« (20.5.10)ネコババはまずいけれど | トップページ | (20.5.12)胡錦濤国家主席の訪日は大成功だ »

(20.5.11) ありがたいことだ

おゆみ野四季の道」のテーマソング。以下のファイルをダウンロードすると曲が始まります。
 「pianotokurarinetto.mid」をダウンロード



 ありがたいことだと思う。おゆみ野クリーンクラブが、新都市ライフの「おゆみ野市民活動助成事業」の対象になり、資金助成をしてもらえることになった。

 クリーンクラブの活動は、四季の道等の遊歩道公園清掃活動と、おなじく遊歩道公園落書き消去だが、落書き消去のためのペンキ代に苦慮していたからだ。

 ペンキ剥離剤は高い。たとえば1.6Lのペンキで3000円程度するが、これで消去できるのは15㎡程度だ。道路下の通路の壁などは片側だけで通常2缶必要になる。

 昨年のペンキ代実績は約4万円だったが、市から「落書き防止条例」に基づく現物支給を1万円程度してもらい、残りは自己負担した。
街を美しくするための自己負担ではあるが、やはりそれなりにつらい。
本来もう少し美しく塗りたいところも、ペンキをケチったりしている。

 だから今回「おゆみ野市民活動助成事業」として資金助成をしていただいたことに心から感謝している。
これで街の落書きをもっと綺麗に消去できるぞ」嬉しくなってしまった。

 今日(10日)、ぷらっとおゆみ野おゆみ野ホールで一次審査を通過した14団体の説明会があった。各団体10分程度の持ち時間で、団体側の資金助成をしてもらいたい理由の説明と選考委員からの質問を受ける。

 私はおゆみ野クリーンクラブの代表として説明を行なったが、こうした説明をするのは実に久しぶりであったので少し緊張し、心臓がどきどきした。

 今回とても参考になったのは、このおゆみ野地区に色々な団体があり、それぞれ有意義な活動をしていることを知ったのと、その代表者に会えたことだ。
ああ、この人がこの活動をしてたのか」名前だけ知っていた人に、実際に会うことができた。

 4時ごろから、助成金授与式が行なわれたが、その席で選考委員長から、助成の主旨説明がなされた。

・ できるだけ新規の団体を対象にしたこと
・ 従来から支援を行なっていた団体には新規の取り組みを期待したこと
・ おゆみ野地区全体の広がりのある事業を助成の対象にしたこと
等である。


 おゆみ野クリーンクラブを立ち上げて1年半たったが、ようやくこのクラブも社会的に認知されてきたと思うと、喜びがわいてくる。
名前に恥じないように、おゆみ野の環境保全に全力を尽くそうと心を新たにした一日だった。

(募集)おゆみ野クリーンクラブの会員の募集をしています。

 活動は上記の、清掃活動と落書き消しの二つですが、強制は一切ありません。

 清掃活動については、会員が自由に自分のテリトリーを決めて、自分ができる範囲内で活動をしていただければ結構です。
毎週金曜日の10時から鎌取駅周辺で合同の清掃活動を行なっていますが、これへの参加も自由です。

 落書き消しは若干の技術が必要なので、現状は特定の人が行なっています。

 この街を美しくしたいと思っておられる方の参加を希望いたします。




 選考結果の発表等の写真です。
http://picasaweb.google.co.jp/yamazakijirou/20510?authkey=ehAL1DdYtB0

 

 

 

 

 

|

« (20.5.10)ネコババはまずいけれど | トップページ | (20.5.12)胡錦濤国家主席の訪日は大成功だ »

ボランティア クリーンクラブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (20.5.10)ネコババはまずいけれど | トップページ | (20.5.12)胡錦濤国家主席の訪日は大成功だ »