« (22.2.26) ギリシャの今日は明日の日本  ギリシャのゼネスト | トップページ | (22.2.28) バンクーバーオリンピックが終わろうとしている。 »

(22.2.27) 八代亜紀コンサート ちょっと悔いあり

22226_006

 私は猛烈な演歌ファンである。歌は演歌しか聴かない。息子はこれにあきれ返っており私がテレビで聞き入っているとおやじは相変わらず演歌か」なんてかなり軽蔑した目で見ている。

 しかしだれが何と言おうと私は演歌にしびれてしまう。その中でも八代亜紀長山洋子はいい。
そう思っていたらかみさん八代亜紀コンサートの券を2枚購入して私を誘ってくれた。

 場所は千葉県文化会館、SS席で6500円だという。
私は飛び上がってしまった。
そうか、八代亜紀か・・・一度は生で歌っているのを聞きたかったんだ
今日(26日)気もそぞろにかみさんと出かけた。

 しかし結論から言うとこのコンサートは「ちょっと悔いあり」だった。
理由が3つある。

 一つ目はこの文化会館は音響効果がよくない。建物自体が古く緞帳どんちょう)などは黒くくすんでいる。そして何よりも音が少し割れるので話などは聞きづらいことこの上ない。せっかくのトークが(私の耳の悪さもあるが)まったく理解できなかった。

 二つ目は前座歌手がソロで2曲、八代亜紀とデュエットで1曲、計3曲歌ったのだが、下手で聞いていられなかった。
こんな下手な歌手の歌をわざわざ聴きに来たのではないのに・・・・」イライラした。
やはりここは八代亜紀にすべての曲を歌ってほしかった。

注)前に見た北島三郎ショーでは北島三郎が一人で歌ってくれた。

 三つ目は始まる時間が5分遅く、終わりが10分早かったことである。コンサートは2時から4時までの2時間の予定だったが、15分は短く、かつ前座歌手の時間も15分程度あったため、実質1時間30分のコンサートだった。
何か、すぐに終わってしまったわねかみさんがそう言ったが、明らかに手抜きだ。6500円のコンサートの価値はなかった。

注)北島三郎の時は時間が経過していたくらいだ。

 この日を楽しみに他のあらゆる予定をキャンセルして待っていた身にはつらい結果だったが、八代亜紀の歌自体は相変わらず心を揺さぶるものがあった。
やはり八代亜紀だと思う。

22226_022

 八代亜紀は1971年にデビューしたが、私がサラリーマンになったのが1970年だからほぼ同じ頃に社会人になった。同期の桜のようなものだ。

 もっとも八代亜紀は当初はまったく売れない演歌歌手でもう少しで歌手廃業まで追い込まれていたが、当時のオーディション番組「全日本歌謡選手権」で息を吹き返した。
この番組は非常に特異な番組で、プロ・アマチュアを問わず出場でき、10週勝ち抜くとレコード会社がトップクラスの作曲家と作詞家の曲をつけて、新曲デビューできるという仕組みだった。

 私はこの番組をよく見ていたが、当時は八代亜紀を知らなかったから記憶にない。この番組から10週勝ち抜いて再デビューした歌手に五木ひろしがいて、実力派プロの再生工場のような番組だった。

 八代亜紀は歌唱力がすばらしいと思う。愛の終着駅舟歌雨の慕情を聞いていると思わず涙が流れてくる。
またおやじが演歌を聞いて泣いてるよ」息子からよくからかわれる。

22226_003

 少し前だがNHKの歌謡番組を見ていたら、八代亜紀ちあきなおみの「かもめの街」を歌っていた。この歌は最初に長い語りのような歌詞が入るので特別に難しいのだが、持ち歌でないのに実に上手に歌いこなしていた。
歌手の実力が表れるのは持ち歌以外の曲を歌った時だ。

 変調して急に曲が跳ねるのだが「カモメよ カモメよ さみしかないか 帰るところがあるじゃなし おまえも一生波の上 あたしも一生波の上 あ~あ~ あ~あ~ ドンブラコ」と歌いながら泣いていた。
おそらく彼女のたどってきた人生と二重写しになったのだろう。

 今日のコンサートは待ち望んでいたわりには肩透かしを食らったようなものだが、だからと言って八代亜紀の熱烈なファンであることには変わりがない。
ただし八代亜紀のコンサートにはもう行くことはないだろう。今後はもっぱらテレビで亜紀ちゃんの歌を聞くことにしよう。

注)上と下の写真はNHKの歌謡番組から収録したもの



 

 

|

« (22.2.26) ギリシャの今日は明日の日本  ギリシャのゼネスト | トップページ | (22.2.28) バンクーバーオリンピックが終わろうとしている。 »

個人生活 趣味その他 演歌」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、バラ栽培をしています keke です、目黒区駒場界隈では久しぶりにまとまった雨が降っていますが気温は温かです。毎日とはもうしませんがブログを楽しく拝見しております。写真の描写がとっても良く、私はすごく気にいっています、多くの趣味をこなしてきましたが写真だけはあまり深く立ち入ったことがなく、いま旧型デジタルEOSと Canon Power Shot G10 で試行錯誤、ブログへアップするショットを重ねています。 技術と表現力をお持ちで本当に羨ましいです。そしてエントリーと無関係な写真であることがインパクトを与えてくれます(それとも秘めたメッセージがあるのでしょうか?俗人の私に理解できずお恥ずかしい限り)
さて演歌ですか、いいですね!と言ってもボクはビートルスで育ち、米系ポップを経てジャズをチョット、荒井由美のJ-Popsから最終的には(多分)サザンオールスターズ・桑田佳祐に落ち着いたと言うことでしょうか(Beach Boys,加山雄三は言うに及ばず)、ただし、エグザイルや青山テルマなんかも聞きます。演歌はCDを買うことはありませんが、カラオケなんかで歌われるとすごく共感します。ここからは趣味が違うかも知れませんが、NHKの紅白は演歌がなかったら絶対にだめだと思います、ジェロも好きです。なので、カメラ・写真と同じで魅力を大いに感じつつ全くもって極めていないと言うことでしょうか?
トヨタの問題もさることながら、普天間・沖縄・安保・集団的自衛権等もまたお聴かせ下さい、最左翼から最右翼まで幅広い冷静な議論はとっても興味深い事だと思います、また必要だと思います。ブログではあまり思想を出すことは出来ないかも知れませんが、是非宜しくお願いします、公平を期するために、「私は演歌を受け入れる」的思想の持ち主です、お休みの朝に徒然なるままに、大変に失礼しました、これからも立ち寄らさせて頂きます、けけ

(山崎)けけさん、長いお便りありがとうございます。写真を褒められるととてもうれしいです。かつて山岳写真家になろうとして白旗史郎にあこがれていた時を思い出しました。
けけさんのブログも最近は毎日更新されていますが、私の経験では毎日更新していると、いつの間にかレベルが向上していきます。お互いにブロガーとしてお付き合いください。

なお、けけさんのブログは以下の通り。
http://kekesrose.exblog.jp/(ブログのURL)


投稿: keke | 2010年2月27日 (土) 07時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (22.2.26) ギリシャの今日は明日の日本  ギリシャのゼネスト | トップページ | (22.2.28) バンクーバーオリンピックが終わろうとしている。 »