« (22.3.22) 海の男になった | トップページ | (22.3.24) オバマ大統領の苦い勝利 医療保険制度改革 »

(22.3.23) 四季の道ランナーズとちはら台走友会との合同ジョグ

22320_021
(合同ジョグの参加者

 22日は快晴で、気温はやや低めであり絶好のJOG日和になった。
この日、四季の道ランナーズちはら台走友会との合同ジョグが行われた。

 四季の道ランナーズ四季の道駅伝をサポートしたおゆみ野周辺に住んでいるランナーが昨年立ち上げたランニングクラブで、現在は会員は5名だという。

 今年はじめてここおゆみ野ランニング大会を開催することにしたが、私も所属しているちはら台走友会にも声がかかった。
合同で大会を開催してみませんか

22322_009

 四季の道ランナーズの世話役のAさんが、地域新聞等に大会の開催を掲示して呼びかけたら、うれしいことに20名程度のランナーが集まった。
Aさんの当初の計画では調節池の周囲1.1km周回コースで大会を開催する計画だったが、この場所を管理している団体からクレームがついたため、急遽四季の道1周コースおゆみ野・ちはら台周回コースの2コースで大会を開催することになった。

 四季の道一周約6.5kmおゆみ野・ちはら台周回コース約14kmである。
このおゆみ野・ちはら台周回コースは私の好きなコースだ。
四季の道からちはら台のかずさの道に入り、京成ちはら台駅を越すと、田園風景が広がる。

 農家や田んぼの中をしばらく走ると、この地域の水源で江戸時代は水争いがたえなかった小川が現れ、その横をこげ茶色に舗装した遊歩道が現れる。
私はここを川横の道(ピンクロードと呼ぶ人もいると呼んでいるが、その道を下っていくとおおど池公園にぶつかり、そこからまた四季の道に戻ることができる。

22322_025

 今日はちはら台走友会のメンバーで最近めきめきスピードが付いてきたO姉さんと一緒に走ったが、かなりあおられてしまった。
O姉さんははじめてのコースだったので、「ここからおゆみ野に戻れるのですか」とやや不思議そうに聞いていた。
始めてだととても周回コースには見えない。

 ちはら台走友会Y会長1kmを5分のペースで先導してくれたのだが、私にはややきつかった。
うぅーん、あごがあがる。キロ5分できついのか
併走していたO姉さんは余裕含みだったので、この程度であごがあがっては先が思いやられる。

 しかし今日は合同ジョグをして良かったと思う。四季の道ランナーズちはら台走友会の親睦にもなったし、今回はじめて知ったおゆみ野に住むランナーとも面識になった。

22322_031

 菩薩姉さんも大張り切りで、ボランティアでエイドのサポートをしてくれた。
この地域のランナーがこうしてだんだんと集まって、地域の活性化のために協力して盛り上げることができそうだ。
特に四季の道からかずさの道にかけては、日本有数の遊歩道なのだから、このコースを使って四季の道ランナーズちはら台走友会が大会を呼びかけたらずいぶん多くのランナーが集まるのではなかろうか。

 今度Y会長に提案して、今回の合同ジョグを一回り大きくした大会にしてみたら、きっとすばらしい大会が企画できるような気がする。

|

« (22.3.22) 海の男になった | トップページ | (22.3.24) オバマ大統領の苦い勝利 医療保険制度改革 »

マラソン ちはら台走友会」カテゴリの記事

コメント

今日はちはら台走友会の皆様に大勢、文字通り駆けつけてきていただいてありがとうございました。予想外の大盛況で正直驚きました。関係者以外一人も来てくれなかったらどうしようと、眠れない夜(?)を過ごしていました。これからもより多くのランナーが結集して、地域の活性化に貢献できたらと思います。
市は違うといえ隣町通しのよしみで、共同で大きな企画をやってみたいですね。

投稿: ユミパパ | 2010年3月23日 (火) 19時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (22.3.22) 海の男になった | トップページ | (22.3.24) オバマ大統領の苦い勝利 医療保険制度改革 »