« (19.12.17)水鳥と野鳥の聖域が見つかった | トップページ | (19.12.19)自分史の作り方 »

(19.12.18)紙ふぶきはやっかいだ

おゆみ野四季の道」のテーマソング。以下のファイルをダウンロードしてください。
「pianohamori.mp3.mid」をダウンロード

 清掃活動において紙ふぶきほど厄介なものはない。細かくちぎられた紙切れが道路一面に撒き散らされていたときのショックは言葉で表しきれない。
これをみんな拾わなくてはいけないのか」天を仰いでしまう。

 実は先日(16日)、小谷小学校の正面玄関を中心に大量の紙ふぶきが四季の道と小学校の西側のさくら道に撒き散らされていた。
このことを最初に教えてくれたのは、毎朝四季の道を颯爽と一周している男気の大将である。
今日は、小谷小学校の回りに紙ふぶきが撒き散らされていたよ。ひどい状態だ」男気の大将はひどく立腹している。

 次にこの状態を教えてくれたのは四季の道でよく散歩をしている年配の紳士である。名前は知らない。
小谷小学校の周りが、小さな紙切れでひどく汚れています。大変ですが片付けといてください

 どうやら相当ひどい状態であることを覚悟した。小谷小学校の周辺は清掃活動の最終地点にあたり、45Lのゴミ袋を持って6kmあまり歩いてくるとすっかり疲れている。
本当は何もしないで通り過ぎてしまいたい場所だ。

 予想はしていたが、見て愕然とした。5cm平方程度に細かくちぎられた紙切れが四季の道一面に撒き散らされている。紙切れはWORKという無料で入手できる雑誌を大量に集めてきて、それを細かくちぎったものだ。

まいったな、どうしょう
しかし、ほっておくわけにはいかない。何しろ小谷小学校は私がボランティアをしている学校で、評議員も引き受けている。

 一つずつ拾い出したが数が半端でない。10冊の雑誌だったらすぐに拾えるが、細かくちぎられると途方もない手間になる。懸命に1時間程度拾ったがいやになってしまった。
こりゃ、今日はここまでにしよう」さくら道まで手が回らなかった。

 実は無料雑誌WORKでの遊びは紙ふぶきだけではない。これに火を付けて燃やす遊びが、今年の1月から3月にかけてそばら公園はちまんがた公園で頻発していたのを思い出した。
とてもいやな予感がよぎる。

これは校長先生に話しておいた方がよさそうだ。今は紙ふぶきだが、火遊びになる可能性がある
冬になって心配の種がまた増えてきた。

 紙ふぶきの写真を掲載します。
http://picasaweb.google.co.jp/yamazakijirou/19121602?authkey=hCkycAWZjIs

 

 

 

 

|

« (19.12.17)水鳥と野鳥の聖域が見つかった | トップページ | (19.12.19)自分史の作り方 »

ボランティア クリーンクラブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (19.12.17)水鳥と野鳥の聖域が見つかった | トップページ | (19.12.19)自分史の作り方 »