« (21.8.20) ブログ写真について | トップページ | (21.8.22) 家と学校の草刈について »

(21.8.21) 私がいつも見ているブログ

21_048_2
 
 私が毎日見ているブログを紹介することにしたい。毎日見ているということはこの種のブログがほぼ毎日更新されているということで、よほどのことがない限り更新されないことはない。

 しかし実際に毎日書くということは大変なことで、旅行などするときは書き溜めが必要になる。よく旅行先にパソコンを持て行って書けばよいのにという人がいるが、実際は環境が整っていなかったり、パソコンの運搬に気を使ったりしなければならないので、言うほど簡単ではない。

 だから毎日更新するブログはブログの管理者が実に熱心にまじめに更新していることになる。他にも良く見るブログはあるのだけれど、今回は以下の3つのブログを紹介します。

21_037

① 梅爺閑話
http://umejii.cocolog-nifty.com/blog/

 最近の梅爺さんの記事は、以下のとおりで興味は西洋史、それも主としてキリスト教関係の歴史について詳細な検討がされています。
また、アーサーとジョージは梅爺さんが読まれた本の紹介で、本の紹介はまだ日本で翻訳されていない本がほとんどです。

 文体は丁寧で分析はとても知的ですし、ブログによくある押し付けがましさはまったくありません。
歴史ものに興味のある方は是非読まれることを薦めます。

  • Arthur & George(アーサーとジョージ)(2)
  • Arthur & George(アーサーとジョージ)(1)
  • ローマ帝国は、何故キリスト教を国教としたのか(2)
  • ローマ帝国は、何故キリスト教を国教としたのか(1)
  • クレオパトラ(4)
  • クレオパトラ(3)
  • クレオパトラ(2)
  • クレオパトラ(1)
  • 二階から目薬
  • ピョートル一世(3)

    21_039_2

    ② ちば公園のベンチから
    http://midorinochiba.cocolog-nifty.com/blog/

     このブログは元千葉市花の美術館の館長をされていた斉藤さんが主催しているブログです。斉藤さんは千葉市で長い間景観の仕事をされ、幕張の松林や千葉市の公園の整備をされてきました。

     それを元にブログを記載していますが、特に植物に対するみずみずしい感受性はとても参考になります。
    また、斉藤さんはヨットマンでもありますので、このブログで初めてヨットというものを知りました。
    文体もユニークでなかなかユーモアのある人です。

    21_040_2

    ③ 福谷章子のまちづくり
    http://fukutani.blog.ocn.ne.jp/blog/

     このブログは千葉市会議員の福谷さんのブログです。最近私も地方自治に関心を持つようになリこのブログを見ております。特におゆみ野周辺の出来事については参考になることが多く、最新の記事はおゆみ野の駅前で問題になっているムクドリの追い出し作戦でした。

     




     

     
  • |

    « (21.8.20) ブログ写真について | トップページ | (21.8.22) 家と学校の草刈について »

    ブログ」カテゴリの記事

    コメント

    次郎さん、過分なご紹介恐縮です。
    ブログを書いている内は、最低限の脳の機能が維持できている証拠と、勝手に思い込み、相変わらずの内容を綴っています。
    我が家の『梅婆』は、次郎さんのブログの写真の大ファンです。
    私は、次郎さんの『経済解説』を心待ちにしています。
    次郎さんに『梅翁』とご紹介いただきましたが、『梅爺(うめじい)』が正式なペンネームです。
    『翁(おきな)』と『爺(じい)』は似たようなものですが、『翁(おきな)』は、『爺(じい)』より、何やら高貴なニュアンスがあり、私には、似合いません。『青梅の爺さん』、すなわち『梅爺(うめじい)』が、分相応と考えています。

    (山崎)間違ってごめんなさい。私は記憶力に欠陥があって、間違って覚えてしまうとそのまま訂正しないで覚えこんでしまうようです。
    今後は間違えません。
    梅婆さんによろしくお伝えください。

    投稿: 梅爺 | 2009年8月21日 (金) 15時52分

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    « (21.8.20) ブログ写真について | トップページ | (21.8.22) 家と学校の草刈について »