« (20.6.30) 原油価格の高騰はピークアウトしそうだ  | トップページ | (20.7.2) 友達 その2 »

(20.7.1) おゆみ野四季の道の駅伝大会

 おゆみ野四季の道駅伝大会来年の2月15日(日)に開催される。
今回の駅伝大会おゆみ野で始めて開催されることもあり、対象を小学生、それも3年生以上に限った
やはり最初から誰でもと言うのは無理でしょう」大会事務局の配慮だ。

 5人一組4年生以上は5km(一人当たり1km)、3年生は2.5km(一人当たり500m)の距離をたすきリレーで走る。
今はおゆみ野6校ある小学校に、出場の打診をしている段階だ。

 ここおゆみ野には四季の道と言うとても素晴らしい遊歩道があるのだが、この遊歩道を利用したイベントが少ない。隣のちはら台ではかずさの道を利用した駅伝大会がかなり前から行なってきており、地域に根付いたイベントになっている。

ぜひ、おゆみ野でも駅伝大会をしたいものですね」あちこちからそうした意見がでてきて、今回おゆみ野地区社会体育振興会が中心になって、駅伝大会の素案を作ってくれた。

 先日(29日)その第一回目の打合せ会が、おゆみ野のコミュニティーセンターでもたれた。こうした試みはおゆみ野地区の多くの団体が協力しないと実現が難しいため、実行委員として体育指導委員育成委員44連協および社協等の役員が参加している。

 私は市民ネットの福谷議員から「山崎さんは四季の道のランナーだから参加してくれませんか」と依頼を受けた。
私は頼まれると断れないので「はい、分かりました」と答えたが、最近は調子よく引き受けた仕事が多くなって、信じられないことにカレンダーにスケジュールが書き込まれている。

 今後は月に1回のペースで打合せを持つことになっているが、実現までには多くの人の協力と努力が要りそうだ。

 各小学校から学年別にチームを作ってもらう予定だが、まず人数確保には苦労しそうだ。
ちはら台の駅伝大会でも、学校行事の一環として参加してくれるちはら台南中学以外の参加率は極端に悪かった。
どうやらキーは学校がどの程度積極的に取り組んでくれるかにありそうだ。

 また途中にある道路との交差地点での交通整理はかなり大変そうだ。運転手とのトラブルを避けるため、事前の周知徹底や警察の協力を仰ぐ必要があるだろう。

 資金についても十分な予算があるわけでなく、今後は地区の商店等にも協力を仰ぐことにもなるだろう。

 イベントとして成功させるために、トン汁等の提供もしたいが、どの程度の参加が見込まれるかはっきりしないと計画も立てられない。

 すべてはこれからの実行委員の動きにかかっており、私も実行委員のひりとして協力することにした。

亀ゴン、私も忙しい人間になってきた。今までは真っ白だったカレンダーにスケジュールが書いてあるよ
今までは年に数回のマラソンレース以外には何もなかったのですから、たいしたものです

しかし、今回の駅伝大会は実施するまでかなりの努力が要りそうだ。小学校の協力がないと出席者が限られるだろう
それに駅伝大会では必ずといっていいぐらいメンバーの誰かが故障で出られなくなりますが、その穴埋め作業を誰がしてくれるかですね

「うん、ほとんど直前にリタイアがあるからなあ。ちはら台走友会でもメンバーの入れ替えで会長がいつも頭を悩ましているよ。
直前だと大騒ぎだ。それを小学校の先生がしてくれるかどうかがポイントだな
」 

|

« (20.6.30) 原油価格の高騰はピークアウトしそうだ  | トップページ | (20.7.2) 友達 その2 »

マラソン 四季の道駅伝大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (20.6.30) 原油価格の高騰はピークアウトしそうだ  | トップページ | (20.7.2) 友達 その2 »