« (21.5.24) 家族との登山   登山NO 11 | トップページ | (21.5.26) 恨(ハン)の国の大統領 »

(21.5.25) 千葉市長選のゆくえ

21221_023  

 千葉市の市長鶴岡啓一氏が、東起業からのワイロ100万円を受け取ったとされた事件で警視庁に逮捕されてから、千葉市長選は一気にきな臭くなってきた。

 それまでは鶴岡氏の後継者として、自他共に認めていた元副市長林孝二郎氏が実質無投票で当選する勢いだったが、急遽民主党熊谷俊人(くまがい としひと)氏が対抗馬で出馬を表明した。
これで林氏との一騎打ちになった。

 今まで林氏は「鶴岡市政の後継者だ」と言って、それを前面に押し出していたが、鶴岡氏が逮捕されてしまうと「じゃ、収賄についてもおなじなのか」といわれ、返す言葉がなくなってきた。
すっかり、鶴岡市政から距離を置く戦術を取り始めたのはいたし方がないところだ。

 先日(23日)、熊谷氏を推薦している市民ネット熊谷氏を囲んで話を聞く会を開催したので、私もその席に参加してみた。
熊谷氏は31歳の青年そのもので、もし当選したらもっとも若い市長の一人になりそうだ。

 実は私は最近まで市政について考えることはまったくなく、千葉市の借金が1兆円を越えていて、政令市の中で上から2番目に財政状況が悪く、なおかつ箱物といわれる建設計画が目白押しだとは知らなかった。

 そのなかでモノレールの延伸問題についてだけは最近調査をおこない、2kmの延伸に176億円の経費がかかり、一方で維持費が増加してせっかく黒字になったモノレール会社が、赤字に転落することをブログに記載している(千葉市モノレールの延伸問題)。

 箱物問題はこれだけかと思っていたら、熊谷氏の説明で蘇我スポーツ公園整備事業で総事業費が350億円かかっていることを始めて知った。
蘇我スポーツ公園とは元製鉄所跡地に、サッカー場、陸上競技場、テニスコート等を整備する計画で、サッカー場はすでにジェフ千葉のホームグランドとして使用されている。

 今回問題になっているのは陸上競技場で、千葉市にはすでに県の陸上競技場が整備されているのだが、さらに市が管理する陸上競技場を作るのだと言う。

 スポーツ関係者なら誰でも知っているが、この陸上競技場ほどコストのかかる施設はない。なにしろ陸上競技の大会は年間を通して多くはなく、さらに観客動員数が極度に少ない。

 たとえば国立競技場全日本選手権を開催しても、入場者数は1万人前後で、バックスタンドなどは閑古鳥が鳴いている。
作れば作るほど維持費がかかって四苦八苦するのが陸上競技場で、わざわざ市の財政を困窮させるために作るようなものだ。

 こうした「無駄な費用を削減しよう」と言うのが熊谷氏の政策で、私などは大いに賛成するのだが、なぜ鶴岡市長とその後継者が箱物にこだわるかと言うと、それが金になるからである。

 正式な政治献金にしろ、またワイロにしろ建設業界からの資金こそが政治家の生命のようなところがあり、あの清廉潔白の呼び声が高かった鶴岡市長でさえ手を染めていた。

 箱物行政は政治家にとり金のなる木ではあるが、しかし一方で市財政は1兆円にのぼる借金が積みあがってしまう(税金を上げられないので借金を増やすのが日本の政治のパターン)。
熊谷氏は「このまま行くと将来の市民に負担を強いるだけだ」といっていたが、私の判断では市財政の崩壊は「借金の踏み倒し」になる可能性の方が高い。

 従来金融機関は千葉市を信頼しおおらかに市債を購入をしてきたが、今後は金融機関といえどもおいそれと金を貸してくれそうもない。
市町村の倒産が珍しくなくなり、借金比率の高い市町村から倒産していくからだ(千葉市は政令市の中で2番目に借金比率が高い)。

 そうした意味で市債を無限に膨らませる箱物行政は完全に行きづまっており、もともと鶴岡市政の後継などはできないのが実情だ。

 だからここは箱物行政からの脱却を明確に表明している熊谷氏を応援するのがよさそうだというのが私の判断だ。

(注)なお、千葉市モノレール延伸問題ブログ(21.2.22)に対する、G翁さんの以下のコメントは傾聴に値します。

 千葉都市モノレールの延伸は凍結するべきでしょうね!。千葉駅西口再開発事業も同じですよ。今は財政の健全化(財政再建)の方が喫緊の課題でしよう。千葉市の財政指標の悪化は目を覆うばかりです。例えば、プライマリーバランス(基礎的財政収支)が、全国783市中ワースト2(1は夕張市)。また、借金返済の負担の重さを示す「実質公債費比率」は17政令市中16番目、公債償還などの「将来負担比率」は最下位になるほど、借金依存度は高いのです。

 鶴岡市長は7月に退陣するけど、財政再建の道筋はつけていない。後継者は林副市長(選挙後)になるでしょうが、大型投資を継続するため、財政健全化はさらに遠くなりますね。

 市民には、増税と行政サービスの低下につながり、次世代の負担も大きくなるでしょう?。次郎さんの「落書き消し」剥離・ペンキ代補助もカットされるかも?。次郎さんが市民オンブズマンだったら適任だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« (21.5.24) 家族との登山   登山NO 11 | トップページ | (21.5.26) 恨(ハン)の国の大統領 »

評論 地方自治 千葉市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (21.5.24) 家族との登山   登山NO 11 | トップページ | (21.5.26) 恨(ハン)の国の大統領 »