« (21.9.3) アメリカ商業用不動産価格の暴落と金融危機の第2段階 | トップページ | (21.9.5) 民主党政権と官僚のバトル  消費者庁長官は官僚か民間か    »

(21.9.4) 日本男子柔道の黄昏

Gsi0909011152000p31_3     日本男子柔道の暗雲は晴れそうにない。
このたびオランダのロッテルダムで行われた世界柔道選手権では、男女7種目合わせて金3、銀1、銅3合計7個のメダルにおわったが、これは男女同時開催となった87年以降で最低の成績だ。

 それでも女子は金3、銅2と健闘したが、男子は銀 1、銅 1で惨敗といってよいような成績で、五輪、世界選手権を通じて初めて金メダルがゼロという成績だった。

 日本の男子柔道に明らかな黄昏が訪れたのは2年前リオデジャネイロ大会からで、この時は日本のエースだった井上康生鈴木桂治が初日の予選でばたばたと負け、ようやく無差別級で棟田金メダルを1個とってかろうじて面目を保った大会だった。

 その余波を引きずり北京オリンピックでも日本は男女それぞれ2つずつ、計4個の金メダルを獲得したものの、ギリシャ大会の金8個には遠く及ばなかった(金メダル以外の男子選手は1、2回戦でばたばたと敗退した)。

 そして今回のロッテルダム大会ではとうとう男子の金メダルは0個になってしまった。

 なぜ、こんなに日本男子柔道は弱くなってしまったのか。
すべては前々回ギリシャで開催されたオリンピックに原因がありそうだ。
このときは日本柔道が最も華やいだ大会といってよく、日本の美しい一本柔道で男女合わせて8つの金メダルを獲得した。
これで日本の一本柔道の正しさが証明された」誰もがそう思ったはずだ。

 しかしこの時から各国は日本柔道対策として返し技を徹底的に研究し始めた。
一本柔道の弱点は返し技に弱い。返し技を徹底的に研究しよう

 覚えておられるだろうか。リオデジャネイロ大会では絶対優勝すると思われていた井上鈴木が返し技であっさりと負けてしまった。
なぜだ、なぜ日本の柔道が負ける」関係者が蒼白になったのも無理もない。
一本柔道が返し技に破れた瞬間だった。

注)柔道をしたことがある人なら経験的に知っているが、かけ技より返し技を習得するほうがはるかにたやすい。

 その次の北京大会では、日本男子はみじめだった。返し技を警戒して攻めをゆるめたため、力ずくで押してくる外国選手に力負けをしポイントで次々に敗退してしまった。
一本取れなければポイントで負けるのが日本柔道だ

 そうしたなかで果敢に攻めた石井内柴だけは金メダルを取ったが、他の選手は一回戦でほとんど敗退している。

 いったいどうしたらいいのだろうか。一本柔道は返し技に弱く、返しを恐れて何もしなければポイント柔道で負けてしまう。
今回の世界選手権では対策がとられることもなく、何もいいところなくバタバタと負けたというのが実態だ。
内柴塘内棟田もまったく気力がなえていたが、こうしたベテランにスタミナのいるポイント柔道をさせるのには無理がある。

 吉村強化委員長は「若手を鍛えていくしかない。ハングリーさを持たせる必要がある」といい、篠原監督は「熱いものがつたわってこない。若い選手が出て思いっきりやって負けたほうが、まだ気持ちがいい」とぼやく始末だ。

 ベテラン勢の一本柔道は日本国内では通用するが、海外では返し技が進歩し、まったく通用しなくなった。オリンピックや世界選手権はスタミナ勝負のポイント柔道に変わった。

 日本の柔道指導者はまだ美しい日本の一本柔道にこだわっているが、それが若手の成長を妨げている。
若手選手に外国選手には絶対に勝てない柔道を教えているからだ。

 北京オリンピックで金メダルを取った石井がいい例だ。石井は一本柔道にこだわらず、スタミナ中心のポイント柔道で金メダルを取った。
しかし日本の指導者からは「あれは柔道ではない」と酷評をあび、柔道がいやになって格闘家に転出してしまった。

 しかし石井の例を見ても分かるとおり、外国選手と戦うときはスタミナ勝負のポイント柔道に日本選手を鍛えなおすことが唯一の対応策だと私は思っている。

 まるでレスリングみたいだが、柔道も世界の潮流に乗らないとと金メダルには届きそうにない。
だから今必要なのは指導者の意識改革ということになるのだが、ロンドンオリンピックまでに間に合うか心配だ。

注)写真は男子100キロ超級3回戦 モンゴルのガンフヤグ(上)に敗れた棟田康幸=ロッテルダム(共同)

 

 

 

|

« (21.9.3) アメリカ商業用不動産価格の暴落と金融危機の第2段階 | トップページ | (21.9.5) 民主党政権と官僚のバトル  消費者庁長官は官僚か民間か    »

スポーツ 柔道」カテゴリの記事

コメント

ちょっとズレてますが、石井の分析は悪くはないです。

投稿: 柔道経験者 | 2009年9月10日 (木) 05時11分

やはり、ポイント稼ぎの柔道より強くて美しい柔道を見たいですね。
日本の伝統武術なのに、勝つ方法だけがクローズアップされる柔道は単なる格闘技で精神性が感じられず魅力が有りません。
良い指導方法は無いのですかねぇ~。

投稿: ヤワラちゃん | 2009年9月 4日 (金) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (21.9.3) アメリカ商業用不動産価格の暴落と金融危機の第2段階 | トップページ | (21.9.5) 民主党政権と官僚のバトル  消費者庁長官は官僚か民間か    »