« (20.3.5)捕鯨反対運動について | トップページ | (20.3.7)中南海のたそがれ »

(20.3.6) 始業時間

おゆみ野四季の道」のテーマソング。以下のファイルをダウンロードすると曲が始まります。
 「pianotokurarinetto.mid」をダウンロード



 毎日早朝、清掃活動をしてて気づくことの一つに、始業時間を守らせるために、各学校で色々な対応をしていることだ。

 扇田小学校では校長先生がいつも門の前に立っていて大声を上げている。体格のよい声のよく通る先生だ。
毎日清掃活動の途中で顔を合わせるので親しくなって会話を交わす仲になった。

 先生によると子供の表情一つでその子供の心が分かるのだと言う。
ほら、あの子は沈んだ顔をしているが、普段は元気におはようと言う子なんですよ。今日は家で何かあったのかな

 始業時間に遅れそうな子供を見ると大声で呼んでいる。
「○○君、早く駆けて来なさ
子供の名前をほとんど覚えているのにはびっくりした。

 今日は校長先生から幼児教育論を聞いた。聞いたのは私とカモシカ姉さんである。

小学校に上がる前の児童には、全人格的にほめるのはかまわない。しかし小学校にあがってからはそれは駄目だ。

 具体的にほめ、具体的にしからなければならない。たとえば悪口を言っている子に対しては『君は悪くないが、君の口は悪い』という。
手で悪さをする子がいれば『君は悪くないが、君の手はわるい』という。

 ところが世の親御さんや教師は小学校にあがっても、全人格的にほめたり、しかったりする。
これではあるときまでいい子だったのが、急に悪い子になって、子供は動揺するばかりだ。

 だから、
遅刻した子には『君は悪くないが、君の足は悪い』としかる必要がある」


 校長先生の話を聞いて感心していたのだが、カモシカ姉さんによると、そもそも「昔は校門に先生が立っているようなことはなかった」という。

私が小学生の頃は、学校に行くのが楽しくて、いつも始業時間前に学校に着いてたわよ。遅れてくる子なんて病気の時以外いなかったわ

 カモシカ姉さんに言われて私もそうだったことを思い出した。
見ていると昨今は遅刻する児童が相当数いる。
校長先生が校門にたたなければならないほどの変化だ。

 実は社会人にとって時間を守ることは必須の素養になっている。
サラリーマンならだれでも知っているが、朝遅刻をすることが最も嫌われる。
遅れたときは弁明にこれ努めなければならない。
電車が遅れまして、もうしわけありません
途中で気持ち悪くなりまして、休んでました

 一般社会では絶対に要請される時間を守ると言うことが、小学生にできなくなってきているらしい。
なぜなのだろうか」と考えたが、あいにく私の子供は20年以上も前に小学校を卒業しているので、観察対象がいない。

遅刻をする児童はどのような児童なのか
誰か教えていただけるとありがたいのだが。

 

|

« (20.3.5)捕鯨反対運動について | トップページ | (20.3.7)中南海のたそがれ »

個人生活 学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (20.3.5)捕鯨反対運動について | トップページ | (20.3.7)中南海のたそがれ »