« (20.1.12)携帯電話 その3 | トップページ | (20.1.14)風にふかれて »

(20.1.13)走れるだろうか

 おゆみ野四季の道」のテーマソング。以下のファイルをダウンロードすると曲が始まります。
 「pianotokurarinetto.mid」をダウンロード

 ここ数日、東京湾1周180kmのレースに参加している。参加者は32名のこじんまりとしたレースだが、超長距離が飯よりも好きな人が集まってくる異色のレースだ。

 私は過去2回出ており完走もしているのだが、今回ばかりは不安がよぎる。
昨年末に左足が軽い肉離れになり、12月いっぱいまったく走ることができなかったからだ。
ようやく今年に入り四季の道をJOGスピードで走るようになり、3周(約20km)程度走るまでに回復してきたのだが、まだ自信はない。

 やはり少しでもスピードを上げると左足のふくろはぎにいやな違和感が出てくる。
こおした時は出場を見合わせるのが普通なのだが、一旦出場をとりやめるとそれがになって、ちょっとした身体の不調でもレースをキャンセルしてしまう。

 だからとりあえずはレースに参加して、限界が来ればやめるのが今までのパターンだった。
まあ、行くだけは行って見よう

 うまいことに私の場合は意志薄弱なので、少しでも変調がでると「主の御心はレースの中止にある。勇気あるリタイアだ」なんて、すべて主のせいにしてあっさりと離脱していた。

 ところが、甲州夢街道215kmで、後半50kmを意志力だけで走ってから、やたらと意志力が強化され、肉体よりも意志力が勝るようになってしまった。

 前年の11月末につくばマラソンで、当初から肉離れで左足が悲鳴を上げていたが、無理して完走したため左足がさらに悪化し12月いっぱい走ることができなくなってしまった。
精神力と肉体はバランスが必要なのだ

 今回はどうなるのだろうか。今の状態では無理を承知で走りそうだ。
しかし、完全に身体が壊れると本年度の目標の萩往還250kmに出られなくなってしまう。

 今できることは、絶対スピードは上げず、間違っても人と競争するようなことはせず、制限時間いっぱいにたどり着くような時間配分をして、できる限り身体に負担をかけないことだろう。

なんとかそおしたいのだが・・・・・・・・・・・・

 

 

|

« (20.1.12)携帯電話 その3 | トップページ | (20.1.14)風にふかれて »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (20.1.12)携帯電話 その3 | トップページ | (20.1.14)風にふかれて »