« (19.10.8)携帯電話 その2 | トップページ | (19.10.10)鎌取駅駐輪場の植栽は守れるだろうか »

(19.10.9)鳩が増えている

 最近が増えているのではないかと思われる兆候がある。数を数えたのではない。鳩のフンの処理量が増えているのだ。
ここおゆみ野の四季の道で鳩が巣を作っている場所は、 ジャスコから有吉中学校に下る春の道の坂の途中にある道路下と、そこからさらに下って、 有吉中学校と有吉小学校の間にある道路下の2箇所である。

 この2箇所においてフンの量が増加している。私はの道路下の鳩のフンの清掃を定期的におこなっているのだが、フンがうず高く重なって、場所によっては5cmの厚さで、フンが道路にこびりついていた。
以前は2~3cm程度だったので、明らかに鳩が増えているのだと思う。

 一方 の場所は、ここで定期的に野菜を売っている八百屋さんが清掃しているのだが、「最近は鳩のフンが多くなって、とても道路下全部の清掃が行き届かなくなった」と言っていた。
山崎さん、ほらあれが生まれたばかりの鳩の子供ですよ。どんどん増えている」遠くからではっきりしなかったが、確かにそれらしき姿が見えた。

 鳩が増えた理由は分からない。鳩の天敵はカラスで、この道路下にも首とはらわたをえぐられた鳩の死骸が良く落ちている。そおした死骸は、子供達の目には触れさせたくないので、私がすぐに処理していたが、そお言えば鳩の死骸を最近は見なくなった。

 もしかしたら天敵のカラスが鳩を襲わなくなったのかもしれない。カラスにしてみればゴミアサリをすればいくらでも食料にありつけるので、すばやく逃げ惑う鳩を襲うよりはよほど効率的に食料を確保できるのだろう。

 一応そんな理由が考えられるが、私は鳩やカラスの専門家ではないので推測の域をでない。
もう一つ、常に不思議に思っているのは鳩の巣の下には、フン以外に細い枯れ枝小石が必ず落ちていることだ。枯れ枝は巣の一部と思われるが、小石が何のために使用されているのかが分からない。
小石も巣の一部なのだろうか。ご存知の方があれば教えていただきたいものである。

 あまりに鳩が増えすぎる場合は、卵を撤去したり、鳩に避妊薬を飲ませたりするようだが、それまでは定期的にフンの処理をするしか手はなさそうだ。

本件と関連する記事は以下の通り
平和は鳩のフンとともに

(追加) 先日台風9号の影響で六通神社の社殿が壊れたとの記事を掲載したら、ブログの読者のAさんが、倒壊直後の写真を送ってくれた。
信じられないような台風の破壊力であり、おそらく見た人は目を見張るのではなかろうか。
なお、私は松ノ木が倒れたのだと思っていたが、イチョウの木の間違いだった。また倒れたイチョウは市の公園のイチョウで、神社の神木ではないとのことだった。

以下のURLをクイックすると見ることができます。
http://picasaweb.google.co.jp/yamazakijirou/DBQhII

なお、本件と関連のある記事は以下の通りです。
六通神社が壊れていた

 

|

« (19.10.8)携帯電話 その2 | トップページ | (19.10.10)鎌取駅駐輪場の植栽は守れるだろうか »

ボランティア クリーンクラブ」カテゴリの記事

コメント

山崎様
いつも地域の清掃活動、ありがとうございます。
上記の「鳩の巣の下には、フン以外に細い枯れ枝と小石が必ず落ちている」の件ですが、
下記のサイトに、そのヒントがありましたのでURLを記載しておきます。
ページの真ん中より少し下の所に「塩土について * * * * * 備考」とありますので、お読み下さい。
鳩goya 餌:http://www7.ocn.ne.jp/~hatogoya/esa.html

最近は ムクドリにしても鳩にしても、天敵が少ないせいか その個体数がかなり増えている気がします。
それぞれの場所で対策しても移動するだけで、根本の対策になっていないところが歯がゆいですね。

(山崎)さっそくHPを開いてみました。そこに「鳩など穀物等を食べる鳥は消化のために小石、砂利、砂などを食べて貯めています」と書かれてあったので、ようやく納得しました。
鳩は小石を食べて、おそらくフンとして吐き出していたんですね。
情報提供ありがとうございます。

投稿: キンタ・クンテ | 2007年10月 9日 (火) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (19.10.8)携帯電話 その2 | トップページ | (19.10.10)鎌取駅駐輪場の植栽は守れるだろうか »