« (21.4.7) 金正日の瀬戸際外交 長距離弾道ミサイル発射実験 | トップページ | (21.4.9) 日本経済回復のシナリオ  輸出バブルは終わったか? »

(21.4.8) 斎藤さんがブロガーになった

2114_008  私は人に会うたびに「ブログを作りませんか」と薦めているのだが、嬉しいことに賛同してくれる人が多くなってきた。
最初は登山仲間のタムさんが「私の登山および旅行記」というブログを作り、それから散歩おじさんが「元気姉ちゃんと散歩おじさん」というブログを作ったのだが、今度はおゆみ野の森のインストラクター斎藤さんがちば公園のベンチから」というブログを立ち上げた(それぞれリンクが張ってあります)。

 斎藤さん稲毛浜にある「花の美術館」の館長をされた方で、それ以外にもここおゆみ野幕張の開発に、行政側から携わった経験を持っている。
幕張の浜には幅数十m、長さ数百mの防砂林の松林があるが、この松林をオルガナイズをしたのも斎藤さんで、斎藤さんはおゆみ野や幕張の都市景観の基礎を作った人といっても良い。

 私が斎藤さんを知ったのはおゆみ野の森の活動を通してだが、とてもダンディな紳士で、ここおゆみ野の森に通うお母さん方にもファンが多い。
ヨットマンでもあり、すてきなクルーザーを持っており加山雄三をもう少し年を取らせたような感じの人だ。

 私も一度ヨットに乗せてもらったが、そのときは船酔いをして「若大将」という雰囲気にはなれなかったが、とてもいい経験をしたと思っている。

 斎藤さんがこのたび立ち上げた「ちば公園のベンチから」というブログは一言で言ってほのぼの系で、斎藤さんが過去に経験した山川草木や子ども達とのふれあいが基礎になって書かれている。

 たとえば「歌声が聞こえた」という記事の書き出しは

トントントン。何の音?。
 松ぼっくりが落ちた音。
 ああ良かった。

 トントントン。何の音?。
 サヤエンドウが弾けた音。
 ああ良かった。 

 トントントン。何の音?。
 お化けが戸を叩く音。

  キャー!」
という子どもの歌声を懐かしく聞いている斎藤さんの話である。

 また斎藤さんはNPO活動として「みどりのネットワーク千葉」と言う、ボランティアの市民活動に参加している。
  この団体は、緑に関る仕事の経験や専門知識の持ち主、もしくはその分野の活動に関心ある人達が参加しているのだと言う。

 そんな活動の一つとして、斎藤さんが主導する企画があり、名付けて、「行こう、探ろう、緑と水辺」という散策ツアーだ。

 斉藤さんのツアーは、「都市デザインや、ガーデニングに興味があり、・・・・・・・皆で自分の街、お隣の街を散策しながら、その御町内の人々と交流することを楽しむ。何より・・・・市民自身のための街づくりの事例発掘が目的だ」そうだ。

  今回は、緑区あすみが丘の、公園事情を紹介してくれると言う。

あすみが丘は、その一角に千葉ヒルズと揶揄される、西欧基準の街区を構えることで、世にその名を知られた。 しかし、あすみが丘に住む方々にとって、それだけでこの町を語られることは不本意。

 数年前、整った街並景観での受賞経験もある程、高い志で街づくりが進められている。 一方、周辺の田園地域には、古き良き時代の千葉がある
」という。

 以下の内容で散策を募集しているので、都市景観に興味のある方は是非参加をされると認識が深まるはずだ。

あすみが丘,土気周辺の歴史散歩
 
日時5月30日(土) 午前9時から11時
集合場所   あすみが丘プラザ駐車場

 



 

|

« (21.4.7) 金正日の瀬戸際外交 長距離弾道ミサイル発射実験 | トップページ | (21.4.9) 日本経済回復のシナリオ  輸出バブルは終わったか? »

ブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (21.4.7) 金正日の瀬戸際外交 長距離弾道ミサイル発射実験 | トップページ | (21.4.9) 日本経済回復のシナリオ  輸出バブルは終わったか? »