« (21.12.10) GM ヘンダーソンCEOの馘首(かくしゅ) GMの迷走 | トップページ | (21.12.12) デスクトップがなぜ出てこない »

(21.12.11) NHK たった一人の反乱 千葉県谷津干潟 森田三郎氏

211210_004

 NHKが放送している「たった一人の反乱」「千葉県谷津干潟」を興味深く見た。それと言うのも谷津干潟は私が現役時代、京葉線の窓越しにいつも見ていた干潟だったからだ。

 始めてこの干潟を見たときは驚いてしまった。通常干潟はその先に大海原が広がっているのだが、この干潟は周りが埋立地になっていて、どこから海水が入ってくるのか、または閉じ込められているのか分からなかったからである。

 この干潟は1970年代、周りの海がすべて埋め立てられたため干潟としては再生不可能といわれ、習志野市ではここも埋め立てを行って跡地に住宅団地を建設する予定だったという。
住民の格好のゴミ捨て場になっており、悪臭がひどく犬や猫の屍骸や、タイヤや電気製品の古くなったものや衣類がところ狭しと捨てられていた。
どうせ埋めたてられるのだから、何を捨ててもいいや」

211210_006

 ところがこのヘドロの海を一人で再生しようとした青年があらわれた。森田三郎さん、当時29歳、新聞配達の仕事をしていた。1974年のことだ。
自分が子供の時分に遊んだ海を取り戻そう」と一人で立ち上がったのだが、映像を見て森田氏の苦労が並大抵でなかったことが分かった。

 ごみ処理では常にその最終処分の仕方が問題になる。当初森田氏は干潟の近所のゴミ回収所にそのゴミを置いていたみたいだが、習志野市から回収を拒否されたそうだ。

 おそらくこのゴミステーションを管理していた住民から習志野市にクレームが付いたのだろう。
自分たち以外のゴミが捨てられて困っています。いくら言っても聞いてくれません

211210_003_2

 習志野市から回収を拒否されたため、森田氏はこの干潟の管理者である大蔵省関東財務局に掛け合うが、「地元住民が捨てているゴミの回収はできない」と断られた。
実際問題として大蔵省はゴミを回収する手段を持っていない。ゴミ回収は地方自治体の仕事だからだ。

 結局森田氏はゴミを自宅に持ち帰り、自宅周辺のゴミステーションに捨てていたのだが、この方法しかないことはよく分かる。
私も四季の道、約6kmの清掃をほぼ毎日行っているが、集めたゴミは我が家が捨てるべきゴミステーションに捨てている。

 森田氏はゴミ袋をバイクに積んで自宅に運んでいる途中に交通事故に会い、それでもめげず松葉杖をつきながらゴミ回収を続けていた。
しかし4年間は誰からも相手にされず、孤独な作業が続いていたと言う。

 森田氏は干潟の重要性を訴える立て看板を作ったり、干潟を見渡せるベンチを作ったりして、少しでも干潟を理解してもらおうと孤軍奮闘するが、これは「たった一人の自然保護運動」と言ってもよい取り組みだ。

 時が経つにつれてそうした活動を理解する人が増え、朝日新聞の記者や地元のお母さん方の支援活動が始まり、1980年にはクリーン活動が開始されたのだと言う。

211210_014

 画面ではクリーン活動に集まった地元住民や日本道路公団のゴミを運び出すトラックが映し出されていた。
森田氏がたった一人で活動を始めてから6年後に、地元住民の運動となり、1984年には習志野市議会干潟として保存するとの決定をおこなったのだという。

 私はこうした話が好きだ。自分自身がこのおゆみ野の四季の道を「世界で一番美しい遊歩道になるように、定年パワーを全開させよう」として毎日清掃活動をしているせいもあるが、森田氏に強いシンパシーを感じた。

 実は私は定年退職をした後の生き方として、「日本の海岸線にたどり着いたゴミをすべて回収して、元の美しい日本の砂浜に戻す旅にでよう」と思っていた。日本の海岸線はゴミでいっぱいだ。
スタイルは黒染めの僧衣を着て、ゴミの回収が終わるごとに、「ここに清掃終わる。僧 次郎」という立て看板を立て、海岸線を美しくする漂泊の旅で一生を終わると言うイメージだったが、実際は四季の道の清掃と、近くの都川源流の調節池のゴミの回収しかしていない。

 森田氏の努力の跡を見て、かつて「日本の海岸線を美しい砂浜に戻そう」と思っていた自分を思いだした。
はたしてあの頃の情熱がよみがえるだろうか?




 

 

 

 

|

« (21.12.10) GM ヘンダーソンCEOの馘首(かくしゅ) GMの迷走 | トップページ | (21.12.12) デスクトップがなぜ出てこない »

NHK たった一人の反乱」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (21.12.10) GM ヘンダーソンCEOの馘首(かくしゅ) GMの迷走 | トップページ | (21.12.12) デスクトップがなぜ出てこない »