« (20.10.16) 拉致問題解決は日本国民自身の課題だ その2 | トップページ | (20.10.18) アメリカ金融危機のツケは誰が払うのか »

(20.10.17) 前立腺肥大症になってしまった

Image341_2    ながらく人生を生きていると身体のあちこちに支障が出てくる。今度は前立腺肥大症になってしまった。
この病気は男性だけがかかる病気で、そもそも前立腺は男性にしかない。この前立腺が肥大するとやたらとチッコがしたくなる。それも夜半にチッコがしたくなるので、そのたびに起きてトイレに行くのだがわずらわしいことこの上ない。

 私の場合はほぼ1時間ごとに目が覚めて、夜半6~7回はトイレに行っていたことになる。こんなにトイレに行くと寝覚めも快適さからは程遠く、昼間もなんとなく眠たい。
もうやだ、これじゃチッコ製造器だ。医者に見てもらおう
近所のみどり泌尿器科皮フ科医院に駆け込んだ。

 この医院の前で偶然にGoogleおじさんに出くわした。
そうか山崎さんもとうとう前立腺肥大か」なぜかとてもうれしそうだ。
ここの先生はとても評判の先生で患者も多いのですよGoogleおじさんは地区の情報に非常に詳しい。

 実はここの院長先生と私は四季の道での知り合いである。とても礼儀正しい先生で私が清掃活動をしていると「いつもご苦労様です」と丁寧に頭を下げる。お礼を言う人は多いが、頭を下げる人は少ないので、こちらも恐縮して頭を下げている。

 お医者さんにかかるなら知り合いが一番で、心置きなく相談できるのがいい。
いやー、山崎さん、どうしましたか」診察室に入ると先生が気楽に声をかけてくれた。夜間の頻尿について説明すると、超音波エコー検査で前立腺をチェックした後、お尻から指を入れて前立腺を触診する。
山崎さん、これはだいぶはれてますよ。押さえると感じるでしょう
触れられるとなんともいえない不思議な感覚だ。気持ちが悪いと言うのが一番近い。

癌でもなんでもないので、薬で治りますよ。2週間後またきてください」聞いてほっとした。正直言うが私はと言う言葉に弱い。
昨日から4種類の薬を飲んでいる。排尿障害を改善する薬と、細菌の感染を抑える薬だ。後者は抗生物質なので本当は飲みたくないのだが、頻尿を押さえるほうが大事なので、毎日飲んでいる。
飲みだして2日目だが、夜半トイレに行く回数が少し減ってきた。


亀ゴン、ひどいことになった。坐骨神経痛に加えて前立腺肥大症になってしまった
年をとると中古の自動車と同じで、いたるところが故障するものです。かつては人生50年でしたのでポンコツになる前に死亡してましたが、今ではポンコツでも何とか動かさなければなりませんからね

どうにかならないものだろうか
いっそ、神様のお迎えを受け容れたらいかがですか

「言ってくれるね。じゃ亀ゴンの食事はなしになるよ
神様は冗談ですが、やはり自然の摂理は素直に受け容れることが必要です。50年を越えればあとは余禄の人生です。身体にあちこち支障が出るのは半分は運命でしょう

(注1)前立腺肥大症
前立腺は男性のみに存在し、精液をつくっている臓器。高齢化に伴い前立腺が肥大し、50歳代の男性の約40~50%、80歳以上の男性では80%を超える人が前立腺肥大症にかかる。肥大した前立腺が尿道を圧迫して狭くするので、尿が出にくくなり、さらに進行すると、尿閉(尿が殆んど出なくなる状態)となり、尿道にカテーテルを入れて強制排尿する。

(注2)使用した絵は「泌尿器診察室」というHPに張られていた画像です。

|

« (20.10.16) 拉致問題解決は日本国民自身の課題だ その2 | トップページ | (20.10.18) アメリカ金融危機のツケは誰が払うのか »

個人生活 健康」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
『前立腺肥大症.com』を運営している木下と申します。

貴HPを紹介してもよいか確認したく
メールをさせていただきました。

前立腺肥大症を患った方に役立つ情報を紹介することで
少しでも悩みや疑問を解消できれば、と考えております。

御了解頂けるようでしたら
折り返し掲載方法をご連絡差し上げますので
何卒よろしくご検討をお願いいたします。

メールにてご返信頂ける場合は、下記アドレスまでお願いいたします。
mail☆hidaisho.com(@を☆に変更しております)

(山崎)どうぞ自由にご利用ください。

投稿: 前立腺肥大症.com | 2008年11月21日 (金) 08時45分

はじめまして。
『前立腺肥大症.com』を運営している木下と申します。

貴HPを紹介してもよいか確認したく
メールをさせていただきました。

前立腺肥大症を患った方に役立つ情報を紹介することで
少しでも悩みや疑問を解消できれば、と考えております。

御了解頂けるようでしたら
折り返し掲載方法をご連絡差し上げますので
何卒よろしくご検討をお願いいたします。

メールにてご返信頂ける場合は、下記アドレスまでお願いいたします。
mail☆hidaisho.com(@を☆に変更しております)

(山崎) 私の経験でよければどうぞご利用ください。

投稿: 前立腺肥大症.com | 2008年11月21日 (金) 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (20.10.16) 拉致問題解決は日本国民自身の課題だ その2 | トップページ | (20.10.18) アメリカ金融危機のツケは誰が払うのか »