« (19.11.5)成田POPラン 奮闘記 | トップページ | (19.11.7)ちはら台unimoに行って見た »

(19.11.6)もう少しで四季の道の歌ができあがる

 先日(1日)、我が家にちはら台の歌姫と、松戸の絶対音感「ともすけ」さんが集まった。私が作詞をした「四季の道の歌」の歌合せのためだ。

ともすけ」さんはピアノでもギターでも何でもござれで、作曲もし歌うこともできるが「あまり声に自信がない」というので、ちはら台の歌姫に歌ってもらうことにした。

 ちはら台の歌姫は合唱団にも入っており、日夜訓練しているだけあってとても美しい声をしている。早速二人で二部合唱になるように曲を編曲したり、あれやこれやをやっている。私のように音楽の才能のないものから見るとまさに脅威の光景だ。

 作詞についてはいくつかの注文が出された。この曲はママと子供の物語なのだが、パパで出てこないのはさびしいと言うのだ。何とか家族の歌にできないかいうのが一つ。

 もう一つは、4番で、当初ママがおばあちゃんになって天国に行くというイメージだったのだが、これでは歌としてさびしすぎるし、第一、孫ができたからといっておばーちゃんイメージはひどすぎるというのだ。
今の50歳台の女性は若いのよ
再考することになった。

1番

春の道を 覚えていますか
あなたの ちっちゃな瞳に さくらの花が写ってた
両手を広げ 花びらを集め ママの手のひらに のせてくれたね
あなたが 初めて歩いた日の 思い出です

2番

夏の道を 覚えていますか
あなたの 澄んだ瞳に ケヤキのこずえが写ってた
キャッチボールを パパとしながら ママも投げてと 言ってくれたね
あなたの 少年時代の 思い出です

3番

秋の道を 覚えていますか
あなたの きらめく瞳に 愛する人が写ってた
肩を寄せて 歩く二人に ママはちょっとだけ ヤキモチ顔
あなたの 若き旅立ちの 思い出です

4番


冬の道を みんなで歩こう
あなたの 強い瞳に いとしい坊やが写ってる
北風ふいて こなゆき舞って ママは毛糸の クマちゃんだけど
あなたの 家族のぬくもりが 伝わるのです

あなたの 家族のぬくもりが 伝わるのです


 
どうだろうか。15日にもう一度歌合せをする予定なので、この歌詞に対し修正意見等があれば、私のできる範囲内で対応を検討します。

 

|

« (19.11.5)成田POPラン 奮闘記 | トップページ | (19.11.7)ちはら台unimoに行って見た »

個人生活 歌詞」カテゴリの記事

コメント

冬で終わるのはさみしーです。
最後に2フレーズくらいいれませんか~

♪そしてまた桜の咲く季節がやってきます♪

♪家族みんなで新しく、旅立とーねー♪

投稿: ちはら | 2007年11月 7日 (水) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (19.11.5)成田POPラン 奮闘記 | トップページ | (19.11.7)ちはら台unimoに行って見た »