« (21.11.25)  日本経済はデフレから脱却できるか | トップページ | (21.11.27) 民主党政権のスキャンダルはネガティブキャンペーン »

(21.11.26) 小学校のマラソン教室 おゆみ野南小学校

211116_002

 おゆみ野南小学校のマラソン教室を始めてから4週目に入ろうとしている。このマラソン教室はわくわくキャンパスという父母が主体となって運営しているキャンパスで、マラソン教室はその一環として実施されている。

 知り合いのお母さんから「山崎さん、お願いします」と頼まれた。
私は頼まれると「いや」ということができない性格なので、「ええ、いいですよ」と気楽に答えた。

 当初は10人も集まれば大盛況だと思っていたが、40名あまりの申し込みがあって、実ににぎやかだ。
ここおゆみ野では冬場に子供たちの駅伝大会があるので、走る気持ちが盛り上がっているのだろう。

211116_006

 しかし、前にも書いたが私自身は30年近くマラソンを楽しんできて、日本国内のいろいろな種類のレースにでてきたものの、指導する立場になったのは初めてだ
急遽「長距離走の走り方」のテレビ番組を見たり、インターネットで小学生を対象としたマラソン教室のブログを見るようにしている。

 最近見たブログで一番参考になったのは「小学生は意外とロングランができ、4.3kmの周回コースを最後はビルドアップしながら走りきった」という記事だ。

 実は私も小学生の走力に驚いている。3年生ではとても無理ではないかと思う距離をらくらくと走ってしまう。
それも小柄の女の子が野口みずき選手のようなフォームで走るのだからびっくりだ。

 もっともそうではなくてすぐに息が上がってしまう子もおり、体力差が大きいのだが、意外とタフだというのが私の正直な感想だ。
今は駅伝の距離である3年生は500m4年以上は1000mをしっかり走れるように指導しているが、多くの子供はその倍程度は平気で走れそうだ。

211116_005

 木曜日の午後3時から約1時間半の時間をとって指導しているが、マラソンは1時間もすればやることがなくなってしまう。
小学生を1時間以上マラソンだけに集中させるなんてできそうもない。
残った時間帯はサッカーバスケットをして遊んでもらっているが、身体を動かし続けることが目標なのだからそれでいいと思っている。

 しかし40名の子供の指導を一人でするのは大変だ。誰か手伝ってくれると本当に助かる。
木曜日の午後3時から4時半まで、時間の空いているランナーはいないものだろうか。

注)ランナーでなくてもスポーツが大好きな人であれば歓迎します。

 

 

|

« (21.11.25)  日本経済はデフレから脱却できるか | トップページ | (21.11.27) 民主党政権のスキャンダルはネガティブキャンペーン »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (21.11.25)  日本経済はデフレから脱却できるか | トップページ | (21.11.27) 民主党政権のスキャンダルはネガティブキャンペーン »