« (22.3.16) 大西洋クロマグロが消える日 | トップページ | (22.3.18) なぜ金融政策は効果がないか  新型オペと日銀の苦悩  »

(22.3.17) 民主もダメ、自民もダメ、いったいどうすりゃいいんだ!!

Dscf7351

 昨年の9月、国民の圧倒的支持を得て発足した鳩山政権は半年で完全なダッチロールを繰り返し、御巣鷹山に墜落しようとしている。
当初こそ鳩山総理の言う「友愛」に好意的だったものの、「友愛とは不決断のことだ」と分かってからは鳩山総理の人気は急落した。

 予算編成では国民新党亀井金融・郵政担当相に鼻づらを引きまわされて、亀井内閣かと思ってしまったが、一方普天間基地移設問題では何も解決することができず、各閣僚が好き勝手な候補地を言い合っているにすぎない。
鳩山総理は「すべて白紙の状態で考えている」と平然と言っているが、誰が見ても何も考えておらず、ただ決断できないだけだと見抜かれている。

 歴代総理の中でこれほど意思決定能力の無い人は珍しい。戦前の近衛文麿氏がかろうじて鳩山総理の友達なだけだ。

Dscf7344

 この鳩山総理に輪をかけてひどいのが岡田外相で、自分が内閣の一員であることを忘れて、普天間基地の嘉手納基地への移設を(鳩山総理と相談することなく)、クリントン長官とサシで話し合いをしようとしたり、政治的配慮をすることなく「アメリカとの密約を暴いた」といって一人ではしゃいでいる。

 おかげで日米間の信頼は地に落ちてしまい、トヨタ自動車は政府間の反目のためにアメリカでいけにえにされている。

 岡田外相が言うように、「アメリカが事前協議なしに日本に核を持ち込んでいる」のは事実だが、それは今でも継続していることだ
だからこれは自民党政権だけの話ではなく鳩山政権の問題でもあるのに、鳩山総理は「非核3原則を堅持する」と他人事だ。

 本来なら日米同盟崩壊の危機を深めるこの岡田外相の「火遊び」をすぐに止めさせなくてはいけない。しかし鳩山総理の友愛内閣は各閣僚が勝って気ままに何をしても止める人がいない。

 それに加えて小沢幹事長、鳩山総理、輿石民主党参議院代表の政治と金の問題が明るみに出れば、人気が低落しないほうがおかしい。

Dscf7350

 本来ならこうした場合、野党第一党の自民党が政権奪取の好機と狙いを定めるはずなのだが、こちらは民主党に輪をかけて内部分裂が激しい。
ついに昨日(15日)、鳩山総理の弟の鳩山邦夫元総務相が自民党を離党した。

 このほかにも与謝野前財務相舛添前厚労省が新党結成に動き出しており、とても政権を狙う体制ではない。
もともと国民が自民党にNOを言い渡したのは、無駄な地方空港道路ダム漁港を作りすぎ、建設業以外の産業を無視して日本経済の活力を失わせた罪が大きすぎたからだから、おいそれと自民党を支持するわけが無い。

 国民は思い余って、まだ海の物とも山の物とも分からない「みんなの党」を支持し始めた。
民主党や自民党よりましだろう」そんな感覚だ。

 この5月の参議院選挙では当初は民主党が圧勝する勢いだったが、月を追って民主党の支持率は低下してとても過半数に届きそうも無い。
一方自民党も分裂選挙だから政権奪取など夢のまた夢だ。

Dscf7348

 人気NO1みんなの党が今度はキャスティングボートを握って、政界再編になだれ込むというのがありそうなシナリオだ。
おそらく、民主党は社民党や国民新党との連立を解消して、新たに登場する自民党改革派みんなの党との連立政権になる可能性が高い。

 そのときは鳩山総理は自らの意思決定能力の欠如を恥じ「分は総理の器ではなかった」と潔く退陣するのが日本国民に対する最大のプレゼントになるだろう。

 

|

« (22.3.16) 大西洋クロマグロが消える日 | トップページ | (22.3.18) なぜ金融政策は効果がないか  新型オペと日銀の苦悩  »

評論 日本の政治・経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (22.3.16) 大西洋クロマグロが消える日 | トップページ | (22.3.18) なぜ金融政策は効果がないか  新型オペと日銀の苦悩  »