« (20.3.28)体力低下が始まった | トップページ | (20.3.30)朗読会に参加した »

(20.3.29)落書き消しは大忙しだ その2

おゆみ野四季の道」のテーマソング。以下のファイルをダウンロードすると曲が始まります。
 「pianotokurarinetto.mid」をダウンロード


 京成おゆみ野駅駐輪場が再び荒らされた。この事実を私が知ったのは、毎日見ているAさんのブログに記載されていたからだ。
しかし自分ではこの場所の前の四季の道を毎日清掃しているのに気がつかなかった。

 この駐輪場は前から問題があって、駅から遠すぎるために誰も使わない。ここにある自転車はほとんどが盗難にあって壊され、そのまま放置された自転車である。まともな自転車は存在しない。
壊されたバイクも散乱している。

 この場所がひどく荒れていることが四季の道から見える程度になると清掃をすることにしていたが、普段は近寄らなかった。
ここはどうも近寄らないほうがよさそうだ」何か犯罪の臭いがする。

 ところが先日、この駐輪場の壁にひどい落書きがされたと言う。Aさんのブログを見た翌日確認しに行ったが、いつもの稚拙な文字で落書きがされていた。

 落書きにも種類と言うものがあり、絵画系文字系に大別される。
一般に絵画系にはかなり念入りに描いたものがあり、本人は芸術家のつもりになっているらしいことが分かるし、実際に相応の傑作もある。

 一方文字系の場合は書かれた内容はほとんど稚拙なもので、今回も「喧嘩上等」と書かれていたが、知性のなさを露呈しているようなものが多い。
せめて「四条河原の落書」程度の面白さがあったらと思うが、いまだかつてお目にかかったことがない。

 しかし学校が休みになるとこの種の落書きが増えるのは毎度のことだ。
おゆみ野クリーンクラブは千葉市の落書き防止条例に基づく「落書き消去活動に対する支援」を受けているので、さっそく落書き消しに出かけることにした。
メンバーはいつもの I さんと二人である。
「 I さん、また付き合ってください
ええやりましょ

 落書き消しの鉄則即消すことで、ほおっておくとたちまちのうちに落書きだらけになってしまう。
今日もとりあえず綺麗に消しておいたが、気の重い作業だ。

主よ、この街がふたたび落書きだらけになりそうです。主の御言葉にしたがって落書きを消していますが、ロドリゴは疲れてしまいました。
主よ、どうかこのロドリゴの弱き心をお救いください

ロドリゴよ、狭き門より入るのじゃ。さだめを受け入れなさい

主よ、落書き消しがロドリゴのさだめなのでしょうか
そうじゃ、ロドリゴよ、くじ引きでそう決まったのじゃ


落書きの消す前と消した後の写真を掲載します

http://picasaweb.google.co.jp/yamazakijirou/20328?authkey=wtmXTcUFjnM

 

 

|

« (20.3.28)体力低下が始まった | トップページ | (20.3.30)朗読会に参加した »

ボランティア クリーンクラブ ペンキ塗り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (20.3.28)体力低下が始まった | トップページ | (20.3.30)朗読会に参加した »