« (20.7.18) 逆井(さかさい)の鐘が快調だ | トップページ | (20.7.20) 教育委員会に国語教育を »

(20.7.19) 苅田郷の陶三様展

Image0  京成おゆみ野駅から歩いて10分程度の場所に、おゆみ野とは全く異なった昔ながらの村落があり、その一角に古民具工芸の村苅田郷(かったごうがある。

 その苅田郷7月19日から27日までの9日間、若手陶芸家の陶三様展が開催される。開催時間は午前10時から午後5時までである。
苅田郷には土蔵を改修した凌雲堂というギャラリーがあり、そこで若手陶芸家が精魂こめて作った作品が展示即売されている。

 私は陶芸家の一人、高梨洋一さんとは知り合いなので陶三様展について聞いてみた。
何時から陶三様展を始めたのですか
3年前からです。私がほかの二人に呼びかけてはじめました

高梨さんは笠間で修行されていますが、皆さん、笠間焼きの作陶家と言っていいのですか

たしかに笠間で修行を積んだ仲間ですが、必ずしも笠間焼きというわけではありません。それぞれが工夫をしながら新しい陶芸を目指しています。
それと私自身については陶芸家と言われるような位置にあるとは思っていません。焼物屋と自分では思っています

どのような作品を展示されるのですか

主としてコップやお皿ですが、できるだけ品質の良いものを展示即売します。悪いものを売ると、あそこはそうしたものを販売するところだと客さんから思われてしまいます。長い目で見るとそうした評判は取りたくないのです

 高梨さんは非常にまじめな方で、今日からの陶三様展に全力を注いでいる様子がよく分かった。
以前会ったときに比べると身体が痩せ細っている。

ずいぶん痩せましたね
準備が大変なのです。今日も夜中までかかりそうです

 ここおゆみ野に隣接して、おゆみ野とは異なった異空間が存在し、そこで若手陶芸家(焼物屋)が努力している姿を見ることができる。
苅田郷そのものも魅力ある場所なので、もしこの場所を知らない人がいたら、一度訪問されることを勧める。
きっと気に入られるのではなかろうか。

出品作品の写真を撮ってきました。
http://picasaweb.google.co.jp/yamazakijirou/20715?authkey=0SyNNbCp2sQ

(別件)

* 「おゆみ野の森」の草刈について

 7月18日(金)に出られる人だけ(5人)で草刈を実施しました。事前に「休日であれば草刈をしたい」と申し入れをいただいた方には、大変申し訳ないと思っております。
次回からは「休日に草刈をして見よう」との案も出ておりますので、検討することにしました。

 なにしろ雑草の成長力は強く、ほっておくとどこまで伸びるか分からない状態です。今後とも草刈隊の活躍が期待されます。


* おゆみ野の森の活動日(第3日曜日)

 7月20日が定例的な活動日です。時間は10時からおよそ13時ごろまでで、参加は自由でかつ無料ですので、まだこられた経験のない方は是非来て見て下さい。子供連れの参加者が多いのが特色です。
今回はそうめん流しを予定しています。

 なおそこで会員になっていただければ次回からは連絡が届く仕組みになっていますので、気軽に会員になってください。

(注)私自身は「おゆみ野の森を育てる会」の事務局ではないのですが、事務局メンバーのOさんから、「おゆみ野四季の道」で是非情報発信をしてほしいと言われてます

 

 

 

|

« (20.7.18) 逆井(さかさい)の鐘が快調だ | トップページ | (20.7.20) 教育委員会に国語教育を »

地域活動 苅田郷」カテゴリの記事

コメント

ご紹介ありがとうございます!陶三様展に行ってきました。このあたりの静寂に包まれた景色が好きで、ときどき散歩するも、苅田子郷の中に入る勇気が無く、通り過ぎていました。お陰様で、機会を得て訪れてみると、素敵な器や暖かな方々と出会えてうれしく思いました。このお皿にこんなお料理をのせたら~なんて夢を描いていると、そばに居た食べ盛りのお子達が現実に引き戻してくれました。夢はしばらくお預け・・・・です。

(山崎)陶三様展に行ってくださってありがとうございます。この場所が気に入ってくだっさってとても嬉しいです。

投稿: 母ちゃんマン | 2008年7月28日 (月) 14時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (20.7.18) 逆井(さかさい)の鐘が快調だ | トップページ | (20.7.20) 教育委員会に国語教育を »