« (20.2.5)夏の道のケヤキの剪定について | トップページ | (20.2.7)「この人に会いたい」の通信員になった »

(20.2.6)私だけが知っている

おゆみ野四季の道」のテーマソング。以下のファイルをダウンロードすると曲が始まります。
 「pianotokurarinetto.mid」をダウンロード



 「私だけが知っている」というテレビ番組を覚えておられる方がいるだろうか。
1957年から約6年間に渡って放送されたNHKの看板番組で、放送を見ながら、徳川無声を中心とする探偵が犯人を推理すると言う番組だ。
私が中学生から高校生の頃の番組である。

 最後に「私だけが知っている」から始まるナレーションが謎解きをして、探偵の推理が正しかったかどうかが分かる仕組みになっていた。

 実は先日我が家で「ボケはだれか」が論争になった。
ことの発端はかみさんが、溶けたチーズに野菜やパンやソーセージをつけた食べるチーズフォンジュと言う料理を作ったことに始まる。

 かみさんは最近盛んに料理番組を見ては新しい料理に挑戦しており「最近のママさんは、料理のバラエティーが豊かだな」なんて和気あいあいと食事が進んだ。
食卓を囲んだのは、かみさんの3名である。

 問題が発生したのは、ほとんど食べるものがなくなってきた頃だ。
見るとチーズを溶かしたボールの中に、食べかけのブロッコリーが入っていた。

お父さんはまたぼけちゃって、ブロッコリーにチーズをつけたのをわすれてるよ」かみさんがすかさず言った。
私じゃないよ、第一私はブロッコリーは食べない
私がブロッコリー嫌いなのは我が家では周知の事実だったので、かみさんは娘に向かって言った。

Aちゃん、若いのにぼけちゃって。ブロッコリーがボールに入ったままよ
これに娘が反論した。
おかあさん、私は自分のしたことをすぐ忘れるようなことはしません。お母さんが残したのじゃないの

かみさんがカチンと来た。
ブロッコリーの置いてある方向を見てごらん。茎の部分がAちゃんのほうをむいてるじゃない。Aちゃんがチーズをつけようとして置いたのよ

娘がカチンときた。
お母さんは最近物忘れが激しいから自分のしたことを忘れてるのよ

すっかり楽しい食事の雰囲気が一変してしまった。
しかしいったい誰が置いたのだろう。

推理1 おとうさん
しょっちゅう物忘れをする。ただしブロッコリーは嫌いだから通常は食べない。ブロッコリーを嫌いなことを忘れて食べようとして、そのままボールに置いたと言うことは考えられる。

推理2 おかあさん
最近物忘れが始まったが、お父さんほどではない。自分はいつも正しいと思っているので、何か問題があると他人のせいにする傾向がある。

推理3 娘
基本的にしっかりものだが、ブロッコリーの茎が娘のほうを向いていたのは痛い。あたかも娘がチーズをつけようとして忘れたような状態になっている。

さて、犯人は誰だと思いますか。
私だけが知っている。ぼけたのは誰か

     

|

« (20.2.5)夏の道のケヤキの剪定について | トップページ | (20.2.7)「この人に会いたい」の通信員になった »

個人生活 家庭」カテゴリの記事

コメント

楽しくその場の空気に浸っているというか、おいしすぎて細かいことすっかり飛ぶのは多々あることですよね。
 ほほえましいばかりのボケ論争楽しませてもらいました。いくら弁明しても終わりがないまさに、私だけがしっているなんでしょうが・・・。(F)
                                

投稿: F | 2008年2月 9日 (土) 14時51分

食事は家族そろって、仲良くいただくのが最高です。たまには、いさかいになることもあるでしょうが、食事を作った人への感謝の気持ちを忘れてはいけません。いただきますは、食物を作った農家の人への感謝の気持ちを表し、ごちそうさまは、料理を作った人への感謝の気持ちを表現するものだと、私はおもっております。
従ってブロッコリーがどうのこうのと家族の調和を乱すことを助長するような犯人捜しは慎むべきで、「美味しかったよ、お母さん」と言って食べてしまうことではないでしょうか。

(山崎)こうして我が家では冗談を言って楽しんでいるのです。お許しを!!

投稿: 哲郎 | 2008年2月 6日 (水) 15時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (20.2.5)夏の道のケヤキの剪定について | トップページ | (20.2.7)「この人に会いたい」の通信員になった »