« (20.2.26)帽子 | トップページ | (20.2.28)亀ゴンと遊ぶ »

(20.2.27) 強風

おゆみ野四季の道」のテーマソング。以下のファイルをダウンロードすると曲が始まります。
 「pianotokurarinetto.mid」をダウンロード



 ここ数日の強風にはほとほと参ってしまった。四季の道清掃作業のことである。

 ビニール袋やダンボール、発泡スチロールの箱、飛ばされた洗濯物、自動車や自転車のカバー等が四季の道にあふれかえり、その処理にてんてこ舞いしてしまった。

 普段は45Lのゴミ袋があれば四季の道一周しても余裕があるのに、半周しただけでゴミ袋がいっぱいになってしまう。
仕方がないので拾ったビニール袋にゴミを詰め込むのだが、たちまちのうちにこれもいっぱいになってしまう。
それでもまだ処理しきれないゴミが散乱しているのだ。

 特に四季の道の上に道路が走っている場所は最悪で、上の道路上に散乱していたゴミが落ちてくる。おかげで道路下の四季の道の植栽はビニールの花が咲いたようだ。
また吹き溜まりにはいったいどこにあったのかと思われるような古い新聞紙や雑誌が散乱していて、見るだけで気分が滅入る。

今日はいくらなんでも無理だな
翌日に処理しようとしたら、信じられないことに翌日も強風だ。
朝から強風が吹きまくり、ゴミ袋は風をいっぱいに受けて、ちょうど昔の帆船のようになってしまった。身体をまともに動かすこともできない。
ため息をついてしまった。
主はこのロドリゴに試練を与えたもうたのだろうか

 この強風の後片付けをカモシカ姉さん二人でしたのだが、二人とも終戦直後の買出しスタイルになってしまった。

わたし、本当はダンボールを片付けるのはいやなのね。すぐゴミ袋はいっぱいになるし、重いでしょ。
でも、道の真ん中に落ちていると片付けないわけにいかないし、思い切って持ってきたけど、重くて走ることもできないわ

 カモシカ姉さんが、亀しか姉さんになってしまった。
私もゴミ袋を目いっぱい持って風に逆らいながら歩いたのですっかり疲れてしまった。
家に帰って1時間あまり寝込んでしまったが、やはりよる年波だ。
風邪もひいてしまったのか今日(27日)は頭が痛い。

 強風時の清掃作業は苦行そのものだが、カモシカ姉さんによると家の庭の清掃も大変なのだそうだ。

 カモシカ姉さんの隣は空き地になっていてまだ家が建っていないのだが、昨年の暮れに雑草の刈り取り作業をしたのだそうだ。
そこまではよかったのだが、作業中に雨が降ってきたため、従来は刈り取った草を持って行ったのに、今回はそのまま放置されていたのだと言う。

 それがここ数日の強風によりその枯れ草カモシカ姉さんの家の庭に飛んできて、庭中枯れ草だらけになってしまったのだそうだ。

ちょっとした草原なみね。でも枯れ草を取るの、大変なの。外の清掃をした後、庭の枯れ草まで取る気力がわかないし・・・近くの家の奥さんも困りきっていたわ

 いやはや強風のおかげで四季の道もカモシカ姉さんの庭も、てんてこ舞いだ。

 

 

 

|

« (20.2.26)帽子 | トップページ | (20.2.28)亀ゴンと遊ぶ »

ボランティア クリーンクラブ」カテゴリの記事

コメント

23日は春一番が吹き、翌24日は木枯らしX号が吹き、そして今日もまた強風が吹き荒れている。立春とか春霞とか春雨などのどかな季語と春雪・春雷・春の嵐など、激しい気象変化も春の特徴でしょうか。嵐のような中をお掃除ご苦労様でした。お二人のような奇特な方のお陰で、四季の道を気持ちよく歩いたり、走ったり、通学したりできるのですね。
梅が咲き始めました。縮こまっていた木々も、少しずつ芽を出し始めました。お二人に「ごあいさつ」をしているのかもしれませんね。

(山崎)コメントありがとうございます。カモシカ姉さんもこのコメントを見て喜ぶでしょう

投稿: 三郎 | 2008年2月27日 (水) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (20.2.26)帽子 | トップページ | (20.2.28)亀ゴンと遊ぶ »