« (22.5.3) 我が家の事業仕分け | トップページ | (22.5.5) ケヤキの剪定問題について、おゆみ野の森の専門家 佐々木さんより回答をいただきました。提言その1 »

(22.5.4) ちはら台走友会の葉山合宿

2252_059

 ちはら台走友会葉山合宿が5月1日、2日の両日にかけて葉山で行われた。私は1日の午前中に用事があり、その日の夕刻から合宿に参加したのだが、葉山という街を訪れたのは今回がはじめてだった。

 天皇の葉山の御陵邸や吉田元首相の別邸があったので有名な場所だが、地理的な位置はまったく知らない。
葉山って一体どこにあるんだ

 地図をながめて見ると、葉山町は逗子市と横須賀市に挟まれた三浦半島の付け根で相模湾に面している
「なるほど、明治時代はこのあたりが別荘地として最適だったのか・・・


 ここ葉山町で合宿することになったのは、メンバーのMさんの会社の寮がここにあったからである。Mさんがすべての手配をしてくれた。

2252_002

 葉山は昔からの別荘地だけあって企業の寮が多い。しかもこの会社の寮はありがたいことに関係者以外にも開放してくれていて、私のようなまったく関係にない人も泊めてくれる。
総勢10名の合宿になった。

 初日は葉山寮から逗子の海岸を通り、鎌倉の由比ガ浜・七里ガ浜を通って江ノ島まで行き、帰りは江ノ電で引き返したそうだ。
江ノ電ってこんなに混む電車だったのだろうか」メンバーの一人がそう言っていたが連休でことのほか鎌倉は混んだみたいだ。

 私は残念なことに由比ガ浜も七里ガ浜も走ることができなかった。小学校の臨海学校が七里ガ浜だったこともあり、鎌倉の浜辺は好きな場所なのだが残念だ。

2252_037

   当日の寮の食事は飛び切り立派なもので、あまりにおいしく普段の数倍の量を腹に詰め込んでしまった。
そういえば私が勤務していた会社の保養所もそうだったが、こうした寮の食事の立派さは目を見張る。それを市価の数分の一の低価格で食することができるのだからありがたいことだ。
Mさんに感謝した。

2252_078_2

 翌日は葉山の裏山のマラニックを行うことになった。海に面して200m足らずの丘が迫っている。そこにハイキングコースが設定されていた。高さも距離もたいしたことはなかったのだが、思いの他急坂が続き、気持ちの良い汗をかくことができた。

 はじめての経験だったが三浦半島の相模湾側は風光明媚な印象で、もし空気が澄んでいれば伊豆半島の山々や富士山が見えるのだという。
裏山から見た葉山の海はヨットやウィンドサーフィンのメッカのように見えた。
そういえば石原裕次郎がヨットに乗っていたのもこの葉山の海だった。

2252_013

なお、この合宿を企画してくれたMさんが走友会のグループメールに感想文を記載していましたので一部抜粋して掲載します。

今回の企画、予想以上の感動多く貰いました。
これも皆が楽しもうと言う、気持ちが前面に出してくれた結果と思っています。
それに雲ひとつ風も無い最高のコンデション、素晴らしい海・山・人
何回か江ノ島へ行っていますが、この道是非皆と走りたいなーと常々思っていました。
夢が叶えて最高でした。ありがとう!!!
生シラス丼を食べた3階の景色、サザエ・アジのたたきで飲んだベランダからの湘南の海、それを引き立たせる食材とビール
感動の1日目
2日目は人との出会い、心の温かさをたっぷりと感じた旅でした。
沢山の出会いが出来、走った思い出が隅の方に行ってしまった合宿でした。
仙元山ハイキング企画したくれたマユさん良かったですよ!!!
マッスルありがとう。美酒たっぷりと頂きました。ありがとう
みんなの笑顔が幹事をして一番嬉しかったです。

マユさんのブログも掲載します。
http://myoume.air-nifty.com/pocky/2010/05/post-445e.html

 

|

« (22.5.3) 我が家の事業仕分け | トップページ | (22.5.5) ケヤキの剪定問題について、おゆみ野の森の専門家 佐々木さんより回答をいただきました。提言その1 »

マラソン ちはら台走友会」カテゴリの記事

コメント

自分の息子が運転する電車、新幹線ではなくゴトゴト走る小さな電車に乗ったなら、どんな気持ちでしょう。山崎さん、息子が運転手デビューしたら、是非一緒に江ノ電に乗りに行きましょう。藤沢と鎌倉の間を何度も往復してしまいそうです。

(山崎)約束します。

投稿: TADA | 2010年5月 4日 (火) 18時49分

我が家の長男が、この春江ノ電に就職しました。夢の電車運転手へと、社会に一歩踏み出しました。わずか10kmの私鉄ですが、地域に愛されている鉄道です。現在は研修中、鎌倉駅のハトサブレ売り、デパートや喫茶店の店員などいろいろな職場を回っているとのこと。6月中旬から駅勤務の予定。運転手の技能訓練は3年以上先。「健闘を祈る!」といった感じです。貴兄の本日のブログ、思いもよらず身近に嬉しく拝読しました。ありがとうございました。

(山崎)夢の電車の運転手になられたら、一度TADAさんと乗りに行きましょう。こうした観光客向けの電車はみんなのアイドルになるものです。

投稿: TADA | 2010年5月 4日 (火) 07時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (22.5.3) 我が家の事業仕分け | トップページ | (22.5.5) ケヤキの剪定問題について、おゆみ野の森の専門家 佐々木さんより回答をいただきました。提言その1 »