« (21.6.23) 家族との登山、その他 登山NO16 | トップページ | (21.6.25) 息子との登山 登山NO18 »

(21.6.24) タムさんとの登山  登山NO17

1989年 43才

五竜岳から鹿島槍方面  タムさん   時期不明

Image0
この写真は鹿島槍ではなく谷川岳の写真です) 

 この年から家族登山はしなくなった。息子は中学2年生でバレー部員だったので、夏休みは式根島が実家だったバレーの先生の民宿に行くことになった。

 山登りはもっぱらタムさんとすることになり、この頃八方尾根から唐松岳2696m五竜岳2814m経由で鹿島槍2889mに登っている。このときは写真を撮らなかったので、時期がいつだったのかは分からない。

 私はこの頃から山岳写真を撮る情熱がうせてしまい、山に写真機を持って行かなくなった。タムさんが持って行ったときは記録が残るのだが、そうでない場合は頭の記憶しか残っていない。
今思えばとても残念なことをしてしまったと思う。

 鹿島槍には前の支店の同僚と遠見尾根コースで登ったことがあったが、五竜岳と鹿島槍ヶ岳の間にある八峰キレットには今回も往生した。
岩と岩の切れ目にはしごがかかっているのだが、下を見ると奈落のそこまで通じていて何とも怖いのだ。

 タムさんはそうした場所はあまり得意でなく、がへっぴり腰で渡っていた姿を今でも覚えている。。

|

« (21.6.23) 家族との登山、その他 登山NO16 | トップページ | (21.6.25) 息子との登山 登山NO18 »

個人生活 登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (21.6.23) 家族との登山、その他 登山NO16 | トップページ | (21.6.25) 息子との登山 登山NO18 »