« (21.1.10) 中東戦争の終わり   ガザ紛争を見て | トップページ | (21.1.12) 第2回おゆみ野四季の道駅伝の練習会が終わった »

(20.1.11) 高滝湖マラソンに参加した

21110_025

 今年初めのマラソン大会は市原市の高滝湖マラソンハーフだった。
高滝湖は千葉県のほぼ中央にある人造湖で周囲が約7kmである。
競技は5km10kmハーフ等があり、合計で2100名の参加だと言う。こじんまりとしたフレンドリーな大会だ。
ハーフは高滝湖の周りを3周する。

 元々は市原市で「元旦マラソン大会」として開催したのが始まりだそうで、今回は35回目の大会になっているが高滝湖のコースになったのは平成4年からだそうだ。

 私自身はこの大会に出場したのは初めてだったが、この12月に養老渓谷にJOGをしたときに、この高滝湖の横を通ったので場所感はあった。とても景色のいい気持ちのよいコースだ。

 このレースには例年ちはら台走友会からも多くのランナーが参加しており、今回は10kmハーフ12名のメンバーが参加した。
私について言えば最近まったくスピードが出なくなっており、前年走った成田POPでは2時間を越えてしまったので、今回も自信がなかった。
「まあ、2時間を切ればよしとするか

 幸いなことにちはら台走友会にはライバルがいる。私とほとんど同じくらいのタイムで走るKさんという女性でいつもいい勝負をしている。他のメンバーはほとんどが私達よりはるかに速いので、最初から考慮の外なのだが、このKさんとはライバルだ。
よし、今日もKさんとがんばるぞ」気持ちが乗る。

 このところ私の坐骨神経痛が悪化して分が悪かった。しかし今回は年末から年初にかけておゆみ野からちはら台にかけてほぼ毎日12kmのRUNをしていたので、身体が思いのほか動いてくれた。
本当に久しぶりだったがKさんより早く走ることができた。
次は負けないわよ」Kさんの目が光る

 最終結果は1時間48分37秒で、約700名のうち273位なのだから、まあ良しと言うことにしよう。最も2周の終わりごろにこのレースのトップ選手に抜かされてしまったので、トップとはほぼ7kmの差が付いていたことになる。
周回遅れのランナーになってしまった。

 今日(11日)はとても風の強い日だった。しかも時間が経つに従って強風と言ってよいような状態になって、ゴール直前の数百メートルはお辞儀をしながら走ったくらいだ。
うぅーん、きつい。動くのがやっとだ

 ハーフを走った他の走友会のメンバーは1時間30分前後でゴールしている。私も遠い過去にそのくらいのタイムで走っていたが、今はただ楽しむためだけに走っているようなものだ。

高滝湖マラソンの写真を掲載します。
http://picasaweb.google.co.jp/yamazakijirou/21110?authkey=nMqRsajPbq0#

 

 

 

 

|

« (21.1.10) 中東戦争の終わり   ガザ紛争を見て | トップページ | (21.1.12) 第2回おゆみ野四季の道駅伝の練習会が終わった »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (21.1.10) 中東戦争の終わり   ガザ紛争を見て | トップページ | (21.1.12) 第2回おゆみ野四季の道駅伝の練習会が終わった »