« (20.1.20) のびのび君をプレゼントされた | トップページ | (20.1.22) 自分史作成の手伝いが軌道に乗ってきた »

(20.1.21) 失敗記 その11

おゆみ野四季の道」のテーマソング。以下のファイルをダウンロードすると曲が始まります。
 「pianotokurarinetto.mid」をダウンロード


 ひどい状態になってきた。自動車の運転がまったくできなくなってきたのだ。

(自動車運転の巻)

 私は日常ほとんど運転をしない。年に2~3回がいいところだったが、ここ1年まったく運転をしなかった。

 ところが先日(19日)、かみさんから資源ごみを回収場所まで運んでほしいと依頼された。新聞紙の包みが10袋、それに衣類を入れたビニール袋が一袋である。

 回収場所まではおよそ200m程度だが、新聞紙の包みは一つ当たり4kg程度ある。
こりゃ、ちょっと重そうだ。何回も手で運ぶのはしんどそうだ」 

 仕方がないので久しぶりに自動車で運ぶことにした。
おとうさんは運転できるの」かみさんが心配そうに言う。
免許暦、40年のベテランだ」みえをきった。

 ところがいざ自動車を運転しようとしてびっくりした。どちらがアクセルブレーキか分からないのだ。
代わりばんこに動かしてみてようやくアクセルブレーキの区別がついた。
ああ、そうだ。大きいほうがブレーキだ

 次に足の置き方が分からない。
とりあえず右足をアクセルに乗せ、左足をブレーキに乗せてコントロールしようとしたら、足への指令がちぐはぐになって、動くのだか止まるのだか分からない状態になってしまった。

 急発進、急ブレーキもいいところだ。
朝早く誰も通らないからいいようなものの、もし人がいたら大変だ。

 ようやくアクセルブレーキ右足一本でコントロールしていたことを思い出した。
ああ、そうだった。アクセルとブレーキは右足の操作だった

 ここまでくるのに5分以上かかっている。

 ようやく自動車は動き出し、資源ごみを回収場所においてきたが、今度は車庫に入るのに一苦労だ。
以前は一度でできた車庫入れを、何度も出し入れしてようやく入った。
こんなところをかみさんに見られたら何をいわれるかもしれない。やれやれだ

 ところが、こんどはどうしてもが抜けない。ヒア汗が出てきた。
なぜだ、なぜ鍵が抜けない

 かみさんのいやみが頭をよぎった。
やはりお父さんは認知症ね。病院にいったら

 こおいうときは娘に助けを求めるに限る。娘はかみさんと違って皮肉をいわない。
寝ている娘に懇願して、かみさんに知れないように自動車を見てもらうことにした。

おとうさん、ギアはパーキングになっている?
もちろんだ。そんな初歩的なミスはしない」見栄を張った。

おとうさん、これギアがニュートラルよ。これじゃあ抜けないわ」娘があきれている。

 信じられないことに、私はパーキングニュートラルの区別がつかなくなっていた。
おとうさんはこうした時・・・いいい・・・頭が真っ白になるから・・・そお・・大きく深呼吸してもう一度見るの」娘にたしなめられた。
小学生並だ。

 しかし、本当にどうしたらいいのだろう。1年ですっかり運転を忘れてしまっている。
時々運転をすればいいのだが、私の生活の中で運転をする機会はほとんどない。
移動は歩くか、走るか、自転車だ。

 かみさんから「認知症だ」といわれるくらいなら、一生自動車の運転をやめたほうがいいのではないかと思っている。

 

 

 

|

« (20.1.20) のびのび君をプレゼントされた | トップページ | (20.1.22) 自分史作成の手伝いが軌道に乗ってきた »

個人生活 失敗記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (20.1.20) のびのび君をプレゼントされた | トップページ | (20.1.22) 自分史作成の手伝いが軌道に乗ってきた »