« (19.10.21)石窯パン工房 ルマタン | トップページ | (19.10.23)日本山岳耐久レースの事故 »

(19.10.22)里山整備第13回合同作業報告

 21日の日曜日は、みやこ会の13回目の合同作業日だった。 この日は、都川源流の調節池近くに住んでおられるAさんご夫婦が新たに参加してくれ、11人のメンバーが参集した。

 Aさんご夫婦は「この森がどんどん美しくなっていくので、誰が整備しているのか、とても気になっていたのだという
たしかに地面を覆っていた笹は一部を残して刈り取られ、木に巻きついていた蔓草も除去され、間伐も進んで明るい森になっている。

 従来は道路から池方向を見ても、草木にさえぎられて何も見えなかったが、いまは池まで十分見渡せるようになった。遊歩道も整備され危ない箇所には柵も設置されている。

 今日(21日)は主としてキツネノカミソリなど保全が必要な野草が踏み荒らされないように柵で囲って、生育場所を守る作業を行った。
気候も良くなり作業をしていても気持ちよい秋風が吹いてくる。本当に気持ちのよい一日だった。

 今回は水質検査はおこなわなかったが、2日前の19日に千葉市の環境保全推進課の職員の方が来て、水質検査をおこなってくれた。われわれも従来からのパックテストを実施したが、千葉市が行った水質検査との比較ができそうだ。

 千葉市の水質検査結果はほぼ1週間ほどで判明するそうで、他の河川の水質検査結果等とも比較してくれることになっている。
この調節池の水質については、流入口の透明度が1m以上あるのに、流出口の透明度は30cm以下であり、水質の指数は河川の下流域の指数レベルになっている。

 その原因を知りたいとかねがね思っていたので、千葉市の検査結果が非常に待ちどおしい。


合同作業日の写真を掲載します。
http://picasaweb.google.co.jp/yamazakijirou/191021/photo#s5123713022328546722

千葉市環境保全推進課の水質検査の写真を掲載します

http://picasaweb.google.co.jp/yamazakijirou/tchMLH

 

 

|

« (19.10.21)石窯パン工房 ルマタン | トップページ | (19.10.23)日本山岳耐久レースの事故 »

ボランティア 里山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (19.10.21)石窯パン工房 ルマタン | トップページ | (19.10.23)日本山岳耐久レースの事故 »