« (19.11.3)晩秋の四季の道 | トップページ | (19.11.5)成田POPラン 奮闘記 »

(19.11.2)F姉さんが怒っている

 F姉さんが怒っている。例の四季の道に面した春の道公園(ジャスコ方面から来ると、有吉中学校と扇田小学校の中間あたりにある)荒廃についてである。主として問題があるのは、住宅に面した遊戯のある場所ではなく、その奥にある運動場と高台にある展望台に集中している。

 特に運動場は住宅やアパートから見えにくい場所にあるため、夜半バンパイアが集団で集まり、ベンチを囲んで酒盛りをしている。勿論後片付けはしないから朝この場所を見ると、花見の跡みたいだ。

 この場所の問題点については過去何回もブログで記載してきたが、はかばかしい改善は見られない。
夏場は花火の残骸に悩まされたが、これからは火遊びをした後処理に悩まされそうだ。

 ここに集まるバンパイアは周りの街路灯をすべて壊してしまったために、今度は運動場のベンチや椅子を壊したり焼いてしまおうとしているらしい
椅子やテーブルにはその上で火遊びをした跡が絶えない。
トイレの横にある自動販売機は過去2回にわたって壊されている。タダで飲み物を調達しようとしたらしい。

 私はこおした現状を清掃活動の都度見ており、「この場所の夜はハーレムや歌舞伎町と同じだ」と思っているのだが、F姉さんの様に、訪問する機会の少ない人はショックのようだ。
以下のような怒りのメールを送ってくれたので、一部抜粋して掲載する。

「30日に、久しぶりに春の道公園に行ってみたところ、とても酷い状態に驚いています。A地区の学区でしたので、あまり訪れることもなかったのです。

「どうして、あそこまでほっておくことができるのでしょうか?」
という問いかけを、その夜に友人であるA地区の育成会長にメールしました。写真を添付しましたので、ここまでの状態になっているとはご存知なかったようです。

落書き、火遊び、トイレにある手洗い場の水がだしっぱなし、ゴミ、放置自転車・・・

どれをとっても、気がつかないという環境を作り出しているところに、今のA地区の子供たちの荒れを感じます。
これは以前の酷い状態のB地区の再現です

細い糸(A地区の子供に関わる人達)がバラバラの方向を向いている状態で、これが太い糸(協力し合う状態)にならない限り、不安定な子供たちは安心ができません。
B地区は一人一人ができることを考えて、本気で立ち上がり協力した結果が、いい方向に向いたのです

とにかくA地区に関するみなさんが、この場所をしっかり見ていただき、『公園のこのような状態を見過ごしている大人として、また子供とのかかわりについて』どうすればいいか考えていただこうと思っています。

ですから、しばらくここは山崎さんの手を休めて、A地区の方に任せてはいかがですか。
早速、育成会長が現場を見に行く等動きだしていますので」

亀ゴン、F姉さんから春の道公園の運動場の清掃活動は、A地区の人に任せたほうがいいのでないかとのメールをもらったのだが、どうしようか
そうですね、ここは先生とカモシカ姉さんが悪戦苦闘して清掃をしていた場所ですが、改善がほとんど見られないのですから、基本問題を解決しなければ駄目だと言うことでしょう

火遊びの跡や、宴会の跡をみるとどうしても片付けたくなってしまうのだが
ここはF姉さんの言うとおり、A地区の人たちに実態をありのままに把握してもらうためには、先生やカモシカ姉さんが手を休めるのがいいと思います

亀ゴンがそお言うのならそおすることにするか

春の道公園の運動場の現状の写真です

http://picasaweb.google.co.jp/yamazakijirou/1910302

この記事と関連のある記事は以下の通りです

やはり言って置こう

おゆみ野近在にお住まいの方で、春の道公園(特に運動場)の荒廃についてどの程度ご存知か教えてください。

|

« (19.11.3)晩秋の四季の道 | トップページ | (19.11.5)成田POPラン 奮闘記 »

ボランティア クリーンクラブ」カテゴリの記事

コメント

暴走行為や破壊行為をする彼らとその親がもちろん悟らなければいけないことだとは思います。
これは、地域の破壊に目を向けない周辺の方々に怒っているのです。
斉藤氏が、おゆみ野のどちらにお住まいなのかわかりませんが、見て見ぬフリをなさってはみえない方ということでしょうか?人の捨てたゴミを拾わないという御主義ならば、山﨑氏のこれを書かれた本質とは、感じ方は違うと思います。
育成というのは、学校関係者だけでなく、自治会や民生委員からも構成されている街の代表です。
こういった代表者の選出にしても、住民として、押し付けている部分はないでしょうか?街作りはみんなで行うものです。
荒廃した公園も同じ論理ではないでしょうか。子どもも街の大人が育むものです。みんなが夜回り先生のようにはいきません。それぞれの関わり方で考えなくてはいけないのではないかしら。私も、子育てをしながら、自分の地区のできる範囲でパトロールや公園の状態を見て歩いています。

投稿: あずき | 2007年11月 2日 (金) 21時45分

有吉小に隣接する公園ですら依然この有様。親や教諭は児童への悪影響を知らんぷりとは。
近接住民だけでなく、有吉校区青少年育成委員会の面々は普段何をされているのだろうか。
有吉校区はもう長く荒れまくっている。知らぬと言うのは、嘘と恥の上塗りを悟るべき。

残念なことに相変わらず疑問符が付きまとう。
やはり最大の?は、数々の下等で不法な乱行が常に放置され続けている点。
見ぬフリを決め込んでしまった住民に加え、口だけ達者な警察と行政機関。春の道公園の事件なぞ、
数日で片が付く問題。おゆみ野はそれらが余りに多い。
不動産広告が右に倣えで喧伝する「住環境抜群」とはどの町のことか。半分は詐欺に値する。
虚飾と偏愛に暴走を続けるこの町に、本物の安らぎは当分来そうにない。

投稿: 斉藤タカシ | 2007年11月 2日 (金) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (19.11.3)晩秋の四季の道 | トップページ | (19.11.5)成田POPラン 奮闘記 »