« (20.11.29) 北朝鮮の政変は近い 張成沢政権の誕生か  | トップページ | (20.12.1) 小学校のパソコン教育 その3 »

(20.11.30) 小谷小学校のこやつ祭り

201129_004_2  

小谷小学校の小谷祭りが29日(土)に行なわれた。私がパソコンを教えている隣の部屋で、この祭りのためにこやつ会の会長さんはじめ、多くのお母さん方が数日かけて懸命に準備していた祭りだ。

山崎さんも是非見に来てくださいね」旧知の会長さんから言われれば断るわけに行かない。「ええ、喜んで

 午前中は子供達の催し物、午後からはおやごさんや地域の名人さんたちの催し物が組まれていた。
子供達はアリーナで演奏会をしたり、各クラスでそれぞれの催し物をしている。わらでぞうりを編んだり、紙芝居をしたり、クイズをしたり、ちょっとした演劇をしている。

 担当の先生も総出で参加しており、ふけいの参観も多くなかなかにぎやかだ。
子供達のバイタリティーはなかなかのものでしょう」校長先生の言葉だ。

 外ではゲートボールと竹馬の実技が行なわれていた。ゲートボールは地区の年配者が指導していたが、さすがに上手だ。
また竹馬はなれた子供が相当高い竹馬に乗って歩いているのにはビックリした。

 音楽教室に行ってみた。音楽担当のM先生がパワーポイントを使用してこの日のための資料作りをしていたのを知っていたからだ。
かなりM先生の趣味が色濃く出ている選曲でアイーダバブァロッティトゥーランドットなどを聞かせてくれたが、トゥーランドットがM先生が用意した字幕をみて千夜一夜物語の中の「カラフ王子と中国の王女の恋物語」を歌った歌だと始めて知った。

 教室や会場を歩いていると「あ、パソコン先生だ」なんて随分声をかけられる。子供達から声をかけられるのはとても嬉しいのだが「先生、髪の毛を切ったの」と何人にも言われたのには当惑した。

 私はパソコンを教えるときはハンカチを頭に巻いてハゲを隠しているのだが、今日は何もせずに出かけたので子供達がビックリしてしまったようだ。
実はこれが普通なのだ」とはとても言えず笑ってごまかしたが、若づくりも大変だ。

 まあ、しかしお母さんがたも張り切って理科の実験の手伝いをしていたり、子供達も楽しげでなかなかのものだった。すでに小学校を出てから50年もたっていたが、何か昔に戻った感じがしたものだ。

 

 

|

« (20.11.29) 北朝鮮の政変は近い 張成沢政権の誕生か  | トップページ | (20.12.1) 小学校のパソコン教育 その3 »

個人生活 学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (20.11.29) 北朝鮮の政変は近い 張成沢政権の誕生か  | トップページ | (20.12.1) 小学校のパソコン教育 その3 »