« (20.1.21) 失敗記 その11 | トップページ | (20.1.23)どう判断したらいいのだろう »

(20.1.22) 自分史作成の手伝いが軌道に乗ってきた

おゆみ野四季の道」のテーマソング。以下のファイルをダウンロードすると曲が始まります。
 「pianotokurarinetto.mid」をダウンロード

 ようやく自分史作成の手伝いが軌道に乗ってきた。
私は是非とも多くの方に自分史を作ってもらいたいと思っており、ブログによる自分史作成の手伝いをしているが、その第一作が出来上がった。
やれやれだ。
 
 私の登山仲間のタムさんは、50歳を過ぎてから4大陸の最高峰モンブランキリマンジェロマッキンリーアコンカグア)に登ったり、スペイン サンチャゴの巡礼に2ヶ月間歩いたりしている。

 その都度登山記録や、旅行記録を作成していたのだが、今回このうちのサンチャゴ巡礼の記録をブログ(ココログ)にアップし、多くの方に見てもらうことにした。

 ただタムさんはまったくブログについての知識がなかったので、とりあえず私が記事と写真をアップして、その後タムさんが自分で編集修正することにしている。

 記事4百字詰め原稿用紙換算で85ページほどで、Wordで作成されており、このほかに写真が30枚程度ある。

 当初Word原稿をそのままココログに貼り付けてみたが、これは2つの意味で失敗だった。

 一つはWordココログの相性が悪いらしく、アップはできるが編集作業をする画面が開けなかった。
これは前にも経験していたので、一度「メモ帳」にコピーしてから、ココログに貼り付けるとうまくいくのでそのようにした。
ただこの場合Wordの文字編集がすべて外れてしまうので、もう一度ココログで編集しなおさなければならない。

 もう一つは85ページのアップはココログの負担が大きいらしく、アップはできても編集画面の動作がまったくのろくなり、実務に耐えられなかった。
仕方がないので10回に分けて登録している。

 写真は当面半分程度をプリンターでスキャンしてPicasa Webで見るようにしているが、やはりスキャンにはそれなりの時間がかかり「デジタルカメラで写してくれていたら」と思ってしまう。

 こおして1ヶ月程度かけてブログアップをしてみたが、幸いなことに毎日数名の方が検索に訪れている。
今までは誰も読む人がいなかったのだから、それだけでも大進歩だ。

 当初はもう少し簡単にブログアップができると考えていたが、量が多かったりWordで作成されていたりすると、それなりの時間がかかることが分かった。

 それでも自分史作成の手伝いができただけでも大満足だ。今後は4大陸登坂の記録もアップして充実したものにしたいと思っている。

 なお、サンチャゴ巡礼に興味のある方は以下のURLをクリックするとタムさんの記事を読むことができる。
特にサンチャゴ巡礼を目指している人には格好の入門書になっている。
http://takesitamura.cocolog-nifty.com/

なお、50歳以上の方にお伺いします。あなたは自分史を作成したいと思っておられますか


 

 

 

|

« (20.1.21) 失敗記 その11 | トップページ | (20.1.23)どう判断したらいいのだろう »

ブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (20.1.21) 失敗記 その11 | トップページ | (20.1.23)どう判断したらいいのだろう »