« (21.10.18) 第2回おゆみ野四季の道駅伝の実行委員会が開催された | トップページ | (21.10.20) 人はなぜ悟らないのだろうか? »

(21.10.18) 映像作家への道 その2 悪戦苦闘が続いている

038

 相変わらずの悪戦苦闘が続いている。ビデオカメラの操作については何とか理解ができたレベルに達したが、これを編集してYou Tubeに載せる作業がまったくはかどらない。
本当はこの記事に貼り付けて「ここまで研鑽の結果が出ました」と言うところを示したかったのだが、まったくダメだ。

 先日コメントをいただいた横田さんが推奨してくれたソフト(下記にコメントの内容を貼り付けておきました)をインストールして操作をしているのだが、最後までなかなか到達できない。

 現在使用しているソフトは体験版で2週間の使用期間があり、気に入ったらインターネットで購入することになっている。
ソフトの値段は約1万円でやや高価なので、うまく使用ができなければ宝の持ち腐れになる。
懸命に操作をしているのだが、あいにくとこの体験版は途中結果を保存できない。
1~2時間程度操作をしてうまくいかないといやになって止めるので、次もまた一から操作をはじめなければならない。
もうやだ、何とかうまい簡単な方法が無いものだろうか

055

   先日はこのソフトの使用法にあきあきして、ビデオレコーダを使用する方法に切り替えてみた。
ビデオカメラの映像をビデオレコーダに取り込んで、このビデオレコーダの操作で編集を行おうと言うものだ。

 私は歌謡番組をビデオレコーダに落として、その後要らない部分をカットする作業を日常的に行っているので、これが使えないかと思ったわけである。

 うれしいことにビデオカメラの映像はビデオレコーダにばっちり取り込め、それで不要部分のカットもできたので小躍りしてしまった。
よかった、これをDVDに落としてパソコンで取り込めばOKだ。You Tubeまで今一歩だ

 ところがこの映像をパソコンはまったく受け付けてくれない。「ファンクションが違います」というメッセージを出して、その後はうんともすんとも言わない。
ファンクションが違うと言われても、何のことか分からん」がっかりした。

 どうやらテレビの世界はその世界で完結しているらしく、パソコンとの相性はまったく悪い。
しかたない。また元にもどってソフトの研修をしよう

 一体いつになったらこのTMPGEnc Authoring Works 4 というソフトを理解できるのだろうか。もうすぐ2週間たって泣く泣く1万円でこのソフトを購入させられそうだ。
最近はGoogleなんかが無料のソフトを公開しているので、本当はそうしたソフトを使用したいのだが、あいにくとビデオを操作するソフトを見つけることができない。

写真編集用ではPicasaのようなすぐれた無料ソフトが公開されているのに、どうしてビデオはないんだ」思わず声がでた。

 もっともそれではソフト産業そのものが衰退してしまうので、相応の金は支払うべきなのだが、このソフトというものは十分使用して見ないと良いのかそうでないのか分からないから厄介だ。

 今日は愚痴しか書けない自分がなんとも腹立たしい。


079

 なお、横田さんからいただいたコメントは以下のようなものでした

編集ソフトにもピンキリで、私は今のところTMPGEnc Authoring Works 4に落ち着いています。
これはDVDやBDへの出力がメインですが、生成されたMPEG-2形式動画ファイルはYoutubeにも投稿できます。

 なお、Youtubeサーバが内部で最適化(flv形式?)するので、公開できるようになるまでに時間がかかります。
TMPGEnc Authoring Works4 は字幕トラック(DVDやBDで、字幕をon/offしたり言語を選べる)を後からいつでも好きなときに編集できます。

 体験版で、字幕トラック付・メニュー付のDVD/BD作成まで試せますのでひとつどうぞ

|

« (21.10.18) 第2回おゆみ野四季の道駅伝の実行委員会が開催された | トップページ | (21.10.20) 人はなぜ悟らないのだろうか? »

個人生活 ビデオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (21.10.18) 第2回おゆみ野四季の道駅伝の実行委員会が開催された | トップページ | (21.10.20) 人はなぜ悟らないのだろうか? »