« (21.9.12) 千葉県庁不正経理事件 千葉はどうなってしまったのか | トップページ | (21.9.14) 苅田郷(かったごう)のやきもの展 »

(21.9.13) 周期性頭髪苦悩症候群 老いたるウェルテルの悩み

21_130

 周期性頭髪苦悩症候群という病名をご存知だろうか。ドクトル山崎が命名した奇病の名称で「周期的におこるハゲの悩み」のことである。

 私がはげ始めたのは36歳の頃からだが、真珠腫性中耳炎の手術をした後から頭頂部の毛が急速に抜けてしまった。
後ろから見ると太陽が光り輝いている。
兄貴はローマ法王みたいだ」弟からからかわれる。
うぅーん、何とかならないものだろうか!!」

 一時期リアップフラバサイトという育毛剤を懸命につけ相当の効果があったのだが、残念なことにひどい副作用に悩まされた。

 リアップはマラソンでスタートダッシュをすると急激に心臓が痛み、狭心症になったような症状を呈する。私の唯一の趣味と言っていいマラソンができなくなりそうだった。
うぅーん臓が止まっては毛がはえても意味がないリアップをあきらめた。

 それからしばらくたってフラバサイトを挑戦してみることにした。蛍光灯に照り返す頭を見るのが辛かったし、他の育毛剤なら何とかなると思ったからだ。
しかしフラバサイトも副作用があった。夜中にひどいのどの渇きに襲われ、まったくつばが出なくなるのには驚いた。
眠りと頭髪とどちらが大事だろうか?フラバサイトも泣く泣くあきらめた。

21_146_2

 今は63歳になり、うれしい事に同僚もハゲたり白髪になってきたので普段はまったく気にならないし、外出時は帽子をかぶっているのでここしばらくは精神的に安定していた。

 ところが最近我が家にかみさんの友達がよくやってくるようになった。かみさんよりかなり若い魅力的な奥さん方だ。
私もおゆみ野の森でこの奥さん方とは一緒に活動しているので、夫婦で友達のようなものだが、再びハゲの悩みが始まった。

 なにしろおゆみ野の森では帽子をかぶって若作りをしていたのでハゲを見せたことがない。
おかげでおゆみ野の森では「山崎さんは実に若くて素敵だわ」なんていわれて実にいい気分だった。

 しかし家の中で帽子をかぶるわけには行かない。
うぅーん、困った。秘密のベールをはぐべきか、それともハンカチでハゲを隠そうか・・・・・」

 思い悩んで今はハンカチで頭を隠しているが、煩わしいことこの上ない。若いお母さん方が来るたびにハンカチを探し回らなくてはならないからだ。
先日は洗濯機に入れてあったハンカチで頭を隠したがびしょびしょだ。
がまんならん何とかならないだろうか

21_145

 再び副作用がなさそうな、あまり強烈でない育毛剤をつけることにした。紫電改である。そのため今度は育毛剤の効果についてレベルを落とした。
せめて頭頂部に産毛を生やそう
なんともささやかな目標だが、せめて毛があればハンカチで隠さなくてもすみそうだ。

まあ、山崎さん、ハゲだったの
いや、ハゲの一歩手前です。ほら産毛があるでしょう

 男はいつまでたっても見栄で生きているのだ。
こうして私の周期性頭髪苦悩症候群の悩みは尽きない。

 

 

 

 

 

|

« (21.9.12) 千葉県庁不正経理事件 千葉はどうなってしまったのか | トップページ | (21.9.14) 苅田郷(かったごう)のやきもの展 »

個人生活 健康」カテゴリの記事

コメント

『周期性頭髪苦悩症候群』とは絶妙なネーミングですね。思わず笑ってしまいました。
若くて魅力的な奥様のご友人を意識して弱くても副作用のない養毛剤をつかう次郎さんに健気さを感じますよ。素直にご自分を素敵に魅せたいと頑張るところが、なんとも可愛らしくユーモラスです。

投稿: あんみつ姫 | 2009年9月13日 (日) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (21.9.12) 千葉県庁不正経理事件 千葉はどうなってしまったのか | トップページ | (21.9.14) 苅田郷(かったごう)のやきもの展 »