« (22.11.13) おゆみ野夏の道と夏の道公園を歩く会が開催された | トップページ | (22.11.15) 50万件アクセス記念  ぼくはブロガーになった »

(22.11.14) NHKクロ-ズアップ現代 「放射性物質 トリウム 最前線」

221112_010

 時代の流れが速いのだろうか、最近は私が知らないことばかりが発生する。
NHKのクローズアップ現代レアアースにかかる番組が放送されると聴いて見てみたが、表題が「放射性物質 トリウム 最前線」となっていたのには驚いた。
これはレアアースの番組だろう。トリウムってなんだい

 私はまったく始めて知ったのだが、レアアースを採掘すると同時に放射性物質トリウムがレアアース鉱石とくっついて採取されるのだと言う。
トリウムはウランやプルトニウムと同じ放射性物質だが、性質が異なり自力で核分裂しない安定した放射性物質だという。

 このトリウムが発生させる放射能は通常は人体に影響がないが、レアアースの採掘をすればするほどトリウムがたまってしまうので、その処理を適切にしないと環境破壊につながると言う。

 私は今までなぜレアアースが中国でのみ生産されているのかの理由が分からなかったが、他国はこのトリウムの処理に手を焼いてレアアース生産から撤退してしまったのだそうだ。
一方中国はまったくこのトリウムを放置していたので、この鉱山周辺の環境はひどく放射能に汚染されだして、無視できない状況になりつつあるという。
中国版足尾銅山事件だ。

注)環境問題を無視して生産すれば世界でもっとも安価なレアアースが生産できるのは当然だ。

221112_002

 温家宝首相が「環境破壊を防ぐためにレアアースの生産を縮小している」といっていたのはすべてが嘘ではないらしい。
もっとも中国はまともに環境問題を考えるような国でないから、もっぱら戦略的にレアアースの環境問題を使用しているのだが、それにしてもトリウム問題があるとは知らなかった。

 この汚染物質のトリウムを世界各国では資源として使用しようとしており、主として原子力発電の燃料に使えないかとの研究が進んでいる。
ドイツではプルトニウムとトリウムを混合した原子力燃料の実験が行われており、一方アメリカではウランとトリウムを混合した原子力燃料の実験が行われていた。

 問題はトリウム用に開発された原子炉がないことで、今後実用化できるまではかなりの年月がかかりそうだった。
中国以外の鉱山でレアアースを生産するためには、中国との価格競争に勝つために同時に産出するトリウムを何とかして資源化して使用する他に手はない。

注)他国は中国と異なりトリウムを危険でない状態に処理をするのでコストで中国にかなわない。

 温暖化ガスの排出を抑えるためにエコカーの生産を強めればレアアースが必要になり、その結果トリウムが環境破壊をもたらすとは何とも皮肉だが、人類はこの難問を解決しなければならないだろう。

|

« (22.11.13) おゆみ野夏の道と夏の道公園を歩く会が開催された | トップページ | (22.11.15) 50万件アクセス記念  ぼくはブロガーになった »

評論 中国問題 経済」カテゴリの記事

コメント

四万十市の田中全です。
御無沙汰をしております。
おととい上京をしたさい、Tさんに何年ぶりかでお会いをし、このブログを紹介されました。
当市では、毎年10月、四万十川ウルトラマラソン(100キロ、60キロ)を行っています。
東のサロマ、西の四万十、といわれています。
申込4000、抽選で2000人走れます。
年々、増えています。
市のホームページをごらんください。
鉄人の参加をお待ちしています。

(山崎)お元気で活躍されておられ何よりです。いつか機会があれば四万十川に挑戦いたします。

投稿: 田中全  | 2010年11月14日 (日) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (22.11.13) おゆみ野夏の道と夏の道公園を歩く会が開催された | トップページ | (22.11.15) 50万件アクセス記念  ぼくはブロガーになった »