« (21.2.25) 年金試算は正しいか (いかさまの構図) | トップページ | (21.2.27) 為替相場を読むのは難しい  円安局面を見て »

(21.2.26) マラソン教室ができないか

21225_008
四季の道のとてもガーデニングが美しいOさんのお宅

 2月15日の四季の道駅伝が終わってから、すでに10日がたった。実に時間の経過は早いものだ。半年余りも駅伝の事が気がかりで、そのことばかり考えていた頃が懐かしい。

 今はなんとなく目の前の目的が消失したあとの空白期間のような状態になっている。家にいても何か手持ち無沙汰だ。
実は前から駅伝の指導や実際の競技のサポートをしながら、子供達のマラソン教室ができないかと考えていた。

 有吉小学校で依頼されて短期のマラソン教室を開いたがそれも良い思い出だ。
有吉小学校の前の道をJOGしていると「あっ、山崎先生だ」なんて呼ばれることがあるが、何か嬉しい。

 この地域には野球やサッカーやバスケットボールのようなクラブがあり、それぞれ積極的に活動しているが、その中に常設のマラソン教室もあってよいのではないかと考えるようになった。

 幸い四季の道やその周辺に運動場があって、コースはどのようにも設定できて環境的には問題がない。
マラソン指導者も今回の駅伝大会に協力してくれた多くのランナーがいるので協力してくれる人もいそうだ。

 マラソンは必ずしも楽しいスポーツとは言えず、かなり努力をしないと本当の面白みが分からない。一般にマラソンランナーが高齢なのはそのためであり、子供達にとって喜んで取り掛かるスポーツでないだけに、指導者はぜひとも必要だ。
注意深い指導が必要で、そうでないとすぐにいやになってしまうし、また怪我に泣く。

 対象は小学校高学年から、中学生程度までがよく、練習日は当初は週に1回程度、時間は2時間程度が適切と思っている。
もっぱら基礎的な練習を主体に行なうが、目的がないと練習がいやになるので、おゆみ野駅伝や近在で催される駅伝(青葉の森や長柄町の駅伝)あたりに参加することも視野に入れたほうがいいかもしれない。

 子供達が集まってくれるかやや心配な面はあるが、当初は5名程度集まれば上出来ではなかろうか。指導者も3名程度集まる必要はありそうだ。
私の知っているランニングクラブに御園生さん(私がよく参加したトランスエゾの主催者がしているクラブが有るが、ここは中学の女生徒が中心で、埼玉県の陸上界をたちまちのうちに席巻していた。

 良い指導をすれば子供達の能力はすぐに開花するからとても楽しい取り組みになる。
子供達が将来の日本のランナーになったり、そうでなくてもマラソン好きの子どもたちが生まれると嬉しいと思っている。

 

|

« (21.2.25) 年金試算は正しいか (いかさまの構図) | トップページ | (21.2.27) 為替相場を読むのは難しい  円安局面を見て »

マラソン 四季の道駅伝大会」カテゴリの記事

コメント

G爺 様
前澤和明の親戚のものです。
偶然このサイトを見て、和明おじにG爺さんのコメントを読んで聞かせたのですが、心当りが無いようで…
個人的にでも連絡取れると嬉しいのですが…

(山崎)私には内容がよく分からないのですが、このまま公表します。
なお、G翁さんには必要があればライターのメールアドレスを教えます。

投稿: | 2010年2月 2日 (火) 20時50分

今日は雨(雪)で散歩を断念、ネットサーフインで(読売:出逢い)「のんびり歩きもまた人生」に寄ってみました。偶然にも旧知の前澤和明さんについての記事でした。
ホノルルマラソンを完走(歩)したことが載っていましたが、78歳でまだ走っていることに驚きました。昔、吉祥寺井の頭公園でJogを一緒にしましたが、Jogと筋トレで体を鍛えていて、「10歳以上若い」が口癖でした。先妻をガンで亡くし、61歳で再婚、若い奥さんとの新婚旅行中、偶然にもメルボルンで出合ったこともありました。「継続は力なり」ですかね?。
前澤さんは調布市の羽沢小学校で教諭をしていました。青梅マラソンで、「生徒へのみやげだ」と大煎餅をぶら提げて走っている姿を、何回かテレビ・新聞で報じられたことがあります。また、学級担任で定年を迎えましたが、生徒一人一人が併走して送別の会話を交わしたということです。前澤さんは「深大寺走友会」・「フル百回楽走会」の創立者でもあります。冗長になりますので止めます。特に、「フル百回楽走会」には次郎さんの知っている人が多そうなのですが?。

(山崎) G翁さんも昔は素晴らしいランナーだったのを知っています。最近は散歩が主になっていますが、井の頭公園のjogはなつかしい思い出でしょう。
なお「フル百回楽走会」のゼッケンは良く見ているのですが、残念ながら個人的な知り合いはいません。

投稿: G爺 | 2009年2月27日 (金) 18時13分

駅伝の向けてこの2ヶ月間、頑張って練習していた我家のチビ太・・・来年も!!と大会後もしばらく走っていましたが、あまりにも先のことにやる気がイマイチ湧かず、走るのを止めてしまいました。うーん、小さくても何か目標が出来るといいな♪と思っています。

(山崎) なんとかマラソン教室を立ち上げたいと思っています。幸いに四季の道のエースの小栗さんも参加していただけそうなので、未来を背負う子供達を育てられるような教室を目指します。ハーさんのチビ太君にも参加を勧めてください。

投稿: ハーの母 | 2009年2月27日 (金) 08時34分

長柄ダム湖・又は長柄湖は、香川県綾歌郡綾川町にあります。

千葉県に長柄湖は存在しません。

(山崎) 長柄町の長柄ダムから、すっかり湖の名前も長柄湖だと思っていました。Googleで検索したら「市津湖」と書いてあったのでびっくり。
ありがとうございました。長柄湖を長柄町に訂正しました。

投稿: はりはり | 2009年2月26日 (木) 07時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (21.2.25) 年金試算は正しいか (いかさまの構図) | トップページ | (21.2.27) 為替相場を読むのは難しい  円安局面を見て »