« (20.7.11) 小学校の授業が始まった | トップページ | (20.7.13) 評議員にになって2年目だ »

(20.7.12) 大分県教育界は大揺れだ

 私も教員(特別非常勤講師)の一人として、今回の大分県教員採用試験昇格試験贈収賄事件に無関心でいられなくなった。
なにしろこの贈収賄事件は次々と新事実が出てくるので、一体どこまで拡大したらとどまるのか訳が分からなくなっている。

 大雑把に言って、小学校、中学校、高校の教員採用試験合格の半数、および教頭・校長の昇格試験合格者のほぼ全員、および教育委員会が組織ぐるみ贈収賄事件に関連していると言うのだ。

 08年度小学校の教員採用試験合格者は41名中学校31名だが、はっきりと分かっている小学校では15名が点数のかさ上げをしてもらって合格していた。
一方10名点数のかさ下げをされて不合格にされていたのだと言う。
中学・高校も同様の傾向だが、まだ詳細は判明していない。

 これはすべて教育委員会NO2二宮正人容疑者の指示に基づき、義務教育課人事班の江藤勝由参事の手で行なわれていたと言うから驚く。このルートが増収賄のメインルートだ

 今回の事件で私が心から同情したのは、点数をかさ下げされて不合格にされた10人だ(他に点数はそのままだが、かさ上げ者より点数が少なかったため不合格になった5名がいる。まじめに勉強をして実際に教員になれたはずなのに「あんたは学力がないから不採用だ」と言われてしまった。
これでは試験を何のためにやっているのかわからない。

 私は大分県教育委員会採用試験に当たって次のように公表すべきだったと思う。

採用試験に当たっては、ペーパーテスト、作文、面接のいかなる点数も採用試験の参考にしない。すべて教育委員会および義務教育課人事班に対する情実によって決定する。

 したがって受験者は、政界・財界・教育界のあらゆるコネを総動員し、さらに足らざるところは資金を十分提供し、義務教育課人事班参事が納得するように行動されたい。

 間違っても教員は教育者としてすぐれた資質があるから採用するのではないので、受験生は試験勉強に努力することなく、世間はコネで成り立っているという一般常識に従って行動することを期待する。

以上通知する。大分県教育委員会

 また、教員採用だけでなく、校長や教頭の昇格もすべて、江藤参事の情実によって決まっていたようだ。こちらの場合は江藤参事の部下、矢野容疑者が仲介者として斡旋していたらしい。

 従来どうしても教頭になれなかったA氏の事例が明らかになっている。A氏矢野容疑者の斡旋で50万円の商品券を贈ってやっと教頭になれたと言う。

 それ以前A氏は4年連続で教頭試験に不合格になっていたが、合格者と答え合わせをしてみるといつも成績が良かったのだと言う
そのような状況で矢野容疑者から「コネを使わなければ昇格は難しい」といわれ50万円の商品券を包んだのだそうだ。

 この教頭は小学校を去るにあたり「教頭は誘惑に負けた悪い人間です。君たちは正しい行いができる勇気ある人となってください」と言い残しているが、この教頭が悪い人間とはとても思われない。

 情実以外で昇進できないのであれば、誰でも仕方なく金品の提供をしてしまう。大分県教育委員会がすべて金品の授受で校長・教頭の昇格を決めていたのだから、これは教育委員会の責任でA氏は無罪だ。

 しかし考えてみれば教員の採用も校長の昇格人事もある個人に権限が集中しているとは、信じられないような人事制度だ。
結局有る特定の個人が全権限を持つと、最終的には情実の世界になると言う好見本だ。

 そして他の都道府県でもまったく同様の人事制度を採っているのだから、牛やブタやうなぎの産地偽装問題と同様に、全国規模で教育界のうみをこれから何回も見せ付けられることになりそうだ。

 

 

 

|

« (20.7.11) 小学校の授業が始まった | トップページ | (20.7.13) 評議員にになって2年目だ »

評論 日本 教員採用試験汚職問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (20.7.11) 小学校の授業が始まった | トップページ | (20.7.13) 評議員にになって2年目だ »