« (20.11.15) なぜ韓国と中国は沈黙しているのだろうか 田母神論文 | トップページ | (20.11.19) 韓国経済は危険水域に入ったままだ 韓国経済の危機 »

(20.11.18) おゆみ野四季の道駅伝大会がせまって来た

201115_019

 昨日(16日)、おゆみ野四季の道来年2月15日(日)に開催される駅伝大会の第5回目の打ち合わせがあった。
今まではまだ先のことだと思っていたが、今週の日曜日からマラソンの練習会がはじまる。
そうか、もうそんな時期にきたのか」少しあわてた。

 今月1回、12月1回、1月2回ほど四季の道でのマラソンの講習会が予定されている。さらに来月は有吉小学校での体育授業の補助教官としてマラソンの指導をすることになった。

 通常マラソンをしたことのない子供は、一斉に全力で走り出して途中で息切れがしてしまう。50m競争のように走りだすからだ。
だから今回の練習では1km(今回走る距離を息切れをしないような走り方の指導が必要なのだ。

 私は小学校でパソコンの指導はしているものの、体育の指導は初めてだ。子供達とは慣れているのだが、やはり不安感は拭えない。
考えてみれば私は昔から体育の教官になりたかったのだが、実際にその機会が与えられると怯んでしまった。
うまくいくだろうか」不安がよぎる。

 しかしこうしたことは考えているよりもやってしまうほうが楽なので、いつものようにあまり深く考えないことにした。

 それに、四季の道の駅伝大会本格的な準備も始めなければならない。今回の駅伝では泉谷メッツの子供達の父兄の方が交通管理係をしてくれるのだが、その人達をどこに立たせるかのマップを作ることになった。
いつも清掃活動をしている四季の道だが、あらためてチェックをしなおしている。

 さらに、中継所の正確な場所の指定や、コースを明確にするためのコーンの設置、および白線をどこに書いたらいいか等の作業がある。

 コーンは小学校から借りることが出来るが、前日までに借りておいてレースの朝方に配置するのだが、今のところ人の手当てが出来ていない。コーンは運ぶのに運搬用具が必要でかなり大変なのだ。
うぅーん、困った。コーンを配置したり、返す人がいないじゃないか。それに白線を引くのだけれど白線引を引く道具は確保できるのだろうか

 具体的に作業を考えていくと、誰が当日どのようにするのかのアサインが全く出来ていないことに気づいた。
まずい、このままでは当日のコース管理が全く出来ていない」急に胃が痛くなってきた。定年退職して実に優雅な生活をしていたのに、また現役に戻ってしまったようなものだ。
ぼくちゃん、おなかが痛いの、熱もあるみたい」うつ病が始まりそうだ。

 こうした時は一つ一つ作業を重ねていくに限る。昨日からコース管理係のコミュニケーションをよくするためのグループメールを作ったり、四季の道駅伝大会のブログも立ち上げている。

(報告) 四季の道駅伝大会のブログを立ち上げました。以下のURLをクリックすると見ることが出来ます。
http://yamazakijirou1.cocolog-nifty.com/ekidenn/



また、コース管理係と交通整理係を対象にメーリングリストを作っております。メーリングリストは他の担当の方も利用できますので、参加希望の方は私宛メールをして下さい。

 

 

 

 

|

« (20.11.15) なぜ韓国と中国は沈黙しているのだろうか 田母神論文 | トップページ | (20.11.19) 韓国経済は危険水域に入ったままだ 韓国経済の危機 »

マラソン 四季の道駅伝大会」カテゴリの記事

コメント

箒で掃いて全部取るのは至難の業でしょうね。
環境面からもガムテープをお勧めします。
後処理も手間かかりませんよ。

(山崎) 分かりました。ガムテープにします。

投稿: 走友会Y会長 | 2008年11月20日 (木) 00時13分

いよいよ始まるんですね。がんばってください。
ちはら台でも1月末にトントンエコマラソンがあります。
石灰の白線が大会後いつまでも残って景観を損ねるのでなんとか考えて欲しいとお願いされ、
前回はガムテープにしました。コーン運びは学校にリアカー借りてやってます。ご参考まで。
当日お手伝いは走友会でも募ってやるようにしますよ。

(山崎)ありがとうございます。今現在交通整理係が足りません。走友会の方が応援していただけると大助かりです。石灰の白線は大会終了後箒で掃いて消す予定ですが、この方法でどうでしょうか。うまくいかなければガムテープにします。

投稿: 走友会Y会長 | 2008年11月19日 (水) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (20.11.15) なぜ韓国と中国は沈黙しているのだろうか 田母神論文 | トップページ | (20.11.19) 韓国経済は危険水域に入ったままだ 韓国経済の危機 »