工の井川マネージャーが苦慮している場面が映し出されていた。

 カタールのカタールガスはプロジェクトの遅れを一切認めず、一方フランス企業のユーティリティーからの電力が供給されない中で、どのようにしてガスタービンを試運転させるかが問題になっていた。
井川マネージャーは緊急用の電源を使用して試運転することにし、カタールガスが雇った外国人技術者の反対を押し切って試運転を行い、薄氷を踏む思いでそれに成功していたのがとても印象的だった。

 カタールがLNGの増産に賭けているのは、石油に代わる次世代エネルギーの本命がこのLNGかアメリカが開発に成功したシェールガスのどちらになるか厳しい競争にさらされているためである。
安く早く増産したほうが勝ちで、そのためにカタールはプラントの遅れを認めない。

 またカタールは新ガス田の開発にも熱心で、それを中国のペトロチャイナに開発権を与えたが、このガス田の供給先として中国を想定しているからだ。

注)シェールガスとは天然ガスと同じ成分だが、岩石中に含まれているガス。いづれも圧縮してLNGに転換できる。

22122_012

 かつてはLNGの最大の需要国だったアメリカはシェールガスの開発に成功してLNGの輸入国から輸出国に転じようとしている。
また日本は国内需要が伸びずカタールが開発したLNGの供給先にならない。
一方中国は石炭と石油のエネルギーからLNGに急速にシフトしようとしているため、カタールガスの最大の供給先になる可能性が高い。

 千代田化工としてもいつまでもこのカタールでプラントの建設をできるかどうか懸念しており、特に中国の動きには敏感になっていた。

 今回の映像ではUAEのアブダビ20年後はエネルギーの40%がクリーンエネルギーになるとの想定で、環境技術輸出立国を目指しており、一方カタールは石油に代わる当面のクリーンエネルギーとしてLNGの市場を押さえようとしていた。

注)LNGは石油や石炭に比較してCO2の排出量が少ない。

 その他にサウジアラビアやバーレーンやモロッコの太陽光発電の事例もあったが、私の正直な印象はこのアブダビとカタールの動きが本命で、その他はアブダビ等の動きを見てまねているという段階に見えた。

 果たしてアブダビが環境技術大国の一員になれるだろうか。また千代田化工はLNGのプラントの受注を続けられるだろうか。
とても興味ある番組になっていた。

 

 

 
 

 

|

« (22.12.2) ウィキリークス情報漏洩の波紋 | トップページ | (22.12.4) 独裁国家はなぜ永続するのか? 北朝鮮の事例 »

NHKスペシャル 灼熱アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (22.12.2) ウィキリークス情報漏洩の波紋 | トップページ | (22.12.4) 独裁国家はなぜ永続するのか? 北朝鮮の事例 »