« (21.10.21) 企画のたまご屋さん | トップページ | (21.10.23) マニフェストは単なる紙切れ 郵政民営化と鳩山首相の判断力 »

(21.10.22) 郵政民営化崩壊 西川殿切腹めされ

Dsc_00561
(斎藤さん撮影 山崎編集)

 こうしたことを詰め腹を切らされたというのだろう。日本郵政社長西川善文氏の辞任のことである。
郵政民営化を推し進めた小泉元首相に請われて、三井住友銀行顧問元頭取)から日本郵政の社長に就任した西川氏は、小泉元首相の天敵、亀井静香金融・郵政担当相によって詰め腹を切らされてしまった。

 西川氏が詰め腹を切らされた直接の理由は「かんぽの宿のオリックスへの売却が不明瞭で、2400億の投資金額がたった109億円だったのは、オリックスとの間で癒着があったのではないか」という疑惑だったが、これは完全な濡れ衣である。

 この点については麻生前首相のときに、鳩山総務相によってオリックスとの契約が白紙撤回され、さらに西川氏の辞任を鳩山総務相が求めたものの、実際に首を切られたのが鳩山総務相だったことからもわかる。

 実はかんぽの宿とは、全国で105施設あるのだが、減価償却費を計上するといづれも赤字で、ただ単に元郵政職員の再就職の場としての意味しかなかった。
なぜそのような赤字の施設を次々に建設できたかというと、郵便貯金と簡易保険が黒字だったからで、その黒字分を郵政職員の再就職の場に利用していた。

 これは組織防衛としては当然のことで、今まで郵政一族のために働いてきた職員の労に報いていたわけである。
しかし日本全体の経済効率からいうと最悪で、赤字の郵便事業を貯金と簡保の黒字で補填し、さらにあまった分で職員の厚生施設に大盤振る舞いしていた構図になる。

Dsc_00061
(斎藤さん撮影 山崎編集)

 これを小泉元首相は郵政事業を4分割し、日本郵便、郵便局、ゆうちょ銀行、かんぽ生命に分け、さらに今まで福利厚生施設以外の何者でもなかったかんぽの宿を2004年から5年以内に処分するように法律で決めていた。

 西川社長はそれに従って、収益還元法で現在価値を算出して109億円オリックスに一括売却することにしたのである。
重要なことは収益還元法で計算すると、誰がどのように計算しても100億円程度の価値しかなかったということである。

 これは2400億円かけて建設した施設の利用者が、当初予定の24分の1しかなかったということと同じで、そもそも建設することに無理があったということだ。
注)日本では不動産バブル崩壊後は不動産は収益還元法で評価するようになり価値を生まない不動産はほぼゼロ査定になる。

 だからかんぽの宿問題西川氏追い落としの道具に使われただけなのだが、実際の西川氏の業績は申し分なかった。

① 郵政ファミリー企業219社のとの不明瞭な取引の見直し(ここに郵政OB約2000名が天下っており、随意契約で郵政公社から有利な取引条件を引き出していた

② 顧客管理システムを構築して名寄せを実施5億6000千万口座があって、名寄せがされていなかったため、一人が1000万の限度を越えて幾らでも貯金ができ、また税金逃れの隠し口座として使用されていた

③ 郵政全体の利益を倍増して経営を安定化させた随意契約の見直し、集配信局の大幅削減等で)。

④ 郵便貯金のネットワークを全銀協のネットワークと結び、利用者の利便性を向上させた。

Dsc_0002_21
(斎藤さん撮影 山崎編集 赤とんぼを食べるスズメバチ)

 だから、郵政民営化路線そのものを否定しない限り、西川氏の馘首などはありえなかったのだが、郵政族のドン、亀井氏による巻き返しにあって、とうとう切腹させられてしまった。

 特にひどいと思うのは、後任に斎藤元大蔵次官を起用したことで、日銀総裁の人事であれほど大蔵官僚を嫌っていた民主党が様変わりの物分りのよさを示している。
官僚の天下り反対」はまったくポーズだけで、これでは民主党は大蔵省(財務省)の手先のようなものだ。

 なお、亀井氏を始めとする郵政族が郵政民営化になぜこれほど反対するかと言うと、郵便事業がまったくの赤字で、貯金と簡保がないと郵便局が成り立たないからである。
郵政時代24000有った郵便局が次々に廃業に追い込まれていき、このままでは郵便事業が成り立たなくなるのではなかろうかと言う危機感が郵政族にはある。
注)これは郵政族の支持基盤がなくなると言うことで、政治家にとっても死活問題だ

 実際、郵便物の取り扱いは主として電子メールの普及により、毎年数%ずつ減少しているし、ゆうパッククロネコヤマトにかなわない。
本来は合理化して対応すべきだが、それよりも貯金事業と簡保事業の利益で郵便事業の赤字を補填して、郵便局はそのまま残すのが一番ラクなので、民営化つぶしに狂奔すると言う構図になっている。

 4年前の郵政選挙で小泉氏が大勝してから4年、郵政民営化は風前のともし火になってしまい、再び官業の郵政公社が復活しようとしている。


(今日のYou Tubeは元花の美術館の館長、斎藤さんに案内された幕張の浜です)
http://www.youtube.com/watch?v=SRp9XNupHbo

 

 

 

 
 

 

|

« (21.10.21) 企画のたまご屋さん | トップページ | (21.10.23) マニフェストは単なる紙切れ 郵政民営化と鳩山首相の判断力 »

評論 日本の政治・経済 郵政民営化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (21.10.21) 企画のたまご屋さん | トップページ | (21.10.23) マニフェストは単なる紙切れ 郵政民営化と鳩山首相の判断力 »