« (21.2.7) マルチ商法は蜜の味 その2 円天商法 | トップページ | (21.2.9) おゆみ野四季の道駅伝が迫ってきた »

(21.2.8) サンチャゴ巡礼 その2

Image010

 このところ風邪が完全に抜けない。熱があるわけではないが常に喉がいがらっぽく、鼻水が少し出る。なんとも憂鬱な気分でブログを書くのも熱が入らない。

 今日もぐずぐずしながら、それでも日課の清掃活動おゆみ野の森の草刈隊に参加してきた。草刈隊にはなじみのメンバーがいたのでひとしきり話に花が咲いたのだが、Yさんに「いつもの山崎さんと違って目に生気がないわね」といわれてしまった。

 家に帰って友人のTさんからのブログの修正依頼Tさんは自分で記事をアップするのだが、編集作業を私に依頼してくる)があったので覗いてみると、『2回目のサンティアゴ巡礼-フランス「ル・ビュイの道」をめざしてという記事だった。

 Tさんとはこの夏二人でサンチャゴ巡礼の旅に出かける約束をしている。私はまだまだ先の話と思っていたが、Tさんはすっかりサンチャゴ巡礼モードに入っていた。

それは、フランス国内をル・ビュイからサン・ジャン・ピエド・ポーまで歩くこと。映画「サン・ジャックへの道」(フランス映画・日本で公開済)に登場するサンチャゴ巡礼路の一部である。そこに行こうと思うと、ワクワクしてくる

 私はサンチャゴのことを何も考えていなかったのでえらい違いだ。

マッキンリー登山や前回のサンチャゴ巡礼に行くと決めたときも、行くまでの数ヶ月間、そんなワクワク感を味わいながら毎日を過ごした。人生では最高の瞬間がいくつかあるが、その一つが大きな夢への挑戦である。もう一度、そんな夢に挑戦してみたい

 Tさんが人生最高の瞬間とまで気持ちがヒートアップしているとは知らなかった。私はいつもの外国旅行の一つ位しか思っていなかったので、気合の入れ方が違う。

まずは行く仲間。フランス国内はスペインほどに道や宿泊施設が整備されていない。道が分からなくなったり、宿が見つからないということもあるだろう。そんなときに相談しながら一緒に歩ける、気心の知れた仲間がいたら、とても心強いのだが

 この仲間に選ばれたのが私だが、確かに気心は知れた仲だが、仲間に選ばれたことが幸せだったのかどうかいまだに逡巡している。

2008年9月のある日、友人のYさんに会ったとき、「来年の夏頃、一緒に行かないか」と誘ってみた。
彼は200kmマラソンなどもやっており、一緒に行ければたいへん心強い。春の聖岳に連れて行ってもらい、吉野-熊野奥駆山行ではテントを持ってもらった。気心が知れている。しかも、英会話が私よりはるかに上手だ。「あまり長い期間でなければ」OKとのこと。まずは、ハードルを一つクリア

 私の今現在の最大の悩みはTさんが「英会話が私よりはるかに上手だ」と思っていることだ。確かに40歳台、一人で外国旅行をしていた頃はそれなりの会話の能力はあった。
そもそもしゃべれなければ食事すらできないのだから、懸命にしゃべっていたものだ。

 しかしあれから20年余り経ち、その後は添乗員付きのパック旅行に切り替えてからは、すっかり英会話からおさらばしてしまった。
今では息子のオーストラリアから来た嫁と話すのも一苦労だ。
Tさんの期待に答えられるように会話能力が復活するかしら」そのことが私の気持ちを重くしている。

「次は体力の問題。前回64歳でスペイン国内のサンチャゴ巡礼路を歩いたときとは異なり、体力が落ちている。最近は2歳と4歳の孫の相手で忙しく、ジョギングや水泳をほとんどやらなくなった。そのせいか、胃の調子もよくない。こんな状態では前回のように毎日歩き続けることはできないだろう。体力と脚力の回復が必要だ。

 とりあえず、4日ほど朝夕5kmのジョギングを欠かさずに続けてみた。急にやったので、ももが痛い。また、妻と銀座を散歩したあと、一人で銀座から北千住まで隅田川沿いを1回も休まずに歩いてみた。3時間15分のウオーキングである。次は市内のプールで水泳を1500m。視覚障害者登山の関係では奥多摩・青梅のハイキングコースや山中湖畔・三国山へ

大変だ、Tさんはトレーニングモードに入ってしまった
このままでは置いてきぼりを食ってしまいそうだ。

仕方ない、気が重いが私もトレーニングを再開するか
基本は毎日の12km走と、月に1~2回は50km走を走るより仕方なさそうだ。
Tさんについ軽く約束したために、英会話とマラソンの特訓を再開する羽目になってしまった。人生とはこうして過ぎていくものなのだろうか。

Tさんのブログの記事の全文は以下のURLをクリックすると読むことができます。
http://takesitamura.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-f88a.html

|

« (21.2.7) マルチ商法は蜜の味 その2 円天商法 | トップページ | (21.2.9) おゆみ野四季の道駅伝が迫ってきた »

旅行 サンチャゴ巡礼」カテゴリの記事

コメント

この前、森でお会いした時、体調がすぐれないようだというので、ブログをみてみました。思うに、体調のすぐれない理由は、この旅行にあるのではと。山崎さんは一人旅がお好きな方だから、そう正直にお話したらどうですか?もう無理なんかしない方がいいですよ。

(山崎)心配してくださって本当にありがとうございます。しかしとても「サンチャゴのことを考えて身体が悪くなった」なんて言えないのと、約束したことは相手が破らない限りこちらからは破ることはしないので、約束は果たすつもりです。そのうちに風邪そのものは回復すると思っています。

投稿: めいちゃん | 2009年2月11日 (水) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (21.2.7) マルチ商法は蜜の味 その2 円天商法 | トップページ | (21.2.9) おゆみ野四季の道駅伝が迫ってきた »