« (19.12.13)朗読の反省会 | トップページ | (19.12.15)調節池の野鳥観察 »

(19.12.14)四季の道の歌ができた

 ようやく四季の道の歌が完成した。私が作詞した歌をともすけさん作曲してくれ、ちはら台の歌姫歌ってくれた。
曲は1番から4番まであり、ちょっと題名も「四季の歌」みたいだが、オリジナルである。

 一番難しかったのは、できた曲をこのブログで配信する方法で、幸いBIGLOBEウェブリブログ音声録音のシステムがあったのでこれを使用することにした。

 ただし、これにはかなりの制約があり携帯電話を通して録音するのだが、音声はともかく音楽を配信するとなるとかなりの音質の低下が伴う。
さらに以前実験をして確認したところでは、パソコン側のオーディオ環境によってかなりの差があることも分かっている。

 しかしそおした難しさはあるものの、曲が完成したことは喜びたい。ともすけさん歌姫の協力がなかったらとても一人では曲を作ることはできなかったのだから、二人には心から感謝している。

 今後オーディオの編集技術や適切なソフトを使用したりして、よりよい曲作りに励みたいが、今回はまず最初の試みを披露したいとおもう。
今はちょうど本田のロボット、アシモがようやく二足歩行をできたぐらいの段階と思って、長い目で見ていただければ幸いだ。

 下記に最終的に確定した歌詞と、を掲載する。歌はウェブリブログを開いて、スタートアイコンをクリックすれば始まる。


四季の道の歌

 1番

春の道を 覚えていますか
あなたの ちっちゃな瞳に さくらの花が写ってた
両手を広げ 花びらを集め ママの手のひらに のせてくれたね
あなたが 初めて歩いた日の 思い出です

 2番

夏の道を 覚えていますか
あなたの 澄んだ瞳に ケヤキのこずえが写ってた
キャッチボールを パパとしながら ママも投げてよと 言ってくれたね
あなたの 少年時代の 思い出です

 3番

秋の道を 覚えていますか
あなたの きらめく瞳に 愛する人が写ってた
肩を寄せあい 歩く二人に ママはちょっとだけ ヤキモチ顔
あなたの 若き旅立ちの 思い出です

 4番


冬の道を みんなで歩こう
あなたの やさしい瞳に いとしい坊やが写ってる
北風やんで 菜の花咲いて 坊やは毛糸の クマちゃんだけど
あなたの 家族へのぬくもりが 伝わるのです

あなたの 家族へのぬくもりが 伝わるのです


 
歌は以下のURLをクリックし、オーディオイメージのスタートアイコンをクリックしてください。

重要な注意)歌は歌姫合唱団の二つがあります。合唱団の男性の声は私ですが、決して笑わないように

http://1-0-0-0.at.webry.info/200712/article_4.html

 

|

« (19.12.13)朗読の反省会 | トップページ | (19.12.15)調節池の野鳥観察 »

個人生活 歌詞」カテゴリの記事

コメント

歌聴きました。歌姫の時は歌詞をよく見ないでいきなり聴いたので、少し聴き取りにくいように思いました。バックの音が割れているような感じがあったからかもしれません。合唱団で聴いた方が歌詞がわかりやすかったように思います。2回目聴いた後では問題ありませんでした。録音の仕方の問題ではないかと思います。改めて歌詞を読むと、平和で幸せな山崎家の歴史を垣間見るようでした。バックの音楽が「思い出のアルバム」に少し似ているせいかもしれません。心が平安でないとできない歌ですね。うらやましいなと思いました。

(山崎)録音の技術については研鑽を励みます。

投稿: めいちゃん | 2007年12月20日 (木) 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (19.12.13)朗読の反省会 | トップページ | (19.12.15)調節池の野鳥観察 »