« (22.3.10) 24時間走でクタクタだ | トップページ | (22.3.12) 岡田外相の幼児外交と民主党の将来 »

(22.3.11) 撤退戦の研究 茨城空港の事例

22310_015

 日本人が最も苦手とする戦略の一つに撤退戦がある。戦況が厳しくなって敗北が明らかになればすぐさま撤退して、戦線が整えられる場所まで後退する戦略だが、ほとんどの場合失敗している。

 特に太平洋戦争で日本軍が多用した「万歳突撃」は最悪で、敗北が分かると撤退するのではなく「天皇陛下万歳」と叫んでアメリカ軍の機銃掃射の餌食になった。
当時アメリカ軍はこれをかも撃ちと称して楽しんだという。

 日本政府が特別会計で日本国中に作りまくった地方空港も最悪の事例で、開港を迎える当初からいくら赤字になるか悩まされている。
この3月11日に茨城県で茨城空港が開港するが、当初のでっち上げ計画、年間81万人の利用計画には遠く及ばない20万人の計画で開港することになった。

注)でっち上げは常態化しており国土交通省の発表では約9割の地方空港が需要予測を下回っている。

 しかし実際はこの20万人過大計画といえる。
現在、アシアナ航空ソウル便スカイマーク神戸便毎日1便就航して、年間20万人の利用客があると試算しているのだが、アシアナ航空側の見積もりは約8万人に過ぎない。
スカイマークが同じく1便で残りの12万人を運ぶとは思われず、実際は4万人も乗れば御の字のはずだ。

注)廃港が危ぶまれている松本空港の例で見ると、3路線(札幌・大阪・福岡)の地方便を持っているが、08年の搭乗者は6万人だった。

22310_009

 この20万人を基礎に県空港対策課は当年度は2000万円の赤字と試算している。しかし実際は億単位の赤字になり、それも時間の経過に伴って拡大していくと私は見ている。

 県空港対策課の試算を見ると、空港会社の収入・支出ともほぼ4億円を計上している。支出の4億円は確かだとしても、収入の4億円はありえない。
収入の太宗は航空会社からの賃貸料約2億3社が入ると想定)だが、実際はアシアナ航空1社で、スカイマークはすでに事務所の開設を断ってきている。したがってこの段階ですでに1億円以上の収入不足が発生していることになる。

注)空港会社の収入は ①着陸料や施設使用料の航空系収入と ②免税店・物品販売・飲食店・駐車場等の非航空系収入からなる。
空港会社の経営が成り立つためには非航空系収入を増加させ、一方で着陸料を値下げして多くの航空会社を呼び込むのが最も効果のある戦略といわれている。

 茨城空港は着陸料が成田や羽田の3割も安く、最初からあまり期待できない。
また非航空系収入はそもそも乗客が20万人以下81万人を想定に8ブーツが用意されている)では飲食店もグッズ売り場も経営が 成り立たない。

22310_003_2

 当初茨城空港に出店を予定していた飲食店すぎのや売店亀印製菓もすっかり逃げ腰になり、県の懸命な説得と賃貸料の引下げでかろうじて出店が決まった。
なぜ赤字とわかって出店しなければならないんだ。わが社の経営問題だ」大ブーイングだ。

注)現在8ブーツあるが、レンタカー、コインロッカー、宅配便、それにすぎのやと亀印製菓が赤字覚悟で出店することになったものの、空き店舗がある

 着陸料はディスカウント、スカイマークからは事務所開設を逃げられ、飲食店や売店もテナント料の引下げでかろうじて留めている茨城空港の収入が4億円であるはずがなく、せいぜい2億円赤字幅は約2億程度というのが私の想定だ。

 日本人は実に撤退戦が下手だ。当初から赤字で、今後とも乗客数が伸びることはありえないのだから、すぐに茨城空港を閉鎖するのが最善の選択になる。
しかし橋本知事はありえないLCC(格安航空会社)の誘致に一縷の望みをかけ、首都圏の第3空港として発展すると「万歳突撃」を命令した。
どうやら誰が見ても閉鎖已む無いと思われるまで、赤字を垂れ流す気持ちらしい。

注)マレーシアのLCCが一時茨城空港に乗り入れを検討したが、羽田の第4滑走路開設に伴うハブ化が明確になったため取りやめた。
茨城空港は首都圏へのアクセスが極度に悪く、水戸駅・石岡駅経由でも2時間程度はかかる。
LCCが成り立つ条件は格安なのだから、時間も費用もかかる茨城空港に降りたら、乗客にとって何のための格安か分からなくなってしまう。

 


 

 

 

|

« (22.3.10) 24時間走でクタクタだ | トップページ | (22.3.12) 岡田外相の幼児外交と民主党の将来 »

評論 日本の政治・経済 地方空港」カテゴリの記事

コメント

じつは茨城空港建設の恩恵に浴させていただいた過去が(笑)
1年くらい通い詰めたものです。
空港のある小美玉市は霞ヶ浦沿いの蓮田と、古い民家や古い道、古い谷津田がたくさん残る大変美しい場所です。植木の生産も盛んらしく、苗木が整然とならんでいたのも印象深いです。
美しい、と、いうことは不便ということです。

山崎さんのおっしゃる通り、空港へは電車だと石岡の次の駅からタクシー。
車でも、潮来インターから(!)下道で延々1時間走ります。
さらに、現地につくとどこへ行っても同じような風景で迷うこと迷うこと。
国道にいないと現在位置を示す目立つものがないのです。
(※風景は大変よいからですが!)

空港は予想通りの結末ですが、よいとこですので一度訪れてみてください!

投稿: ささき | 2010年3月11日 (木) 19時00分

今日が開港日なのですね、茨城空港。
千葉県から見れば霞ヶ浦の向こう側、東関東自動車道路を終点の潮来で降りて霞ヶ浦の東岸を筑波を見ながら北上すると、一時間と少しかかるのではないでしょうか。従って、成田空港までは二時間あれば行けそうですね。
高速道路は、空港の北側のちょっと離れたところに、常磐自動車道の枝道が伸びてきていて、最寄りの大都市「水戸」やちょっと無理して「宇都宮」あたりからのアクセスは良いかもしれません。
「つくば」や「土浦」から向かうのは、高速道路では遠回りだし、下道は混むので、ちょっと辛いところでしょうね。
空港の利用率を上げるには、潮来から、石岡から高速道路で結ぶと良いと思うのですが、またお金がかかりますね。
あのあたりを仕事で通ると「日本全国ご近所大作戦」という、何とものどかな看板が立っていたことを思い出します。

投稿: A | 2010年3月11日 (木) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (22.3.10) 24時間走でクタクタだ | トップページ | (22.3.12) 岡田外相の幼児外交と民主党の将来 »