« (20.9.6) 最後のスポーツは自転車か | トップページ | (20.9.8) 四季の道のワンチャン その2 »

(20.9.7) 5月の白馬岳 NO4

1975年 29才 山口

白馬岳  4月26日~4月28日 単独行(2泊3日)

 この頃は肉体的にも精神的にも絶頂期にあり、ほとんど登山熱に浮かされていたといってよい。
5月の連休前後に休みを取って白馬岳に出かけることにした。
当時はまだ連続して休むことは「金融機関の職員としてはあるまじき行為」と思われており、上司からずいぶん顰蹙(ひんしゅく)をかったものだ。

 早春の白馬岳は残雪が多く、天候が崩れると冬山のようになるので油断できない。当時私は山口にいたのだが、アイゼンとピッケルを買いにわざわざ福岡まで行って装備を整えた。

 白馬岳は予想したとおり雪が深く,山荘はやっとオープンしたばかりだった。大雪渓を眺めてみるといたるところに雪崩の跡がある。
こりゃまずい。雪崩に会いそうだ
大雪渓を避け横の岩稜伝いに冬山ルートの足跡があったのでそれをたどることとした
ここは夏にはブッシュで登ることはできないが,雪のある期間はブッシュが雪にうずもれているので登ることができる。

 しかしこのルートは雪渓のルートに比較すると長く体力勝負のようなところがあり,特に岸壁の取り付きは雪が溶けて、深くくびれているため登るのに大変苦労する
一旦おり、次に足で雪を固めて岩に取り付こうとしたが何回やってもすかすかの雪を踏み固めているような状態になって足元が定まらなかった。

 それでもどうにか岸壁に取り付くことができ、1時間程度かけて30m程度の岸壁を登りきったところで精魂尽き果てた。

 身体がうごかない。仕方なしにしばらくピッケルを雪に突き刺してへたり込んでいたら、前から山の稜線伝いにサンタクローストナカイに引かれてやってくるのには驚いた。鐘の音まで聞こえる。
すごい、こんなところにサンタクロースがいる

 しかしよく見ているとそれはサンタクローストナカイでなく、であることに気づいた。すごいうなり声だ。
まずい、稜線で熊に会っては逃げられない

 私はピッケルを手に抱えて熊と戦おうと構えたが、いくら待っても熊はそれ以上近づかない。
なぜだ、なぜ近づいてこない

 しばらくにらみ合っているうちに何かおかしいことに気づいた。全く相手は動かないのだ。
ようやく疲れが取れて自分の身体が動くようになったので、に近づいてみると、雪の間から顔を出している黒岩だと言うことが分かった。

 人間精魂が尽きると幻覚を見るのだと言うことをこの経験で始めて知った

 白馬岳からは栂池高原スキー場に降りた。
途中でブロック雪崩のあとを見たが、トラックほどの大きさの雪の塊がごろごろしていた。
これじゃ、巻き込まれたらひとたまりもないな

 栂池まで降りると、スキー客が私の真っ黒になった顔をみてびっくりしていた。顔をカバーするすべを知らなかったのでひどい日焼けになり、ヒマラヤから降りてきた登山家のような顔になってしまっていた。

 会社に出勤する頃は顔の皮膚がはがれて実に醜い状態になっていた。上司に言われたものである。
山崎君、そんな顔でお客様に会うつもりですか

写真を掲載いたします。プリント写真が古くなっており発色は良くありません
http://picasaweb.google.co.jp/yamazakijirou/nWrDJD?authkey=9eiI-zwAp0w

|

« (20.9.6) 最後のスポーツは自転車か | トップページ | (20.9.8) 四季の道のワンチャン その2 »

個人生活 登山」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!

懐かしい色合いの写真ですね。

お写真に、29才の若さの山崎さんを見つけて喜んでしまいました。

帽子をかぶって見えるのが残念ですが・・・

(山崎) このころはまだ髪の毛がふさふさしていました。そのころの姿をF姉さんに見せたかったです。

投稿: F姉さん | 2008年9月 7日 (日) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (20.9.6) 最後のスポーツは自転車か | トップページ | (20.9.8) 四季の道のワンチャン その2 »