« (21.12.24) 痴漢防止カメラの設置は実に喜ばしい 埼京線 | トップページ | (21.12.26) NHKスペシャル マネー資本主義 集大成版 その1 »

(21.12.25) ちはら台走友会のクリスマスプレゼント

211223_030

 ちはら台走友会では毎年23日の休日にクリスマスランを行うことにしている。練習走に使用させてもらっているかずさの道周辺に住んでいる子供たちに、感謝の印としてクリスマスプレゼントを配りながらランをする試みだ。
今年で4回目になる。

 今回はクリスマスプレゼントとして600個のお菓子を用意したが、この資金の元は走友会が地域のお祭り等で模擬店を出して蓄えた資金だ。
当日の朝、みんなで集まって袋詰めにするのだが、今回は人数も多かったので1時間程度で袋詰めが完了した。

 サンタランのスタートは2時なので、その前に全員サンタやトナカイに変身だ。
公園前には張り紙がしてあり、多くの子供たちがサンタクロースを今か今かと待っていてくれる。

211223_018

 とてもうれしいことにこの試みはすっかり地域のイベントとして根付いてくれた。はじめる当初は「変なおじさんたちがお菓子を配っているので、近づかないように」なんて警戒されるのではないかと心配したが、まったく杞憂だった。
すっかり子供たちの人気者になっている。

 衣装は毎年出店で蓄えた資金から少しずつ増やしており、今回は8組のサンタクロース、2組のトナカイさん、それと来年の干支の1組のとらさんのぬいぐるみが用意できた。

注)ただし一部は個人の縫いぐるみを持ってきてもらっている。

 スタート地点はかずさの道のちょうど中間地点ぐらいなので、二組に分かれてサンタランを出発した。
道行く人に「メリークリスマス」お大声で声をかけると、みんな気持ちよく「メリ-クリスマス」と返事をしてくれる。

 ちはら台は毎年人口が増えている関係もあって、子供たちの数も増加しており、お菓子が不足しそうになった。
来年はお菓子をもう少し増やす必要がありそうだなY会長の述懐だ。

211223_024

 今回のクリスマスランについてY会長がグループメールに記載していますので、一部抜粋して掲載します。

今年も成功です!
14:00南中スタート。
今回はトナカイになって、東、水の江方面行きました。
快晴、気温もほどよい。
鈴を鳴らして、トラになった山崎さんと「メリークリスマス!」と手を振り声かけながら。
水の江公園は去年よりこどもたちが少なかったようです。
これはプレゼント余っちゃうか、と心配し、人影もまばらなかずさの道を東へ。
ところが、御影台公園が見えてくると、いるわいるわ、ちっちゃい子供たちがいっぱい走ってくるわ!
211223_038

去年の倍くらいいるんじゃないかというくらい、大賑わい。
アッというまにプレゼントがなくなっちゃいました。14:30予定通り東端到達。
わずかに残ったのを持って住宅街からバス通りを車に手を振りながら戻ってきました。15:00前。
西チームはなかなか戻らず、15:30頃でした。
売れ行きよくなく、もどりながらだいぶ回ったとか。
それでも準備した600個、全部配れました。
ラン参加は12名。汗もかきながら、みなさん、ありがとうございました。
今年も笑顔いっぱい、元気いっぱい、気持ちよいサンタランでした。

 

|

« (21.12.24) 痴漢防止カメラの設置は実に喜ばしい 埼京線 | トップページ | (21.12.26) NHKスペシャル マネー資本主義 集大成版 その1 »

マラソン ちはら台走友会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (21.12.24) 痴漢防止カメラの設置は実に喜ばしい 埼京線 | トップページ | (21.12.26) NHKスペシャル マネー資本主義 集大成版 その1 »