« (21.6.30) 単独行  登山NO 23 | トップページ | (21.7.2) タムさんと登山  登山NO 25 »

(21.7.1) 息子との登山  登山NO 24

1999年 53才
 

裏銀座縦走 息子と  夏休み 1週間 


Image0_5

「おやじ、 久しぶりに登山しないか
」と息子が言う。
この年,息子が大学4年生で最後の夏休みだったため,二人で裏銀座縦走をすることにした。


 双六岳2860m、野口五郎岳2839m、,北の俣岳2661m、薬師岳2926m経由で立山に出た。鎌田川よりの登山道を双六まで上り,野口五郎に向かうルートは長い間行って見たいルートの一つだった。
野口五郎は何か歌手の名前のような山だが、双六からみる山容は実に堂々としている、

 テント泊まりだったが、なるべくテント場をはずしてテントを張った。テント場はとてもうるさいのと、歩き疲れて夕刻になるとテントを張る生活に慣れていたためだ。

Image1_2  身体が汗でくさくなると、水場やチトウの水で身体を洗って汗を拭い落とした。

 北の俣岳,薬師岳のルートはうんざりするくらいの上り下りが有り、そのたびに息子と顔尾を見あわせたものだ。
またかよー

 途中から天候が崩れ,立山に出る前はひどい土砂ぶりになってしまった。
私は五色が原に着いた頃は、体温が低下して震えが来ていたほどだ。

 立山で温泉に入り一息つけてから,バスで阿弥陀が原経由で富山に下った。
息子は阿弥陀が原の景色が忘れられないらしく,「富山はひとの住むのにいい場所だ」とその後何回も言っていた。

 富山からは夜行バスで新宿に出た。

|

« (21.6.30) 単独行  登山NO 23 | トップページ | (21.7.2) タムさんと登山  登山NO 25 »

個人生活 登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (21.6.30) 単独行  登山NO 23 | トップページ | (21.7.2) タムさんと登山  登山NO 25 »