« (20.10.12) 坐骨神経痛 その4 | トップページ | (20.10.14) 花と緑のガーデニング探訪ツアーに参加した。 »

(20.10.13) 金融危機と国家の破算 アイスランド

523_021_2   アメリカ発の金融危機は金融機関の破綻ではとどまらす、国家の破算に及び始めた。アイスランドのことである。
アイスランドは大西洋の北に浮かぶ人口32万の国で、風光明媚な観光地として知られているが、国家と言うには余りに小さく、日本的な感覚では程度の規模に当たる。

 いまそのアイスランドヨーロッパの最も弱い輪として、国家破算の瀬戸際に立たされている。この国には3つの大手金融機関があるが、3行とも経営破綻し国有化されてしまった。
もっとも大手金融機関といっても規模的には日本の地方銀行程度なので、本来ならば世界的な問題にもならないはずだが、この銀行にイギリス人を初めとする外国人が大量に預金していたので問題が国際化した。
預金の規模は約8兆円に登る。

 近年アイスランドは世界の中でも最も豊かな国の一つと見られていたが、豊かさの源泉は金融業にあった。外国から集めた資金を、サブプライムローンがたっぷり入っていた高利回り商品に投資して利ざやを稼いでいたわけだ
ちょうどシンガポールのような国だと思うとイメージが沸く。

 ところがアメリカ発の金融危機が起こり、小規模なリーマン・ブラザーズのような金融機関がばたばた倒産してしまった。政府はあわてて国有化したが、さりとて政府に支援する資金があるわけでない。

 仕方なくアイスランド政府が「自国民の預金以外は保証しない」と言ったので外国人が驚いた。特に預金者が多かったイギリスが噛み付いたが、アイスランド政府としては背に腹は変えられない。
外国の預金者も保護してもらえたければ金を貸せ」と居直った。

 イギリスは自国の金融機関の救済に9兆円の公的資金導入をするのがやっとなのに、アイスランドを助ける余裕などない。
それならと、アイスランドの銀行が英国内に持つ資産を取り上げて、それで英国人のアイスランドにある銀行預金と相殺する措置をとった。

アイスランドはテロリストであり、イギリス政府はテロリストの預金を凍結できるブラウン英首相はそういったが、かなり乱暴な論理だ。
さっそくアイスランドのホルデ首相が「英国が我々をテロリスト扱いすることは不愉快だ」と応じた。
互いに興奮して収拾がつかなくなってきており、昔だったら戦争だ。

 アイスランドはヨーロッパが全く相手をしてくれないので、ロシアに泣きを入れた。「40億ユーロ(約5400億円)貸してくれ
ロシアは前向きに検討していると言っているが、ことはそれほど単純ではない。なにしろロシアとて金融危機の埒外ではなく、株式市場を閉鎖するほど追い込まれている。

 40億ユーロ程度なら融資可能だろうが、ことはこの程度で収まるはずがない。この融資を回収したければさらに多くの資金をロシアはアイスランドにつぎ込まなければならなくなる。
原油価格の低下と、金融危機がロシア経済の屋台骨を揺るがし始めた時に、アイスランドの支援などしていられないはずだ。
私の予想は「ロシアはぐずぐずと引き伸ばしをして、結局貸し出しに応じない」というものだ。

 それにしても今回のアイスランドの倒産前夜を見ると、国家が倒産する時はどうなるかがよく分かる。

① 自国民以外の預金は保護しない(外貨預金を外国の銀行にしている人は保護されない。なお本当に国家破産すると自国民の預金も保護できなくなる
② 相殺のために相手国の銀行資産を差し押さえるが、法的根拠があいまい(
ほとんど戦争状態になる
③ 第3国に支援を求める(
IMFに支援を求めると、国家が管理されるため、ロシアのほうがマシだとの判断
④ そうしても結局は国家破産して国際的な枠組みで支援されるより手はなくなる(
これは私の予測

(注) 金融危機に関する記事はカテゴリー「評論 アメリカ経済」に入っております。





 

 

 
 

 

|

« (20.10.12) 坐骨神経痛 その4 | トップページ | (20.10.14) 花と緑のガーデニング探訪ツアーに参加した。 »

評論 世界経済 金融恐慌」カテゴリの記事

コメント

この夏、山崎さんのブログを知ってから▶比較的◀マメにパソコンを開くようになり、最近の金融問題が持ち上がってからは、▶とても◀マメにパソコンをのぞくようになりました。
山崎さんの経済論はとても分かり易く、読み易く、また、しっかりと予測もされていて、とても興味深く読ませて頂いてます。
’新聞読むより、まず、YAMAZAKI!’


これからも腰痛に負けず、益々お元気で、ブログの更新楽しみにしています!

(山崎)私の経済論のファンがいるなんて、うれしくて涙が出てきそうです。

投稿: 山崎家のファン | 2008年10月16日 (木) 10時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (20.10.12) 坐骨神経痛 その4 | トップページ | (20.10.14) 花と緑のガーデニング探訪ツアーに参加した。 »