« (20.1.29)若潮マラソンに行ってきた | トップページ | (20.1.31)ミッション・インポッシブル »

(20.1.30)清掃活動はトレンディ

おゆみ野四季の道」のテーマソング。以下のファイルをダウンロードすると曲が始まります。
 「pianotokurarinetto.mid」をダウンロード

 清掃活動が若者の間でトレンディになっていると教えてくれたのは、おゆみ野クリーンクラブのメンバー、カモシカ姉さんである。

 日経トレンディの記事に「”エコかっこいいが”が若者を導く」という面白い記事があるといって、記事のコピーをみせてくれた。

 読んでみると「原宿に向かう若者が、そろいのユニフォームを着て、手にはゴミ袋といういでたちで、週に3回、朝のゴミ拾いを行なっている」のだという。

 このクラブの名称は「グリーンバード」と言って、渋谷区議会議員の長谷部健氏が議会活動とは別にプロジュースしているのだそうだ。
長谷部氏はクラブのネーミングやグッズのデザインに気を配って「かっこよく作ればマスコミも取り上げてくれる」と考え、そろいのユニフォームなどを作っているのだと言う。

 笑ってしまったのは「こうしたクラブに入ると恋人や仲間がつくれる」をうたい文句にしていることで「清掃活動で恋人ができる」とは思いもしなかった。

 おゆみ野クリーンクラブネーミンググリーンバードとちょぼちょぼだが、年齢層がかなり高く若者の集団と言うわけにはいかない。
私などは61歳だがもしかしたらこのクラブでも熟年の恋ができると誘うのも面白そうだ。

あなたの老眼のめがねが実に美しい
いやだわ、あなたの入れ歯の光沢のほうがすてきだわ

 今回の記事でとても参考になったのは、そろいのユニフォームメッセージを送ると言うことで、また幟(のぼり)なんかも強いメッセージ性があるようだ。
おゆみ野クリーンクラブ毎週金曜日に鎌取駅周辺の清掃を行なっているが、ユニフォームと幟は採用したいものだ

 最もユニフォームを本格的にそろえると金がかかりすぎるので、サッカー選手が紅白戦を行なう時につける識別用のチョッキぐらいがいいのかもしれない。

 それにしても清掃活動がエコ活動の一環として最もトレンディな活動の一つとみなされるとは思いもしなかった。
マアタイさんの「もったいない」と同様に、清掃活動の標語「すてない」が世界的な標語になってくれるといいのだが。


 ボランティアの清掃活動に対するあなたの率直な感度を教えてください。清掃活動はトレンディだと感じますか。

 

|

« (20.1.29)若潮マラソンに行ってきた | トップページ | (20.1.31)ミッション・インポッシブル »

ボランティア クリーンクラブ」カテゴリの記事

コメント

なんとなく騙しているような気もするのですが、まぁ悪いことではないですし、参加することで意識が変わって、本人たちも本気で活動するようになるでしょうね。

ユニフォームはTシャツか、帽子がいいんじゃないでしょうか。帽子だとデザインするところが少ないので、それほど手間はかからないと思いますし。(^_^)

投稿: HARRIER | 2008年1月31日 (木) 19時26分

心斎橋で「オールナイトゴミ拾い」を呼びかけた起業家志望の若者グループもいます。夜通しのゴミ拾いに30人あつまったとか。

渋谷で有名なギャル社長も出勤時に、ギャル社員達と会社ビルの近辺を清掃活動してますね。若者に呼びかけて、どこかの海水浴場の清掃も大々的に行ったようです。

社会の中のひとりとして、何かの役に立つことを確認することで、自分の存在を意識し、元気になる。
こういう活動を通して、若い人達が社会に関心を持って下さるのはいいことですね。

それにしても、オールナイトとは・・考え方が奇抜ですね。

(山崎)いろいろな方がいるのですね。オールナイトはよくウルトラマラソンであるのですが、清掃活動にもあるとは知りませんでした。

投稿: F姉さん | 2008年1月30日 (水) 09時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (20.1.29)若潮マラソンに行ってきた | トップページ | (20.1.31)ミッション・インポッシブル »